福音主義と精神療法的方法の問題
善宝寺開基妙達と竜神信仰
中論における一疑問
田中丸勝彦著(重信幸彦,福間裕爾編)「さまよえる英霊たち−国のみたま、家のほとけ−」
日本宗教政策史−平安時代
古神道と陰陽道−神・儒・仏のシンクレティズムに介在するもの−
祭日論
トマスに於けるESSEについて−トマスの神
終末論は「神学」の母なのか?
「日本宗教学」の「日本学」としての性格と構想
D.ヒュームにおける懐疑と信仰
南宋の道士白玉蟾
身体をめぐる問題
教育基本法に違反する宗教教育の実例
カビールと謎の詩
今に生きる戦国の思想
ベルクソン宗教理論における「神話作用」の考察
祭における構成の変化
祝祭と家族・国家−同一性の集合的模索−
ホワイトヘッドにおける「個」の問題について
エリアーデの全体的解釈学と宗教学の課題
カリスマの制度化と継承-「教祖」の死の前後をめぐって
本居宣長の言語観−その形成基盤に関する一考察
近代日本の民衆宗教におけるシンボリズムについて−女性教祖と宗教的象徴
移住者と祖先祭祀−母村の墓と位碑をめぐって
生命とキリスト教倫理−薬剤RU486をめぐるドイツの例
ネパールにおける習合仏教VAJRAYANのGUVAJU
近代日本仏教における政教論
昭和前期におけるイスラーム研究−回教圏研究所と大久保幸次−
都市のタイ上座部仏教-タンマカーイ式瞑想の形成と瞑想の大衆化
子どもの本におけるプロテスタンティズムの教育理念
悪・反省・他者−ジャン・ナベール「悪論」をめぐって
アメリカ宗教学界の最近の動向
宗教間対話としての東西霊性交流
備前法華教団と岡山藩の相克
八木誠一著「場所論としての宗教哲学−仏教とキリスト教の交点に立って−」
宗教運動の類型化
法然門下における「選択集」受容の考察-親鸞を中心として-
親鸞における聖教写写の一考察
浅野美和子著「女教祖の誕生−<如来教>の祖・ルセン如来喜之−」
宗教本質論に関してヘレニズム・ヘブライズム・ブディズム
安楽律について
オーロビンドにおける真理意識と非真理意識
奄美・沖縄民俗宗教における魄の概念
A VANI HUNI信仰の研究
SCOTT SCHNELL THE ROUSING DRUM:RITUAL PRACTICE IN A JAPANESE COMMUNITY
明治初期大教宣布の精神
神道における神概念
戒律の領域について
法華義疏と憲法十七条との関係
ユニテリアニズムに関する一考察−教会について
譬喩表現よりみた空の概念について
パーリ文献に於ける精霊の扱い−BHUTAの場合
「市民宗教」論の意味するもの
善における意志的なものとそれを超えるもの−アウグスティヌスの場合
周續之の「難釈疑論」について
プラトンとM.ポンティ−イデアと自然をめぐって
靖国神社の宗教性
死の受容における永遠なるものの機能
高利貸しと共同体−ベンジャミン・ネルソンを手がかりに−
O.F.ボルノーにおける人間の生と宗教
殷代の祖先祭祀−第一期と第五期を中心として
アリストテレス実体論における神
人間文化と宗教の形成−成熟−離退
泉鏡花の宗教意識
枕飯の仏教儀礼と民俗
KAUSITAKI UPANISADに於けるPRANAと絶対無
比較民俗、民衆宗教論の課題
生と死の連続性と科学
メキシコ、カトリック村落、トラホムルコのメンタリティの構造
大正・昭和前期の妙好人伝と鈴木大拙
宮沢賢治と法華一乗
アフマド有賀文八郎(阿馬土)−日本におけるイスラーム法学の先駆者としての位置づけ−
バタック人が崇拝するもの
神認識による<自己>の誕生−エックハルトの自己認識論−
チベットに伝わったジャータカ
宗教民族学における神話研究の位置
近世の身延山と江戸信徒
土井健司著「司教と貧者−ニュッサのグレゴリオスの説教を読む−」
「新しい社会運動」論と宗教研究
融通念仏宗史の研究-中祖法明上人伝をめぐって-
九州における経塚・経筒研究
時衆教団成立史の一考察−特に御影堂新善光寺を巡って
浄土真宗の伝道論−世紀を越えたアメリカ開教を通して−
中村生雄著「祭祀と供犠−日本人の自然観・動物観−」
サーンキヤ(教論)学派のグナ(徳)について
在家道としての十善戒
東日本の媽祖信仰
即身成仏義をめぐる問題点
伊勢神宮の創祀について
麿崖資料に拠る人物信仰の研究
諸宗教の出会いに関する問題と方向
シビルレリジョンについて
破り開く言葉
ユタ的職能者をめぐる若干の問題
ニコラウス・クザーヌスにおける神と人間
新宗教の地方的展開−浜松市における仏教系新宗教の場合
ソクラテスの「神」
稲荷信仰の習合事例
ウィリス・ハーマンの思想−企業パラダイムの変革−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る