鎮魂祭に関する一考察
現代の浄土真宗におけるグローバル化−価値の相対化、機能分化、社会倫理−
関根清三著「旧約聖書と哲学−現代の問いのなかの一神教−」
花岡永子著「宗教哲学の根源的探求」
世俗化論再考-P・L・バーガー世俗化論における一元的歴史観-
唯信鈔文意
安居院澄憲・聖覚をめぐる造像-中世説教師研究への新視点-
十二巻本「正法眼蔵」における「四馬」の位置づけをめぐって
合理の限界とその彼方−近世学僧・普寂の苦闘−
仏教と国家性
死霊観念の展開
宗教性とパーソナリティの相関について
再びカントの根源悪について
踊り念仏の現象学
親鸞仏教は釈迦仏教か
菅原寿清著「木曽御岳信仰−宗教人類学的研究−」
マラヤの農村社会と宗教
青森県下北郡脇野沢村と東通村におけるオシラ信仰の諸例
農民のころの金光教祖
真言宗における安心観の問題点
信と疑−宗教における信と疑との関係
グノーシス主義とハイデッガーの思惟
旧約聖書における「心」のありかについて
有部の修行論
忌服について
シュライエルマッヘルにおける絶対帰依の根拠
垂迹信仰と一遍の念仏
パスカルの「隠れた神」について
ヤスパースにおける愛の思想
政教分離の精神について−米大統領就任式と首相の靖国参詣−
「無我」の心理発達史的考察
アンセルムスにおける罪の問題
宗教的指導者崇拝と現代社会
自覚に於ける他者の役割
鳥羽市河内町における同族信仰の実態
祭研究におけるデータベースと画像処理のシステム構築
イスラームにおける罪の概念−コーランを中心として
アフマディーヤの分裂とラホール派
「伝統」意識の形成と宗教の関与に関する考察
命終の心と信仰−貞慶の思想を中心として
現代インドの対「ムスリム」偏見−コミュナリズム論から宗教研究の理論的再検討へ−
聖の原郷
七階礼懺と「往生礼賛」
大乗涅槃経と般若経
前期P・ティリッヒにおける歴史概念
瑜伽行派における十二分教考
オランダの宗教学研究
マックス・ウェーバー「古代ユダヤ教」−パーリア概念と諸問題−
聖光の仏身仏土理解について
「神学・政治論」におけるスピノザの信仰理解
末木文美士著「鎌倉仏教形成論」
生活実践としての仏教−高齢女性と寺院の親密性に関する一考察−
行基の宗教活動とその考古資料
佐藤弘夫著「死者のゆくえ」
河波昌編著「場所論の種々相-西田哲学を中心として-」
世俗化論再考-運動としての世俗化論の終焉-
迦才「浄土論」所説の往生人伝について
C.R.ロジャースと蓮如−その対人的態度をめぐって
法然と親鸞の伝道についての一考察
明治期の比較神話学−スサノヲ論争をめぐって−
社会構造と人格の関係-宗派発生の面に於てとらえたる-
中国古代巫祝考
部落祭祀の社会性
西筑摩郡諸村における御嶽講概観
日想観における臨終概念
南嶽懐譲禅師の禅法
飯田剛史著「在日コリアンの宗教と祭り−民族と宗教の社会学−」
ヴィヴェーカナンダにおけるカルマとバクティ
下北地方におけるオシラ信仰について
一禅者の坐禅の脳波による研究
インド思想把握の二形態
プトレマイオス『フローラへの手紙』における「義の神」概念
中世における仏教教育
シュライエルマッヘルにおける宗教理解の基本的立場
無量寿命決定如来の研究
正風古池吟解
哲学的宗教哲学と神学的宗教哲学 1,2
ヨーガにおける心の階梯(CITTA-BHUMI)について
意志と表象としての世界と宗教
墓と穢と
偏見の衝突−宗教研究におけるナショナリズム−
ハイデッガーにおける形而上学の根本の問いをめぐって
後期シェリングについて−積極哲学と神智主義
世俗社会の宗教−キリスト教の場合
J.ヒックの宗教的多元論の問題点について
志摩の民俗宗教
イヴン・ハルドゥーンの宗教社会学思想
NYAYA-SUTRA 1-1-4の一考察
臨終における執着について
北部伊豆島嶼地域における祖先崇拝の変容
「歎異抄」の研究−江戸期における写本・刊行等をめぐって
十二イマーム・シーア廟参詣の理論的側面
フィヒテにおける絶対者−1840年の「知識学」の立場
セイロンにおける寺院の仏教
ヴェーバーの教権制論と天皇対将軍、神主対名望家−マツリゴト−
元照の時機観
カトリック救癩史の一断面−岩下壮一における患者観の形成の視点から−
田中雅一編著「暴力の文化人類学」
教学の確立
自己・社会・世界の「一」性の問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る