浄土教成立に関するインド的基盤の考察
唱題成仏について
中国近代浄土教の一視点
「マハーバーラタ」における反復と変形の構造
スピノザの神 1,2,
天理教の神観
波多野精一とバルト−その学的態度をめぐって−
諸宗教総合の基礎試論
宗教と社会階層−M.ウェーバーを中心として
往生伝における生と死
「修心要論」をめぐって
ハワイ日系人における日系新宗教の機能とその役割
丹田−東西思想に於ける行の身体的場
律修教会参事会員運動と隠修制−11・12世紀教会史の一局面
古代北インドの仏教儀礼−画像の発達
埴谷抄
現代の氏神、壇那寺信仰−愛知県の実例から−
記号論と言霊論−言語認識の基本的前提をめぐる比較検討
「仏」と「法」の問題提起
ふたつの出会い−西と東、宗教と音楽
プラトン来世神話に儀礼の要素はあるか?
「正法眼蔵聴書」における尽大地について
吉田神道の道教的要素について−吉田神道神経群を中心として
男性教祖と女性教祖−民衆宗教におけるジェンダー・シンボリズム
沖縄の位牌祭祀
明治初期の宗教政策に対する外国人居留地の反応
宗教教育−行と学
「観経」の構造的理解にみる「異方便」の意義
現代韓国の「壇君」と「ハナニム」−韓民族の神をめぐって
森雅秀著「仏のイメージを読む−マンダラと浄土の仏たち−」
アイヌ舞踊に見られる呪術性
関根康正著「宗教紛争と差別の人類学−現代インドで<周辺>を<境界>に読み替える−」
アメリカの宗教に基づく社会福祉サービス
エツクハルトにおける<ひらけ>としてのGRUNTの再考
東アジアにおける幹細胞研究のバイオポリティクスと生命倫理
公共哲学と宗教倫理−「幸福な社会」形式のエートス−
極楽世界の儀を移すとは-ヴィジュアライズされた浄土-
月称造「四百論註」にみられる「論理学者」批判
空海における四種法身と四種曼荼羅身
現代詩における老いの問題
宗教的権威
天理教教義の前提条件
フォーサイス神学の中心問題
現行の庚申侍と「庚申縁起」-三戸説からみた-
キャケゴーアに於ける著作活動の宗教的発展
H・パッチュの聖餐研究−シュヴァイツアーとの関連において−
日蓮における煩悩即菩提
宗教的自覚における「脱」と「転」
宗教的多元性と公共空間−「公」概念の転換による一考察−
観音信仰庶民化の根本原因
修験道の修法と密教
古代アステカ人の供犠−「食べる」と「建てる」−
信仰と歴史
柳宗悦のブレイク理解−「想像」と「直感」の概念を中心に−
接合点について
一山寺院の研究−東北地方を中心として
魚住影雄の宗教観
忍性について
ハワイ日系諸宗教における制度性と運動性
雑譬喩経一巻
初期無我愛運動の性格について
サン・マルタンと“存在の連鎖”−18世紀神秘思想の一側面
巡礼札から見る近世の西国巡礼−一乗寺の巡礼札調査中間報告−
言葉と宗教
ランターズ運動の仮装歌舞劇
知性の限界と神秘経験−十字架の聖ヨハネとデカルト
宗教の伝統−表現行為と表現形態の関係
体験と共同性
中国古代に於ける「斎」について
道元の後期思想の特色
吉田兼倶と「太上説北斗延生真経」
中国浙江省の葬送儀礼−??山鎮の事例を中心として−
奥山の稲荷信仰−大和十津川郷玉置神社の三狐神
源氏物語への仏教文学的アプローチ−桐壷帝の来世
二河譬に見られる宗教心理
ムーダンと教祖の間
古代エジプトのアメン神に関する一考察−アメンは大気の神か?−
信仰体制の一形態
葛西賢太著「断酒が作り出す共同性−アルコール依存からの回復を信じる人々−」
心霊研究の方法論と存在論−科学主義の挫折と民俗の智恵−
医療宗教学の可能性−病院外の臨床で宗教を再考する−
尊雲(護良親王) 建武新政に賭けた青春
二教論聞書
悪の問題を再考する−現代哲学と反神義論−
中国モンゴル仏教文革後の復興活動について
「中辺分別論」における無分別智について
親鸞における法然の念仏思想の受容と展開
仏教は西洋思想に染むか−一念三千とモナドロジィ−
墓地から考える無縁仏信仰
日本曹洞禅における密教的要素
ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッドとサンユッタ・ニカーヤに関する一考察
集落宗教と葬祭仏教-近世宗教の世界-
聖書に見られる両手使いの神
浄土教者の宗教的体験
中国の共産主義における「宗教」概念−1960年代牙含章による議論を中心に−
出エジプト伝承についての一考察
環境思想における論理学的アプローチとエトスからのアプローチ
三経義疏の成立について−反論の反論−
W.ライヒのオルゴン・セラピイについて
鈴木大拙の“日本的霊性なるもの”について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る