智慧観と愚痴観
白隠禅師の幼時 上下
囚人の悶え
予が幸福観
基督の幽寂の神
伍々会記
戒法と念仏
読餘雑筆
印度古浮雕に見ゆる仏三迦葉教化の事蹟
信行禅師の事蹟及び其の教義 1,2
法と学問と人格
人生の務め
北米雑観
碧巌集提唱 1〜32,
江戸時代大奥に於ける仏教信仰の一面 1,2
朝鮮の迷信紹介
懐旧録
羅馬教会に於ける法王制度
足利時代末の鎌倉光明寺
「昔より今へ」「今より昔へ」
中谷氏に御答
浄土宗伝播概観 1〜4
向阿上人の行状及び三部假名抄につきて
浄土教徒の使命
悼故黒田上人
安心と用心
支那の思想
黒田真洞師を憶ふ
東寺大仏師考
労作
忍徳
明治天皇の戒徳
学問研究上に於ける回想
天台宗に於ける弥陀観 1,2
教と社会
復活したい
思潮一覧 1〜3
黒田上人の訃に接して感懐特に深し
徳川家康の宗教政策
仏教支那伝通の初期に於ける浄土教
「十住論」に顕われたる易行道の実践法とその展開
吾が真宗の本質
学寮の動向と占部観順師の前半生
北九州方面先哲遺書探訪記
元興寺智光無量寿経論釈抄
皇道と仏道
仏教の真諦と世善との関係
親鸞聖人の浄土往生観
真宗の本迹思想に就いて
真宗教学の歴史性
親鸞聖人の己證に於ける太子の啓示−特に現生不退思想に就いて
回向と云うこと
十八願「十念」に対する日本浄土教諸家の見解と法然・親鸞両聖人の立場
厭忻の思想構造
往生の問題
神道的世界観と真宗教学−国生みの神話を中心として
他力信仰の現実性
浄土に於ける減度と正定聚の研究
組織真宗学の領域とその問題
鑑真和上と随侍の弟子たち
真宗学の学問的性格
唯心浄土説の考察
罪悪意識を契機として見たる宗祖と宣長との宗教的体験の性格
静照法橋と其浄土教
憬興師の述文讃と親鸞聖人
不断念仏の研究
教育五十年を回顧して
仏教道徳の精神と真宗の教義
真宗と日本の国家
真俗二諦に関する一考察
鎮護国家思想と報恩国家思想
真宗精神の研究
支那浄土教発展に就いて
浄影の念仏思想
天台大師の浄土教
嘉祥の浄土教思想
源清の観経疏顕要記に就いて
仏教支那伝通の初期に於ける浄土教
曇鸞に於ける止観とその背景
「論註」に釈成されたる五念門に就いて
宋代の浄土教結社に就いて
頓漸教判の創唱者に就いて
真宗学の特質
真宗学の本質及び性格
播州福来寺、開轍院隨慧・誠実庵慧見両師伝の研究
真宗学に於ける無の問題
菩薩戒本宗要
「十住毘婆沙論」に於ける念仏思想
「随意観法集」とその作者に就いて
善導の教判思想と「瓔珞経」に就いて
「般舟三昧経」の翻訳考
上古日本思想に於ける浄土教受容性
法然上人門下の教学の展望
往生要集の文化史的考察−厭欣思想を中心として
法然上人の浄土教に於ける持戒の精神
教団と聖典
知恩報徳の義
真宗の本尊
宗派は寺院会計制度を設定すべし
寺院仏堂創建禁止解除論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る