中世日本の真言教学と明恵
宗教の定義と一部オウムの暴力−ヴェーバーの方法的視座から−
村落の社会生活と頭家
宗教についての一つの仮設的規定
大日経に説ける戒について
近代日本における知識人の霊魂観-柳田国男を中心として-
近代日本の日蓮主義と終末論
百蓮宗より蓮宗へ
禅林諸清規の性格
東国における一寺院の隆替について−最宝寺を中心として
シュトラウス「ドイツ民族のためのイエス伝」における神話概念
聖の存在論的機制
哲学はキリスト教的悪の規定を許容できるか−根本悪と原罪の区別−
ポール・リクールの意志の弁証法に於ける非意志的なものと自由
記紀における時間の問題
折口信夫の民俗学と宗教
大日房能忍と達磨宗の関係史料
高群逸枝の巡礼体験について
石津宗教哲学の領域と層位
ヘルダーリンのキリスト教
感化から教育へ−法音寺における「教化」活動の展開過程−
寒渓集 1巻
神話における構造と犠牲
神秘体験と演技
もののあはれ宗教論
イグナチオ・デ・ロヨラの服従論
奉教士人徐光啓の立場
日蓮の浄土教批判と「一乗要決」の関連
HERUKAとHERAKLES
神示の型と社会文化的状況−東南アジア華人社会の事例から
都市の葬墓制について
近代化による死に対する意識変化
平安時代の宮中祭祀−「鎮御魂斎戸祭」について
親鸞における神祇護念の問題
円測著「解深密経疏」における八識の研究
ユングと一神教の問題-ホワイト神父との交流との決裂-
季節祭と記念祭−時間のシンボリズムをめぐって
戦国時代の死者と土地神の祭祀−河南新葬葛陵墓の卜筮祭簡−
大貫隆著「イエスの時」
芦名定道著「自然神学再考−近代世界とキリスト教−」
現代日本仏教における宗教主体の社会貢献について
ピーター・シンガーの提示する「論理的生き方」に潜む救済の思想
ウミガメに関する信仰習俗
華厳経における菩薩の意味
親鸞における「今」について
動物学
金襴袈裟の展開
山村にみる祭祀空間の構造
天地と日月
ヘルデルリーンの半神(HALBGOTT)について
仏教における愛について
密教者としてのアティーシャー−特に時輪の問題をめぐって−
贈答のネットワーク-近世初期徳川社会の構造-
日蓮系法華仏教研究への宗教社会学的アプローチ
吉蔵の中観思想と社会的基礎
デューイの宗教論と倫理学
伝教大師の篭山修学
不空三蔵の碑文
旧約外典「マカビー第二書」7-28について
鎌倉中期の臨済禅−円爾と蘭渓のあいだ−
ヤスパースに於けるZWISCHENSEINについて−神の位置づけを廻って
「対話」の問題−精神と心の相違を介して−
陰陽道の反閇にみる鎮魂の系譜
仏身論の宗教的意義
四重興廃と止観勝法華
法的側面から見たハワイ日系教団
久松真一における宗教と哲学
メソディズムにおける権威構造
高等学校公民科における宗教分野の扱いについての一考察
宗教における譬喩のパラドックス
現代の哲学と宗教との接点について
仏基の対論 1,3〜6,
聖典解釈の力学
古代ギリシャのテミスについて
「正法眼蔵」にみられる自他関係
ゾロアスター教徒パーシーの家族の構造の一側面について
修養団捧誠会における「実行」
民俗宗教にみる御鍬−三河・信濃・遠江国境地域の事例を中心に−
初期帰一協会と渋沢栄一
国家神道体制下の神仏公葬論争
「教行証文類」の説示にみる親鸞の神祇観
済州抗日運動と仏教
大学教育におけるブログの活用−「生きる力」を学び育む−
孝経緯考
延原時行著「対話論神学の地平−私の巡礼のかなから−」
宗教における希望の問題
松田真理子著「統合失調症者のヌミノース体験−臨床心理学的アプローチ−」
戦争の論理とスピリチュアリティー−仏教者暁烏敏の場合−
ビハーラ運動/活動としての社会貢献
十九世紀における老農思想の死生観−石川理紀之助を事例に−
中国における生命倫理言説に見る宗教性−人間の尊厳と有徳の共同体−
王城鎮護
絵解きと葬送儀礼-当麻曼荼羅講讃の<場>-
求法太子譚とガンダヴューハの勝熱章
親鸞における時間の問題
R.オットーの禅理解における十牛図・入廛垂手の問題
祖先祭祀における葬儀の意味と死霊の扱い方−墓と祭壇の役割−
飛鳥時代における仏教対策
継承された神社の相嘗祭
「徒然草」における宗教と倫理

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る