リアナ・トルファンシュ著「シンボル理論と伝統思想−プラトン的キリスト教思想の意味世界−」
真宗信仰と靖国問題
インドのカトリック教会の社会貢献活動
インド近代理想の自然観
西田の場所的論理と禅
初期大乗仏教に見られる僧那僧涅の思想背景
仏教教義の固定化の長短
二教論聞書 上下
空海の空間的想像力
終末預言失敗と未来ビジョン−オウムからアレフへ−
ヨアヒム・ワッパ教授の業績
神学における礼拝学の問題
PASTORAL PSYCHOLOGYの問題
悪風当たり考-沖縄の死者のヤナカジ(悪風)と死霊について-
井上正鐡の救済観
アウグスティヌスの照明説について
プラトンの神義論をめぐって−「法律」第10巻における不敬虔の問題を中心に−
S・キェルケゴールにおける「心理学的実験」
既成宗派の土着化−三宅島の事例から
沖縄の三世相と中国的信仰習俗
アメリカ革命における宗教の役割
法界観門の思想史的意義
古代漢民族における「精霊」の信念について
東京学士会院雑誌に見る一会員の宗教認識をめぐって
M.LUTHERにおける罪の性格
オーロビンドにおける絶対的視点(INTEGRAL VIEW)
代替医療と宗教−自然治癒力と心−
現代宗教の独自性と多様性
マリア・リオンザ崇拝に対するスピリチズムの影響
聖書の贖罪精神と“神権”をめぐって−新英語訳聖書の翻訳を中心として-
読経用心
宗教的情操と社会科 1,2,
人生周期と生死の受容
イスラーム神秘思想における終末の理解
中世日蓮教団における末寺支配の一形態
祖先崇拝における聖なる時間について
パンチェン・ラマの死と中国仏教界
ヘーヴァジュラ系タントラに於けるテャクラ説−四輪から六輪へ
神社復祀と遷宮祭
富士谷御杖における「理」と「欲」について
テクストと人間−記紀解釈における追理解
ヴィヴェーカーナンダの「普遍宗教」について
空海「秘蔵宝鑰」発起序に見る道祖神の観念
金剛寺本「餓鬼報応経」について
阪本是丸編「国家神道再考−祭政一致国家の形成と展開−」
グラストンベリーという聖地−人々の日常実践の視点から−
開発僧を起点としたネットワーク−タイ・スカトー寺の事例から−
鈴木大拙と西の思想−不二思想にむけて−
藕益智旭の「首楞厳経」解釈
近代における精神主義の意義
近世後期の護法論−徳門普寂「天文弁惑」を中心に−
オウム真理教研究の進展
乙丑丁卯新聞
阿含の中道説
三道国教主義の検討
ツウィングリの神観について
キリスト教的実在
霊魂観念に関する一考察
津田左右吉における「老子」思想の研究について
カント小論文にあらわれた目的観と宗教思想との関連について
中峰明本の浄土教
中国仏教と社会倫理
C・G・ユングの「神学的傾向」について
ミトラ教史の方法論
マザー・テレサに於けるインターレリジアス・エクスピアリアンス
祖霊の構造と機能について
宗教と文学の接点
華厳経研究者の信仰的立場
「聞」の意味
矢吹慶輝の宗教学−その方法と構想
現代における真宗学の課題
キルケゴールに於ける「真理」と「伝知」の問題
心理療法における共感と宗教
ヘーゲル左派によるキリスト教批判の諸相 1〜3,5,
構造と体系−多様化社会の宗教組織論にむけて
己事と他者
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」における再洗礼派の「独自性」をめぐって
イスラームにおける断食について
中川日史の「立正運動」
アステカにおける聖なる空間について
中国浙江省における葬送儀礼と死者をめぐる人間関係
JAPAN AND AMERICA誌にみる日露開戦時の日米宗教事情
村落社会と神葬祭運動
聖護院門跡峰入始末記−大和十津川郷玉置山を中心に
桜の聖と俗
M.K.ガンディーとマルコムX、M.L.キング
結縁−講という越境するネットワーク−
ジョン・ロックにおける「蓋然性」の探究としての「信仰」
金剛峰寺修正会の「御児」(聖なる小童子)について
宋代天台教学における「天台四教儀」の意義
西村明著「戦後日本と戦争死者慰霊−シズメとフルイのダイナミズム」
F・ベイコンの宗教的著作について 1,2,
務台理作「場所の論理学」と浄土教
仏教復興と社会開発−カンボジアにおける「社会参加仏教」−
仏教僧侶と開発−タイ東北地方の開発僧の事例から−
他の内に自己を見る
現代沖縄のユタ的「霊能者」について
何故涅槃は不生不滅なのか-中論に於けるBHAVAと涅槃の関係-
義政が夢みた聖域
親鸞の人間観について−明恵「摧邪輪」所説の人間観と比較して

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る