「祈祷院」にみる民族史と民俗宗教
情報・うわさ・物語−「聞く主体」と「意味」
「法華経」における慈悲について
沖縄の新宗教−「いじゅん」の事例から
新羅四天王寺造営の背景と思想
政治的・宗教的文脈における「ドイツ宗教学」の展開
表現主義者としての初期カール・バルト
ヤスパースの宗教理解
非キリスト教的ドイツの中のオットー
浄土教にみる共生思想
ミトラ教の起源について
冲永宜司著「心の形而上学−ジェイムズ哲学とその可能性−」
柳田国男の祭祀論
宗教的身体知と生態智の考察−「滝行」を中心にして−
臨済における忘について
松村一男著「神話学講義」
神事芸能と地域福祉−石見神楽の事例−
宗教研究における現代的課題−宗教的多元状況における宗教の理解−
イエスの譬に関する一考察
悪と罪と偽
ピウリタン革命に於ける宗教的自由と政治的自由
英国の神おろし−宗教教育の立場に依る−
デウスの理解について
「間」的生存構築について
神の魅惑と拒否-神秘主義ウルドゥー詩に見られる-
宗教学は何のために−南山大学と南山宗教文化研究所を事例として−
パスカル宗教論に於ける理性の位置づけ
初期柳宗悦における宗教と芸術
宗教的エートス−日本における宗教改革
現観荘厳論釈の著作問題
新潟県中継の山の神信仰
敦煌本・挟注波羅密多心経の撰者
J.トーランドにおける聖書解釈の特質−J.ロックとの対比から
磯前順一著「近代日本の宗教言説とその系譜−宗教・国家・神道−」
キュンクの「教会論」の論理
カール・バルトにおける宗教と非宗教
形而上学成立の宗教的根拠について
殯−死と誕生、無秩序と秩序
世俗と世俗化
親鸞における仏性の問題−涅槃経との関わりにおいて
対馬の亀卜
ヨハネ福音書の構成と資料の神学
生駒の神々 概況、修験道、朝鮮寺
本来性・非本来性に関するハイデガーの解釈の問題
宗教的懐疑について
キリスト教団における華人宗教-フィリピン・アニラ華人社会の事例から
ラーマクリシュナ・ミッションの社会活動について
鈴木大拙における宗教研究の一視点−宗教経験の事実・自覚・思想化
伊勢志摩地方の死者儀礼−朝熊山のタケマイリ
エンデミック宗教とエピデミック宗教の共生
高僧影 1巻
日蓮の「文字マンダラ」におけるシンボリズム
「法華玄義」における「智妙」
民俗宗教からキリスト教へ−ある福音派教会の成立と発展
若きハイデッガーにおける宗教的生経験の思索
オットーのインド宗教論とそのコンテクスト
真宗における死に対する意識−大学での調査に基づいて−
智??における止観構想の成立時期−禅から止観への展開理由究明のための予備的考察−
空海における神仏混淆の意義
メレディス・B・マクガイア著(山中弘・伊藤雅之・岡本亮輔訳)「宗教社会学−宗教と社会のダイナミックス−」
サステイナビリティ問題に宗教学は如何に応えることができるのか
柳田国男の「道祖神」観
儒教の伝承について
同志社大学人文科学研究所編「来日アメリカ宣教師−アメリカン・ボード宣教師書簡の研究 1869〜1890−」
注釈神話としての神社縁起
キリスト教思想と宗教的多元性
道教の仏教的擬装
謡曲に於ける神道と仏教
安鎮法について
哲学と宗教との実存的関係
禅の大悟と師承との関係
聾黙集 1巻
イスラームにおける学問の分類
大学教育としての宗教学 総括
柳宗悦の浄土教観
天理教とクリスチャン・サイエンスの相違点−特に病の問題をめぐって
神道における隠者的思惟の展開
穢のタブーと近世日本賎民秩序−宗教民俗と法民俗の接点
「勅額奉戴」をめぐる日蓮宗団の変遷
遊行聖の生滅過程
アーミシュの自文化運動
清初の仏教
キリスト教における律法釈義の問題
松村一男・渡辺和子編「太陽神の研究 上下」
越後山伏と御内証
初期バルトの神の国思想
古志(四)王信仰について−出羽国における古代神としての
解脱会の思想と行動−家郷喪失と宗教
カルメル会改革者アヴィラの聖テレジアにおける現存する神の神秘
伊勢志摩地方における盆行事の現状と特色
ハイデガーにおける「言葉」の問題
経験論の系譜とデューイ哲学
アメリカの基地と慰霊形態
寺院のアジール(ASYL)について−薩摩の場合
霊性と大地
解釈学的現象学としての宗教現象学−その分析地平と「現象」
四書集註(13冊)
エリアーデ「神学」の行方−宇宙的キリスト教の示唆
源氏物語の宗教学的解読の試み
天台教学における仏と衆生の接点

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る