「とひたのまき」考
奄美大島の稲米儀礼について(奄美大島調査中間報告)
トカラ語仏典の性格 2
鎌倉時代仏教信仰の一特質
女の靖国をめぐって
インドの涅槃図
カーディナーにおける宗教の問題
創造性の起源−D・W・ウィニコットの遊びの理論と神秘主義−
「法縁の慈悲」と「愛敵」の問題
長崎県外海町黒崎に於けるキリシタン・カトリックの研究
宗団類型論の一問題
学禅普動論
増上寺黒本尊考
ゲーテにおける「透明」について
法華経における人・天−三草二木の中国的受容
西洋に於ける仏教の使命
聖書の贖罪精神と聖なる感動について
仏と法の問題提起 1,2,
殷王朝の祖先崇拝における祖先の性格
<自伝>としての<神学>−アビラ聖テレジアの「自叙伝」について
J.J.スュランの悪魔体験と神体験
今岡信一郎の宇宙的共同社会
在日巫俗をめぐる社会的ネットワーク−大興院成柱祭における事例調査
鈴木大拙の霊性的自覚−カトリック神学の観点から
小品系般若経に説かれる菩薩
不可知論は宗教的寛容の視座たりうるか
情報・うわさ・物語−「都市伝説」のディスクール論より
「自覚の現象学」の試み
地域神社の遷宮祭について
宗教学と宗教哲学
歳首の言
IAN READER/MAKING PILGRIMAGES:MEANING AND PRACTICE IN SHIKOKU
「おらしょの翻訳」について
神話語りと芸術的表現−ハイダの芸術家ビル・リードを例にして−
壇越たちをつないだ曇英慧応
空と言葉-「中論」第24章・第七偈の解釈をめぐって
渡辺雅子著「現代日本新宗教論−入信過程と自己形成の視点から−」
大貫隆著『グノーシス「妬み」の政治学』
プシュヴァラのシェーラー批判-直観の権能をめぐって-
価値観調査にみる宗教意識-(1)現代日本における宗教性-
聖とその解釈
沖縄県宮古郡上野村のカマド神信仰
花は笑う−アステカ人の宗教における創造のシンポリズム−
1990年代日本におけるカルト、マインド・コントロール論の問題
マックス・ヴェーバーにおける世俗化概念
禅の本質構造と心性の問題
島薗進著「ポストモダンの新宗教−現代日本の精神状況の底流−」
ワーツスヤーヤナ疏より見たる正理学派の我論−仏教の無我説との対比−
本山派修験の霞支配について
神とイエスの関係は本仏と迹仏の関係に等しい
江南の寺々
仏-時間・空間の制約を受けない世界の存在-
見性者の調査研究 1,2,3,
教団の呈示する「ジェンダー」と入会時の魅力
天啓主義新興宗教の調査報告
夢・占による『標』−「風土記」の境界と夢・占−
宗教研究の立場
祖先崇拝の諸理論について
左手の優越
「観念法門」の構成について−特に行者に関して
シェリングの悪について
願行房憲静について
ブルトマン神学における世界概念の問題−ブルトマンとハイデッガー
顕彰隠密義における「彰」の意義について
授記と本願
古代イタリア宗教の源流
「更科日記」にみられる宗教意識
オンボッケン(OM BHUH KHAM)信仰の研究
P・ティリッヒにおける「思惟の体系性」の問題
「私は他者である」
スリランカ、タミル漁村の憑依
近世における看取りについて
信仰と教団
心なおしと言葉−新宗教における語呂合わせの機能をめぐって
アンドリュー・ラングの宗教論
村落の宗教性−滋賀県五個荘町の集落を事例として
伝法潅頂糸玉 4冊 写本
宗教類型論について
「天童小参抄」の諸本について
キリシタンの真宗理解について
日本神話の中世における展開−いわゆる「中世神話」をめぐって−
垂板にみる浄土の空間表現
井上寛司著『日本の神社と「神道」』
中村弓子著「心身の合一−ベルクソン哲学からキリスト教へ−」
キルケゴール思想の源流-北欧精神史方法論序説-
価値観調査にみる宗教意識-(2)欧米との比較-
エリアーデの「聖なる世界」の再検討
開放系の神としてのプルシャ(原人)
スピノザの存在論における必然性の問題−運命に対する人の態度を軸として−
オウム真理教問題と科学としての宗教研究
異門(PARYAYA)ということば
堅意の入大乗論に就いて
宮家準著「羽黒修験−その歴史と峰入−」
部振小乗の「マとリ」の系譜
祈りと願い-「二河白道の譬喩」と「主の祈り」の対比-
マンダラにおける悪の論理
スピノザ 上
エコフェミニズムとアジアのカトリック教会
創価学会の成立と展開
尊号真像銘文

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る