スコラ的人格概念の省察
新羅時代の護国伽藍の縁起について
宗教社会学における機能主義理論 上下-現代の宗教社会学のFRAME OF REFERENCE-
ギリシヤにおける神々の運命について
古代中国祭祠の基本理念と五行思想について
摂真実論外境批判章における仏智の問題
権現信仰の交流
ニューギニヤにおけるSCHRADERピグミーの宗教
宗教教育の真に求めるもの
アル・ガザーリーの神の存在証明について
言語構造主造主義と聖書釈義の問題
ホワイトヘッドにおける倫理と宗教
屋敷神信仰をめぐって−長野県南安曇郡穂高町の事例
カントにおける「倫理的共同体」の実現
現代都市人の宗教イメージ・試論A
遠州大念仏−都市社会の念仏習俗
D.ヒュームの「霊魂不死論」について
内棲型新興教団成立の過程と条件−本門仏立講の場合
アリストテレス「哲学について」の宗教問題
十七世紀初頭における日本イエスズ会の人的構成と評価について
ヘーゲルと「ハムレット」 1,2
ベルクソンの宗教論
太田教尊の勅語衍義書をめぐって
東方典礼(ロシア正教会)の復活祭
古代トランス技術としての芸術−大脳生理学的理解への試み
石動修験道の近世縁起
象徴からプラクティス論へ
イエスの方船にみる宗教的語りの特質
食文化史資料としての「典座教訓」
現代日本における占いと信仰−占い館の顧客に対する調査結果から
高田信良著「宗教の教学−親鸞のまねび−」
韓国の生殖技術とヒト胚研究−東アジアの宗教と生命倫理試論−
曽我量深における「象徴」としての世界
死者と生者の接点−民俗宗教の視点から−
「観心本尊抄」などに関連する日蓮の書簡について
本質(それ自体)と「名の彼方」について
ブーバーにおける神
日蓮「注法華経」法華経各品の注記の特徴
中牧弘允編「社葬の経営人類学」
心地房無本覚心と時宗
初代教会に於ける殉教思想
石器時代小児甕棺葬に就いて
宗教の本質と定義
朝鮮仏教の禅中心全一化の過程
現代中国の仏教思想
ベルジャエフにおける終末思想の形成
西欧と日本の宗教の歴史的発達にみられる並行現象
布教私見
大連の宗教状況
大乗仏教の支持者としての善男子と善女子
日本磨崖葬墓の研究
天理教原典に現われたる「人間観」
鬼おどし
公案禅について
コーランに説かれる聖書
古代チベットにおける仏教受用の一面
キリスト教の神概念に対する仏教の見解について
近年におけるカトリック宣教観の変遷
鏡の境界性
「札所」巡詣の宗教的性格について
カントの崇高の感情再考
近世における仏教宗団の民衆教化運動の一研究
アレクサンドリアのフィロンと「自然法」について
神の死
ヘーゲル「精神現象学」−「不幸な意識」
ニーチェにおけるソクラテスの問題
デス・エデュケーションと宗教教育 1,2,
スティグマと逸脱
秋葉信仰と秋葉三尺坊の七十五膳について
出羽三山奥之院湯殿山をめぐる問題
儀礼研究の動向
新宗教運動の展開過程における女性たち
「正法眼蔵」における生死について
仏陀の讃仰
入信行為に対する商品経済学的一考察
大貫隆・島薗進・高橋義人・村上陽一郎編「グノーシス 陰の精神史」,「グノーシス 異端と近代」
韓国の「民族性」としての恨イメージ−恨の時代的変遷−
死者と生者の接点−日本文化と仏教の聖地観−
赤田光男著「日本村落信仰論」
児童文学の宗教性
日蓮における地涌・上行自覚の再検討
エジプトにおけるコプト・キリスト教復興
「アニミズム」の語り方−受動的視点からの考察−
トラホムルコの宗教文化
トーマス・ミュンツァーと「公益」
日蓮にみる癒し
松尾剛次著「中世の都市と非人」
鎌倉仏教における宗祖の飲食観−一遍上人−
物を匝る民俗の起源に関する一考察
江戸末期における在家仏教の発生-日蓮宗を中心として-
入信の条件について−特に先天的条件についての一考察−
秋川渓谷における神仏の習合と分離(多摩仏教習俗調査中間報告)
原始仏教に於ける禅定の問題 上中
死霊と祖霊
法然の専修義と聖道門
書状案文
唐宋期の文学におけるマニ教−外来宗教の受容の側面から−
道元の臨済禅批判について
天狗
日本宗教政策史−平安時代

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る