密教の祈り
民衆的宗教エネルギーの磁場“篠栗八十八ヵ所霊場”
西国三十三所と観音信仰
西国三十三所の成立と巡礼寺院の庶民化
西国三十三所寺院の構成と本堂の特質
西国三十三所札所の本尊
三十三所寺院の参詣曼荼羅の位置
三十三所観音像の成立とその性格
勧化と巡礼
順礼札からみた西国三十三所信仰
西国三十三所巡礼と石造遺品
版木
順礼札一覧
西国三十三所霊場寺院建築リスト
西国三十三所霊場寺院の概要
同行二人−四国遍路へのいざない−
四国遍路−その歴史と構造−
遍路する人びと−時代別にみた遍路の移りかわり−
弘法大師の半生
天下泰平、四国八十八札所めおと巡礼
正倉院宝物の由緒と伝来について
奈良時代の仏具
正倉院の仏具
正倉院の儀式具
上代布帛幡の形式について−法隆寺系と正倉院系を中心に
経几・経台について
古都税反対運動の軌跡と展望 はじめに
古都税をめぐる憲法問題
古都保存協力税条例の法構造と問題点
古都税と宗教
古都税問題の社会学的解釈の試み
古都税裁判の論争点
一遍智真の遺誡の教団史的意義
中世修験と虚空蔵信仰−岐阜県高賀山信仰覚書
オヒマチの性格と宗教者の役割−岡山県真庭郡新庄村
「血盆経」の系譜とその信仰
日蓮宗の女性祈祷師と祈祷講−千葉県中山法華経寺の場合
長岡瞽女採訪記
一遍智真の参篭
石動山天平寺と虚空蔵信仰
仏教民俗の課題 付 柳田国男仏教民俗関係論文目録
民間地蔵信仰の一考察 上下−「今昔物語集」地蔵説話を中心として
日本霊異記における地獄説話と地蔵
古代の境界神
シンポジウム 地蔵信仰
平安末期の地蔵信仰の構造−民間地蔵信仰の一考察 下
正元の江戸六地蔵
一万体印造地蔵感応記(現巣鴨地蔵)について
北海道開拓と尼僧
木食観正の東下をめぐって−民間宗教者と講集団 4
仏教民俗のとらえ方−再刊にあたって
間引き図に見る子殺しの方法−間引き絵馬等の類型と変遷
「地蔵菩薩利益集」の世界−貞亨・元禄時代の民間地蔵信仰
資料紹介「血盆経和解」−近世期浄土宗における血盆経信仰
「無縁」の名をもつ書物たち−近世葬式手引書紹介
東北大学狩野文庫蔵「仏寺小志叢」目録-近世寺院略縁起集・付寺社↓
山伏神楽の伝承集団について−早池峰大償の民俗社会
瀧善成先生のこと 滝善成先生略年譜・主要著述目録
般若波羅蜜多の究明
般若経類の空思想とウパニシャド
般若経と初期仏教
無我思想と般若波羅蜜
般若経典よりする倫理学の構築
道行般若経における縁起思想
金剛般若経の経典崇拝と法華経の経典崇拝
八千頌般若経における清浄の研究
小品系般若経〈善男子善女人品〉解釈
小品般若波羅蜜経科判
『大品般若経』における性地
廻向思想の発達
般若経における誓願
般若経におけるmaya(幻)とmayakara(幻術師)
般若経における明呪
説法師 部派と大乗との対比
施概念の変遷 4 般若経における布施の思想
義浄と『仁王般若経』
中国仏教受容時代と般若経 1
ARYA VIMUKTASENA:「ABHISAMAYALAMKARAVRTTI」第II章1
『現観荘厳論』における刹那
般若経典類研究書籍・論文目録
A TEXT CRITICAL STUDY ON CANDRAKITI'S BODHISATTVAYOGACARACATUHSATAKATIKA,CHAPTER FOURTEEN
現観荘厳論釈の梵本写本 7
般若波羅蜜多の究明
般若経類の空思想とウパニシャド
般若経と初期仏教
般若経典よりする倫理学の構築
浄土宗門のわたし
延命招魂作法
無我思想と般若波羅蜜−無我思想の源流を求めて−
道行般若経における縁起思想
金剛般若経の経典崇拝と法華経の経典崇拝
〈八千頌般若経〉における清浄の研究
小品系般若経〈善男子善女人品〉の解釈
小品般若波羅蜜経科判−初品第一
『大品般若経』における性地
廻向思想の発達-「小品般若」「大品般若」を中心に-
般若経における誓願
般若経におけるMAYA(幻)とMAYAKARA(魔術師)
般若経における明呪
説法師−部派と大乗との対比−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る