アベラール的「対話」構想の射程
「明闇」考
八重山における祭祀制の動揺と民間宗教機能の変容
宗教社会学理論における「市場」−宗教の合理的選択理論批判−
TH・マンのルター批判−フマニスムスとロマンティーク−
カクレキリシタンと聖水
モーゼス・マイモニデスの宗教観
ナチケータス物語をめぐって
前期ハイデッガーにおける「現存在の形而上学」構想について
日本法相宗諸目録及び章疏にみられる新羅仏教認識
石川明人著「ティリッヒの宗教芸術論」
地域の子育て支援と神社の資源−プレイセンター・ピカソの事例−
近代中国仏教における「復興」と「堕落」の思想的背景
羽仁もと子研究
グローバル化時代の宗教知識教育−誰が、何のために、何を伝えるのか−
中村博武著「宣教と受容−明治期キリスト教の基礎的研究−」
陰陽師の代理参仕について
「プルーラリズム」と「宗教対話」−<仏教と一神教的宗教との出会い>の視点から−
仏教特に禅宗の儀式が我国風俗に及ぼしたる影響
天理教々祖伝における年代区分について
トゥルシー・ダースにおける絶対者と神格観の変遷の問題
禅浄二教における懺悔と帰依の問題
新羅四天王寺造営の背景と理想
近代化と葬儀の移り変わり−葬の個人化を中心に−
受難物語伝承と紀元四十年代エルサレム共同体
親方子方制村落における民間信仰の構成分析
入楞伽経における自内聖智の意義
阿字の形音義について
古代ギリシャの宗教に関する一考察-ソクラテス以前のプシケーの或る一面について
室生寺の沿革史
仮説・禅宗は恵能と壇経以後に−馬祖語録より考察して
仏教における真実の相
公案と聖書の「解釈学」
川田牧人著「祈りと祀りの日常知−フィリピン・ビサヤ地方バンタヤン島民族誌−」
原始心性をめぐる一問題
「M.LUTHERにおけるWERKの問題」
初期ワッハにおける「宗教学」の理念
日向・米良修験と熊野信仰
霊友会系諸教団の発生に関する一考察
善光寺縁起の解釈について
M.ヴェーバー「古代ユダヤ教」とカスパリの批判(1922)
松尾・河内の柱松行事
デュルケムとベルクソンの宗教
関係的思惟の種々相
蒙古来襲期における仏教系新宗教運動
「回心の社会学」と日蓮の廻心
盤珪禅にみる易行の意味について
イスラーム史料にみる末期西インド仏教社会とその衰亡過程の考察
エックハルトによるトマスの三つの存在概念の再構成
昭和六年における日蓮信仰者の動向
歴史的構造論としての宗教現象学
ティリッヒとカント−近代キリスト教思想の文脈から−
曇鸞「論注」における論理と比喩について
BUDDHATVA-考−虚空・太陽の譬喩を通じて
聖杯物語の変遷
真宗伝道に関する一考察−真宗教義における伝道の位置づけ−
イスラエル王朝時代の宗教の研究
継承される宗教経験−『伝光録』にみる「悟」−
佐藤研著「禅キリスト教の誕生」
地域づくりへの参加機会創出と神社祭礼−人吉市の事例から−
第一次宗教法案否決後に於ける内務省の宗教政策
田中智学の宗教活動
宗教における表象と造形−その教育的機能をめぐって−
明治初期日蓮教団の動向−教団再編成を中心に
上枝美典著『「神」という謎−宗教哲学入門−』
陰陽道と大雑書
課題としての宗教的多元性−親鸞と満之−
我国に於ける鏡の宗教的意義
上代支那に於ける祖神儀礼の特異性
「プラシャスタパーダ・バーシュヤ」における「特別」な認識
中世高昌国人の精神生活
カントに於ける刑而上学の問題
寺院仏教と戒名・墓
浄土教の根本的理解
カトリックとユダヤ教の対話の一断面
村落構造から見た神葬祭への転化
NAGARJUNA PARAMARCANATRIMSIKAについて
「無底と悪」序説
わが国儀礼文化の一面
中国仏教の儒教的展開
現代宗教への疑問
西方浄土・アメンテ・エーリュシオン
如来蔵と宗教
キリスト教における否定の一性格
呪力概念に関する一考察
「ソリロキア」における魂の不死の証明とその真偽論(特にVERM)の性格への影響について
「宗教と共同体」に関する一考察
創世記二章四説について
宗教的文化統合の研究
日常性と宗教
バルトの神学的倫理学について
新宗教の信仰構造の変容−生長の家と心理療法的救い
鈴木大拙博士論−禅と茶
道元の霊性批判−鈴木大拙の霊性と関連して
古代日本における「儀礼と神話」考−大嘗祭と宮中鎮魂祭の原像
キリスト教と帝国主義的精神-尹致昊(YUN CHIーHO)の場合
キルケゴールにおける反復の問題
高橋五郎の日蓮論−仏基の対論−
中国文化と南西諸島
エリアーデ宗教学とその学問的営為−聖なるものの探求と西洋近代−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る