『林間録』に関する一考察−その内容と問題点について−
シャーマニズムと仏教寺院との関係−宮城県松島町の事例を中心に−
『スシャルタ本集』の開展説−『サーンキヤカーリーカー』との関係を中心に
「禅」の起源−公開講演会−
智旭「大乗起信論裂網疏」における玄談の考察
文沼注「般若波羅蜜多心経」について−特に新出のロシア本二種による再検討−
敦煌本「六祖壇経」と「金剛経解義」について
KUKSIとGARBHA−仏典の記述を中心として−
趙州の七斤布衫−禅問答の思想史−
鎌倉時代における曹洞宗教団と女の信心−瑩山門下を中心として−
竹峯広嫩の行状と業績−関係史料の確認を通して−
毘沙門天信仰の研究−日光外山の縁日「福銭貸し」を通して
智セン撰「般若波羅蜜多心経疏」の訳註研究 1,
智旭の実叉難陀訳「起信論」註釈の理由について
一山一寧撰「頼賢の碑」の筆跡について
天台維摩経疏における「法華経」の依用について
呪詛されたインドラ−神の身体を廻って−
「行者仏教」における死者供養の一事例−米沢市法仁道の憑依儀礼と年中行事−
六道輪廻
「長部」「戒蘊篇」の研究 2−戒蘊の諸相−,4−三学の諸相
「スッタニパータ」における信について
五取蘊苦に関する一考察−VISUDDHI−MAGGAを中心として−
業の相続に関する一考察−パーリ註釈書にみられる有輪説と縁起−
聖徳太子論争はなぜ熱くなるのか
智旭『大乗起信論裂網疏』における衆生心と専念阿弥陀仏の解釈について
京都万寿寺・三聖寺と玄海大姉−鎌倉期に活躍した禅宗尼僧の活動−
魚朝恩と仏教
NATUYASASTRAと化粧−第23章を中心に−
瞋恚の捨断と慈しみについて
SAMYUTTAMILAYAにおける法住智−パーリ上座部における十二支縁起解釈の一側面−
パーリ聖典における菩薩道−出離波羅蜜について−
現代人の宗教観を理解するために 1,2
源翁心昭の生没年に関する一考察
慈悲−METTA−SUTTA慈経を中心にして−
「摩訶止観」病患境の研究 1−「食」−,
パーリ聖典における菩薩道−捨波羅密について−
四部註釈書における「序論」「結論」の問題点て和訳
「デーガ・ニカーヤ」における信について
妙法院・三十三間堂、その信仰と歴史
インド古典にみられる身体部位表現−ダンディン著「十王子物語」を中心に−
道元禅師をめぐる論争を回顧して
近世曹洞宗における追善供養の具体相−大乗寺「副寺寮日鑑」を中心に−
「看経」巻に見る道元禅師の理念と作法
「日域洞上諸祖伝」の跋文に見る源翁心昭−源翁心昭と擯斥問題−
道元禅師の因果論に関する一考察−特に懺悔・滅罪を中心として−
「サンユッタニカーヤ」における信について−SADDHAの語を中心として−
苦受について
「長阿含」「世紀経」の註釈書的要素「転輪聖王品」「三中劫品」を中心として
ハワイ曹洞宗大陽寺信徒に対する宗教調査
「摩訶止観」病患境の研究−中国医学からの一考察−経穴 1−
新宗教における供養と他界観−大本を事例に−
中世初期の入宋僧−覚阿・栄西・能忍・俊ジョウ・道元と宋代禅宗
明治・大正期における曹洞宗の葬儀・追善供養法−行持規範・洞上行持諷経錦嚢を資料として−
如浄禅師における教学的様相−「宝慶記」を中心として−
洞門説話の展開と意義−伊勢浄眼寺所蔵「神明三物記」を中心として−
道元禅師における多子塔前付法と霊山付法
「宝慶記」における身心脱落の意義
「華厳縁起・義湘絵」の周辺
日本国号考
永光寺・大乗寺における国王即位法関係切紙−久外ゼン良・卍道白を中心に
「摩訶止観」病患境の研究−中国医学から読み解く「腰三孔」
謎の禅者、今井福山について
「長部」の整理について−「長部註」「長部復註」を中心として−
パーリ聖典における中道の研究−ウパディ(生存素因UPADHI)に基づいて−
「マッジマニカーヤ」における信について−SADDHAの語を中心として−
禅と経の世界
天台教学を背景に据えた「帰依仏法僧宝」巻の展開−「輔行」と「釈籤」の関連性−
浄眼寺所蔵「証道歌抄」翻刻
道元禅師における虚空について−風鈴を中心に−
開山伝と霊宝・寺域・山林−月菴良圓の伝記史料「当寺開山禅師行状」をめぐって−
「永平広録」と「永平略録」の対照−「永平略録」上堂29及び上堂71についての一考察−
神道系新宗教における死者儀礼の変遷史−大本の祖霊祭祀を事例に−
DIPAKA IN INDIAN CLASSICAL RHETORIC:USES IN DANDIN’S KAVYADARSA
日本中世禅宗における人的交流と密禅併修
チベット仏教研究のススメ
道元禅師における懺悔滅罪について
大乗寺本「百二十通切紙」の考察と翻刻 1−卍山道白編纂の禅宗相伝書−
「釈禅波羅蜜次第法門」における「大智度論」引用表
SABDA-ALAMKARA IN THE KAVYADARSA OF DANDIN(III:CITRA AND NIYAMA)
高山寺の歴史と信仰
苗木藩における「廃仏毀釈」と神葬祭−岐阜県蛭川村の事例を中心に−
説一切有部における命根(JIVITENDRIYA)の定義の変遷−寿(AYUS)と寿行(AYUS-SAMSKARAH)をめぐる研究ノート−
「サムイェーの宗論」思想的研究序説−「修習次第・後編」を中心とする禅思想批判−
仏教の社会倫理−日本仏教史を見直す−
「重雲堂式」考
仲翁守邦の思想と活動−伊予龍澤寺所蔵「仲翁和尚語録」「仲翁和尚行状記」を中心として−
「宝慶記」成立考
「釈禅波羅蜜次第法門」「止門」について
「永平略録」をめぐる諸問題−義遠の「心塵脱略」と道元禅師の「身心脱落」
インド古典修辞学に於けるDOSA詳論
量論の為の覚書-TARKABHASAと梶山雄一訳「論理のことば」を手掛りに−
ダルモーッタラによる輪廻の論証−PARALOKASIDDHIを中心として−
バーヴィヴェーカの瑜伽行派批判−「中観心論」における識二分説批判−
「相応部」「因果応報」の研究−縁起の諸相とパーリ上座部におけるその実践的側面−
独語
自警語
俗談
譫語
独庵稿
溲勃

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る