伝教大師最澄と「唐制」
宗教と諸宗教
洞門禅者の儒仏二教観
BHAGAVADGITAの神秘主義
象徴体系としての医学
梵字キリークHRIH信仰の研究
オリゲネスの復活論における魂とからだの問題
環境主義思想における動物権利論と動物供養の意義
姉崎正治の立場と方法
神の恩寵と人間の業をめぐる東西思想の接点
夢と宗教−霊夢や夢告の理解のための基礎的考察
動物の宗教的象徴性−豚
中国古代における地母神
「赴粥飯法」の一考察
植村正久の神道観
教団機関紙にみる救済論の展開−弁天宗における「さとし」と「いやし」
東方典礼様式にみる聖体祭儀の構造について
高野山の盆行事
見沼周辺における氷川神社の歴史地理学的考察
「顕浄土真実教行信証文類」にみる親鸞の廻向観
墳墓と風水信仰−朝鮮時代を中心として
スピノザにおける聖書の風系統の精神
気質の類型と宗教
青木健著「ゾロアスター教の興亡−サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ−」
清沢満之の他力門哲学における無限と外部と他なるものの歓待
死生観教育と生命倫理
宗教と環境倫理
遁世の芸能
グローバル化とカレンダー-宗教をめぐる文化的相克-
四六巻本RNYING MA RGYUD 'BUMについて
親鸞における御消息の意義
談義本の一考察−そこに見られる来世的表現−
無痛社会と緩和医療−宗教者の課題−
道元禅の行論におけるPARADOXの問題
頭の考証-宮座の一問題として-上下
パン・イスラミズムにおけるイスラム復興思想
葬儀の実態-京都府T町の事例より-
ガリレオの背景にある価値観
構想の立場から見た浄土教の一考察
知における個の多様性と統一性−シュライエルマッハーの「弁証法」について−
「観」の意義−西山義の一考察
寺院の世襲化時期について
仏教における龍蛇信仰
グノーシスにおける問の構造
ベルクソンの宗教論の問題
「外」ということ−アウグスティヌスとレヴィナスの場合−
代受苦について−浄土真宗とキリスト教との比較
祭儀と認識
三人のタブー
「十地経」の思想的研究II−三界唯心
マレーシアのアニミズム
近世文芸と仏教
アメリカ思想史におけるH.R.ニーバー
英国革命期の民衆運動の聖霊主義
病院チャプレンとスピリチュアリティ−日米の比較から−
西洋中世文学に見られる宗教
初期ストア派における神概念−クレアンテスの場合
能のワキ僧の役割
メタファーと宗教研究
合法化された一貫道
コウニンとグニン
大祓の歴史的展開
新宗教の考古学
兵庫県関宮町葛畑の庚申信仰
無墓制をめぐる日本の諸地域の比較研究
烏伝神道の展開
親鸞の声点資料の研究−妙安寺本唯信抄について
中国延辺朝鮮族における治癒師−朝鮮巫俗から気功師へ
サーサーン王朝期ゾロアスター教の神官聖火
道元禅師の批判の行方
宗教と社会構造−ラードクリフ・ブラウンについての一考察
細田あや子・渡辺和子編「異界の交錯」上巻・下巻
現代医療における宗教・スピリチュアリティ
オックスフォードグループ運動における<心なおし>の実践とその意義
霊媒と予言者のあいだ-降神巫再考-
諸書作名
「二入四行論」における達摩の坐禅
親鸞における聖道仏教観
安楽死−死苦からの解放−
戦争に関連する宗教儀礼について
「おさしず」天理教原典(III)に於ける「一」について
観心と守心
基督教社会倫理の神学的背景について
戦後の葬儀参加行動および意識の変化-葬祭業の展開を手がかりに-
西洋科学と宗教の交渉−元良勇次郎の力学的心理学と啓蒙主義−
壱岐島における唐歎仏法会
仏性の哲学を中心とする道元の哲学
汎神論的視座の受容とその脱一元論化−ジェイムズ宗教論の未来志向性−
食人肉の風習と中国仏教
「禅の研究」と宗教
リクールの宗教思想における贈与の経倫
身代り体験について−SURVIVAL PRIORITY
古代イスラエル宗教の源流−族長宗教理解をめぐって
合宿による教化法の考察
円測撰「心経賛」考−唐代の心経疏を通して
神・人・動物
長野の葬送習俗
ニーチェのイエス像
解深密教第一章と菩薩地
韓国への仏教伝来に関する一考察

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る