近代仏教の自画像としての護法論
フィヒテ−シェリングの往復書簡の思想
上田閑照監修/北野裕通・森哲郎編集「禅と京都哲学」
親鸞の「共発金剛志」と共生−障害者との共生を一視座として−
中国仏教の自然観
森有正の「経験」思想における人称論の地平
見としての眼をめぐる論争-「倶舎論」を中心に-
道元の業観−「三時業」に関して−
新宗教とハイパー宗教−現代宗教への一視座−
宗教の本質観念と生死の問題
龍樹における否定の意味
旧約聖書における漂泊の意義
日親 『立正安国論』を著した義教に直訴
下総地方における鬼来迎信仰について
中江藤樹の孝信仰と良知
ヒュームの宗教論の根本問題−「宗教自然史」をめぐって
大乗無量寿荘厳経考
神社施設・変貌論の序説−基礎作業的分析表の作成の試み
源信における機の問題
埋ぜめの中の不思議
ハイデガーのパウロ書簡解釈
ユタの儀礼構造
タタリの祖霊型と非祖霊型
地論学派の学風について
古代ギリシャの宗教におけるディオニソスについて
日本の宗教学から学べるもの
維摩経の一研究
マイスター・エックハルトのアナロギー論
ダルマキールティの因果論
戦争死者儀礼の系譜的理解のために
非日常性の顕現状況
修験道における験の思想
エリアーデの聖と俗の弁証法
「エサルハドン宗主権条約」再考
CHANNELERのINITIATIONについて−INTELLECTUAL SHAMANの創出
日蓮における八幡信仰について
盤珪禅と森田療法
天理参考館所蔵の中国民俗関係資料の二、三について
画像要集 1巻
AYURVEDAの治療論−PRAMEHAを中心に
「両宮本誓理趣摩訶衍」について
日本中世の諸宗教における起源論
新渡戸稲造の神道理解
「宗教的客体」考
福音と地域文化−ヒンドゥー社会におけるキリスト教の事例−
「家」と救済
「往生論註」における十念と称名について
神仏分離後に語られた藩政期の神社と社僧−旧金沢市域の例から−
カントの認識と仏教の認識−純粋理性批判の認識と原始仏教における十二縁起の認識の比較考察
永井晋著「現象学の転回−『顕現しないもの』に向けて−」
ジャイナ教の自然観
多田鼎の思想遍歴−清沢満之との関係を通して−
仏教思想の四類型について
大鏡からみた院政期の仏教
「摧邪輪」と「守護国家論」
モルモン教成立の背景−E・トッドの家族人類学を仮説とする考察−
マヤ族の無名神の考察
神道自由研究の新観点
僧真盛の浄土信仰、その基礎的な立場
僧伽に於ける制裁の問題
神道史と文献学
町衆の信仰
「口寄せ巫女」の「共同祭祀」-山形県庄内地方の事例を中心に-
幕末佐賀藩精神史−義祭同盟を中心として−
定散・念仏・来迎-西山義の一考察-
南嶽石頭山希遷禅師の禅法
親鸞における破壊と融合の問題
西谷啓治における「空」の思索の深化
ル・フォールにおける「愛」
賀川豊彦における母子信仰と幼児性回帰
沖縄における仏教の伝播と受容
禅体験の表現について
有部の仏陀観とミリンダパンハー
古代ギリシヤの宗教に関する一考察-オルペウス教義に於ける所謂「巨人神話」の意味-
日本における古代中国宗教研究
明治初期仏教における信心箇条の問題
赤岩栄における周緑性
「有りて有るもの」-出エジプト記3-14の解釈への試論
印度神秘思想における一如について
「先鋭的な苦しみ」としてのニヒリズム
エマソンの生死観についての一考察
コミットメントの場としての黒人霊歌とブルース
東西霊性の接点−アンセルムスと本居宣長
女性教祖の誕生
イスラムと歴史
数珠図 1紙
金網集の検討−抄出の当体義抄について
聖なるものとしての「家族」−新宗教における実践的倫理規範
西双版納タイ族村落の民間宗教職能者
「ダルマキールティの言語哲学的聖典論」追補二点
物忌日の設定に関する小考察
井上円了の妖怪研究−近代化と伝統的世界観
日本における神観念の展開
日本人と時(TOKI)−「今は昔」(「今昔物語」)の表現について
多文化共生−群馬県大泉町を中心に−
「創られた伝統」論の可能性−アウグストゥス時代の場合
「ゆずの里かおり村」(栃木県茂木町)の七福神について
善導「観経疏」所説の三縁釈について
BUDDHIST KINGSHIP,THE KAMI,AND MODERNITY:COMPARATIVE CONSIDERATIONS
デカルトの神について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る