身体論と宗教心理
象徴としての呪術
英詩人シェリーの死と人生について
岸本英夫の禅宗観−修行論を中心に−
エマソンにおける宗教思想の形成
普寂の修道論
近代のコーラン解釈の諸動向
真宗における救済成立の地盤
VISUDDHIMAGGA著述の一事情
不安理論の再検討
「本地垂迹説」弁妄
四諦十六行相の南北アビダルマにおけるちがい
ホワイトヘッドと西田哲学における神と世界との関係について
ラダックにおけるラマ教受容の素因について
ワッハのウェーバー像
他者について
童?イ(TANG-KI)信仰−シンガポール型とマレーシア型−
K.バルトの神学における「生成における神」
キルケゴールにおける「閉鎖性」の問題
キルケゴールのキリスト者像
W.PANNENBERGの神学における人間学の位置
現観の知恵と対象
民間巫者における「修行」の問題
「マリア」は「象徴」か?−宗教研究における象徴概念の有効性− 1,2,
長松清風の病気なおしについて−医薬制止問題を中心に 1,2,
新宗教における聖典の形成について
今世紀初頭における宗教学のパラダイム
C.G.ユングのキリスト観
住山と遊行−道元と一遍の場合
宗教学批判
ブーバーの罪責論
現代キリスト教思想と宗教批判−合理性の問題を中心に−
非凡な隣人
内村鑑三におけるキリスト教的「愛」の表現
藤田大誠著「近代国学の研究」
エマニュエル・レヴィナスにおける「宗教」について
江戸期における新嘗祭-氷川神社他数社の事例を中心として-
否定神学の成立可能性をめぐって−J.M.ボヘンスキーの立場から
鎌倉時代、仏教諸宗祖の食物観
大胡欽一編「アジア世界−その構造と原義を求めて−」
美観と防備を極めた城郭
「宗教とジェンダー」研究の成果と展望
日本人の護持した戒律
源氏物語の精神構造に於ける宗教的救済の問題
占夢の位相-記紀万葉の夢見から-
奄美大島におけるノロの行事(奄美大島調査中間報告)
日本宗教政策史
柳川宗教学の批判的継承
現代日本思想における「我と汝」
熊野信仰の一考察
明恵の明光についての一考察
フロイドの「エス」理論に基いた「無明」(AVIDYA)の考察
原罪と歴史−キルケゴールの場合
宋元時代の居士と白衣伝導
親鸞の三願転入について
観心略要集の念仏
大悲心陀羅尼について
提謂経と禅
宗教的経験と排他性
アールヤー(ARYA)韻律のパーリ聖典成立史論的意義−アルスドルフ説の紹介
宗教変容に関する一考察
広範囲に及ぶ穢
ゾロアスター教における聖なる火-ナオサリの事例を中心として
キルケゴールにおける主体性の概念
キルケゴールにおける罪と罪の赦し
凡聖界地章
マールブランシュにおける神と人間
オリデネス神学における奇跡と魔術の問題-その社会的コンテクストの探究
霊断師の儀礼とその思想−神霊観を中心に
ウィリアム・ジェイムズの心霊研究
教典研究と文学理論
性と宗教
応用宗教学としての住職学
中世起請文に見られる身体観
ジェンダーシンボリズムの比較考察−神女と尼僧
道元教説とその自在性
ル・フォールにおける「聖書」
志摩答志島桃取のスタミナ神事
キリスト教再構築の可能性を求めて
GERRIE TEA HAAR AND YOSHIO TSURUOKA,EDS.,RELIGION AND SOCIETY:AN AGENDA FOR THE 21ST CENTURY
東アジアの救済システムとしての「死者供養」
澤博勝著「近世宗教社会論」
伊勢神道の影響に関する一考察
メタ宗教批判の位相
立正安国会の教団組織形成について
鈴木正崇・野村伸一編「仮面と巫俗の研究−日本と韓国−」
白光真宏会とジェンダー−規範からの自由について−
安南竹林派の仏教
隋唐時代の中国の平地伽藍形式と思想
日本仏教と行者−「行者仏教」の世界−
大事譬喩譚に於ける本生語
ロングハウス宗教の宗教学的問題
三尸説と庚申信仰
日本の宗教学者 討議記録(要約)
水陸会資料としての奏法要
石になった女−明恵と善妙説話−
宗教的態度と宗教的情操
新興宗教政党・公明党の基本的性格と動向
宗教現象の研究と説明概念
源信に於ける本願の問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る