R.オットーと宗教史
ゾロアスター教の聖なる火と鳥葬の塔に関する禁忌について
臨死体験にみられる宗教的要素
修行とイメージ−ロヨラの「霊操」の心理学的分析
みず子供養にみる現世利益の問題 1,2,
韓国のムーダンにおける憑依体験をめぐって
教育相談にみられる宗教的要素
古代日本における「祟りのシステム」
「将来する浄土」の教学性・哲学性
熊野那智山の「本願」寺院
宗教学からみたイスラム研究
修業と修行、儀礼・慣行における目的意識の問題
デュルケムの宗教論とベルクソンの立場
宗教研究におけるインサイダー/アウトサイダーの問題
棚次正和著「宗教の根源」
岩倉政治と反宗教運動
説話に見る生命倫理
語りえなさに耐える−水俣病事件がもたらした倫理と宗教の回路−
女性宗教者のライフヒストリーとその分析をめぐって
ラマ教の登場
緩和医療-真宗からのアプローチ-
善鸞事件一考察
価値観調査に見る日本人の宗教意識 2−異文化比較の可能性−
上代支那の燎祭に就いて
西九州キリシタン研究の諸問題
禅宗における心の問題
近代日本における教養と宗教-明治後期から大正を中心に-
沢柳政太郎における宗教と教育
寺田勇文編「東南アジアのキリスト教」
日本の葬制における擬死再生儀礼
ティリックとエリアデの諸宗教の出会い
信仰の原事実
古代ギリシャの宗教に関する一考察
宗教戦争の本質構造
樋ノ口部落の宗教に関する国際習俗
概念形成と神々の名
カント宗教哲学書における悪の根底
神会と浄覚を結んだ王維
ヨーロッパ近代における魔術
台湾の開拓神について
INDIVIDUATIONと死
現代におけるイスラーム法と女性−エジプト身分法改定を例に−
政教分離に挑む「公民宗教論」
人類平和の根拠−認識と実践をめぐる問題
W.ジェイムズにおける「意識の流れ」について
みず子供養にみる霊魂の問題 1,2,
ドワイト・L・ムーディと千年王国
菩薩(BO-SAL)と呼ばれる−韓国の民間宗教職能者について
教会と学校の間−カトリック学校の諸問題
現代日本の家族愛
歎異抄における慈悲の問題
アジアの中の「日本霊異記」
宗教学とイスラーム研究−規範的アプローチの構築のための準備作業−
ケネス・バークの呪術=レトリック論
一都市寺院と宗教浮動人口
B・コンスタン「宗教論」とその宗教感情論
迦才「浄土論」における別時意会通説
藤田正勝編「日本近代思想を学ぶ人のために」
現代社会における倫理と宗教の関係を巡って
インド宗教における「宗教と倫理」の関係性の考察−シク教研究を中心として−
叢書「現代の宗教」(全16冊)
新宗教における分派と統制-オウム真理教を通して-
中・近世日本文化に見られる宗教的救済-真宗信心とキリシタン信仰-
歎異抄における自然の問題
韓国古代伽藍の地割法について
歎異抄におけるハカラヒの概念
英彦山座主家の墓制
救済論を中心とするブルンネル神学と親鸞教学について
純粋経験と宗教 1,2
日本女性の宗教的役割
新渡戸稲造の修養論−女性の修養を中心として−
田辺信太郎,島薗進編「つながりの中の癒し−セラピー文化の展開−」
隠岐の庚申信仰
原帝紀復元にみる崇神王朝王統譜と祭祀権の移動
存在論と人格性
D・ヒュームの宗教思想−「奇跡」をめぐって 1,2,
手紙と祈り−シュメール・アッカド宗教文学の場合−
サンヴァラ・マンダラの構成
儀礼的転位について
カントの弁証論の根底にあるもの
日蓮の地獄観
バビロニアの主神の「生死」
英国革命期のランターズの平等主義的人像
インドの民俗神−樹木神
ハイデッガーの思惟の転回について−真理の問題をめぐって
現代におけるイスラーム法と女性−エジプト身分法改定を例に−
韓国古代山岳伽藍の配置と思想
宗教的平和主義の諸類型−現世および世俗的権威への態度を基準として
ユング的立場より見た禅の悟り−宗教的変容と意識化をめぐって
恥と罪−精神社会学的・牧会学的一考察
みず子供養にみる宗教性の問題 1,2,
仏教における人間の研究−危機について
アメリカ合衆国奴隷制度に及ぼしたキリスト教の影響
宗教教育と宗教意識の変容−宗教系高校の宗教意識調査によって
穢れと差別イデオロギー
親鸞における仮・偽について
民俗学と民俗主義の間−親密な記憶について
イスラームの美と心−アルハンブラ宮殿のアラビア銘刻句を通して−
シーア派イスラーム神学の形成−アッラーマ・ヒッリーの方法
初期不二一元論学派の大文章解釈

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る