章安尊者小伝
四天王寺人生相談所より見たる仏教カウンセリング
伝教々学における教育思想
一代決疑集について
五大院先徳安然大和尚の相承に就て
藕益と浄土教
天台真盛宗流伝の往生要集写刊本
古川学人の華甲の賀を祝して
慈覚大師の浄土教系に就て
古川先生の還暦を祝して
古川先生還暦記念論文集出版に際して
智者大師の天台入山に就て
原始法華経の形式とその内容について
宗祖の念仏観
延暦政府の年分度者対策と伝教大師の立場
羅什門下の法華経観
十界義の展開
法華梵網傍正の問題に就て
栄西(ようさい)禅師の日本天台宗
両部大経の東伝に就て
六祖門下の文句研究と円鏡について
異尊鈔
三観所立の典拠に関する一考察
四明偉蹟雑考
叡山版の研究
獅子王、稲田二氏に答ふ
円の十善戒に対する敬光律師の主張
比叡山西塔の初期について−西塔院系と宝幢院系の争い−
大学者の荊渓
支那に於ける寺領の一考察−唐を中心として−
三諦論より見たる今家の教判
青蓮院蔵浄土厳飾抄について
宗学研究に関する一考察
野山紀行
播磨道邃に就て
台密諸流史私考
宗教観念の発達 1〜5
仏教学に於ける意識と存在の問題
西来寺本慈慧大僧正伝考
天台大師の梵網経観
天台大師・智??の山居主義とその形成
山寺両門分立史の一考察
伝信和尚の研究
天台宗公認文献とその法制史的価値
支那天台教相学的仏身観
本門の大戒に就いて
安然和尚の貧乏に就て
小我、大我
五大院先徳伝考
授戒の三聖に就て
五大院先徳の撰述に関する研究
六巻帖の梵讃に就て
例懺音譜の討究
仏説鬼子母経一巻
太子の三経と護国の三経から
三摩耶戒に関する研究
BUDDHISM,TAOISM AND MID-TANG POLITICS:A PRE-CONDITION TO THE PROSPERITY OF BUDDHISM DURING DALI 大暦 PERIOD
江戸城大奥女性の稲荷信仰−江戸法養寺の熊谷稲荷を中心に
弁中辺論(MADHYANTAVIBHAGA)における玄奘訳と真諦訳との思想的相違について
弁円「大日経見聞」における「法華経」の位置づけ
日蓮聖人教学と智証教学の思想的関連
法華経に見られる仏身観私論
阿仏房夫妻の史伝についての考証
法華経如来寿量品の解明−「良医治子の喩」考(下)
宗祖の法華経弘通と安楽行品
本理大綱集等要文(未刊聖筆要文集の五)
仏立開導日扇師における日隆教学の受容と展開
ガンダーラ彫刻にあらわれた竜神信仰
深見要言開版御書五大部に関する一考察
天台教学における仏性論の構造に関する考察 1,2−天台智??における三因仏性論の高揚と章安潅頂の継承を中心に−
妙法蓮華経『見』字訓読考
パサムジュンサン記述の周辺
「釈迦譜」引用経典に関する一考察
彫刻修復における「補彩」について−文化財修復論構築の試み−
新羅・高麗仏教研究に於ける日本仏教研究の重要性と問題点
方便品寿量品送状について
『タイッティリーヤ・ウパニシャッド』を読む。
古寺名刹ガイド
木造日蓮聖人坐像(千葉県高圓寺所蔵)修復報告−補彩における鑑賞上のダメージ緩和の可能性−
立正大学図書館収蔵「韓国伽耶山海印寺諸版本」のこと
承久三年十五壇法について
『中辺分別論』における三性説について
第四回国連ヴェーサク祭国際会議のUNIVERSITY SYMPOSIUMに参加して(報告)
一代勝劣諸師異解事・恒河七種衆生事・迦葉附属事破禅要文(未刊聖筆要文集の7〜10)
天台に於ける罪と懺悔
「アビダルマのともしび」第1章界品翻訳研究 1,
性悪思想における罪と懺悔
マハーラーシュトラの仏教部派 5-KUDA-MAHAD仏教碑銘-
日蓮聖人の戒思想について
日蓮聖人の本尊観
開目抄述作由来考−「門下の疑念」を中心として
日蓮教学における「教」の位置と構造 1,2
日蓮遺文の日興筆写本の性格について
日蓮聖人における「三仏」帰命
宗祖と五大院安然
青海省チベット仏教寺院の現状について 2-黄南・果洛チベット族各自治州を中心にして-
守護国家論の一考察
円光日陣に於ける本迹論の一考察−本門宗体一如と本門教即観の師座から−
日蓮聖人画像について
SUTTANIPATA における KAYA について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る