宗教的表現の暗号性と交わり
真言宗における教育
ジャイナ教と十七種の死
迦葉品における発心について
宗教倫理における躍動と寂静
二十世紀インドの仏教
宗教と文化摩擦−フィリピンにおけるアグリパイアニズムの成立をめぐって
日常性への問い
本朝月令所載の式祝詞に就いて
仏教東漸の系譜−南米と北米における禅仏教の進展
S.キルケゴールにおける歴史性の意味
実存者のノモス
「ブルトマンとバルト研究」序説−その初期の出会いをめぐって
神と悪魔−ブッダとの対話
薬字鈔 1巻
験から道へ−大峰縁起を中心として
万国宗教大会百周年を控えた宗教協力諸団体の世界的動向について
「新宗教以後」の宗教運動−新霊性運動とニューエイジ運動
宗教体験としての「夢」
社会情報論のパラチャーチという概念−チャーチ、セクトの狭間
鈴木馬左也と河瀬秀治−比較宗教人間学的事例考察
日本中世における霊魂観念−日蓮と一遍との対比を通して
カトリック修道女の国際比較-日本・ドイツ・オーストラリア
明治末期における神社整理の基準と反響
日蓮における仏陀のイメージ
戒律と救済−儀礼的行為の意義について
親鸞浄土教再解釈の一視座−宗教多元時代における浄土教の脱構築−
現代韓国仏教の死者供養
加藤信朗監修・鶴岡賀雄・加藤和哉・小林剛編「キリスト教をめぐる近代日本の諸相−響鳴と反撥−」
初期ハイデッガーのルター解釈-「有と時」の成立に至るまで-
<香椎聖母>と神功皇后-もうひとつの中世八幡信仰-
神話学説史の構想
准提鏡壇について
日本近代化と金光教祖の生神思想
教育目的としての儒仏一致論
仏教考古学からみた日・韓両国の異同
四国遍路八十八札所の成立−四国遍路絵図を手がかりとして−
三師七証について
オットーの「絶対他者」論考
神道の神の統一契機
ヘブル人の手紙における神の民モティーフ
キルケゴールの比喩の使用に関する一考察
教頓機漸
瑩山禅師と「行持道環」の位置関係について
現代日本の反キリスト教思想一考
STEINERのタブー論について
MEISTER ECKHARTに於ける「神と人間との一」
相互供養について−金剛界マンダラとシュライエルマッヘルの宗教論の関連−
宗教への人類学的アプローチ(1)
真宗における本尊の考え方
宗教比較の視点
親鸞の称名思想の一考察
唯識観における意識と自覚
CARGO CULTと宗教学の問題
ビルマの正統上座部の条件−ビルマ上座部僧の類型との関連
H.R.ニーバーのデノミネイション論
岸本英夫「宗教学」の価値体系
近世前期の土御門陰陽道
北設楽の花祭にみる方位の問題
ハイデッガーの「思惟の経験より」と六祖壇経
キルケゴールの「罪」の定位
「無量寿如来会」の唯除如来所加威者について
唯信と“SOLA FIDE”について
聖書の贖罪精神とヒロイズム−新英語訳聖書の翻訳を中心として
「宗教と性」
台湾クヴァラン族の治療儀礼と祭祀集団
修養型新宗教における癒し−修養団捧誠会の場合
満之と大拙−宗教研究の一つの系譜
19世紀アメリカにおける心理的救済論(2)−民間療法家の世界観
越境する力−血の穢れと「穢れた血」
現代宗教と倫理意識の変容-宗教における心理療法的な思考・態度の拡大をめぐって-
済明天皇と道教的信仰
楽園とメシアニズム
伝教大師最澄の「円機」
宗教迫害の類型化−ユダヤ教
スリランカにおける仏教とキリスト教の歴史的対論−「パーナドゥラー論争」の意義−
沖縄の死者供養と仏教
氷上英廣とキリスト教
谷川穣著「明治前期の教育・教化・仏教」
カバラーの霊魂転生論に見られる16〜17世紀のユダヤ人の精神的状況−ツファットとアムステルダムの事例−
折口信夫の禍津日神論について
信仰と信心
茶松詩稿 3巻
複檀家成立の基盤−壇那寺と息災寺
比較カルト/セクト論−カルト人類学の視座−
一神教と多神教−Y・カウフマンのヴェルハウゼン批判について−
女性の<霊能>と仏教−真如苑の霊祖・摂受院の場合−
近代日本の雑誌メディアにおける宗教の語られ方
神葬祭地区における神仏分離の類型
朝鮮総督と宗教政策
逆説、理性、伝達可能性について
日本における超越者の観念の成立背景
「一切衆生悉有仏性」の「有」の意味−特に道元と親鸞において−
現代浄土宗人の往生浄土観
オットーの聖における言語の問題
室町時代の浄土教と蓮如
ウパニシャッドの神秘主義
エリアーデの「宇宙的宗教」について
天台智??の護国思想
カリスマ的宗教指導者の一考察

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る