宗教と苦−キルケゴールに於ける苦悩について−
人格的実存と交わり
地域社会と宗教機能
シュライエルマッヘルにおける“GEFUHL”について
仏教における「時」について−日蓮、観心本尊抄にあらわれた時
高山寺蔵「木食山居」の勧進資料
YOGAにおけるPRAJNAの顕現について
宗教形態論について
新約聖書の特殊主義と普遍主義
アティーシャ発掘本「カクルマ」について
山王神道形成史の一斑
ウェスレーの神学−UNIO MYSTICAについて
J.エドワーズにおける宗教的感情
ビルマの宗教構造理解への一視点−宗教・政治・エスニシティー
大拙の浄土観−還相の問題をめぐって
「正法眼蔵」の批判の表現をめぐって
神と他者
「宗教意識」考
エリアーデのオーストラリア宗教論
北部沖縄における「両属」儀礼
ソクラテスと魂の不死
早川紀代秀・川村邦光著「私にとってオウムとは何だったのか」
祈願をめぐる研究教育とその効果
キリスト教と真宗
時代と仏教 飛鳥・奈良・平安
現代日本と神話−現代宗教論との関わりから−
古代日本の儒教
三重県内の山の神信仰について−鈴鹿市肥田町の事例を中心に−
林行夫編著「<境域>の実践宗教−大陸部東南アジア地域と宗教のトポロジー」
人生儀礼の変化と再生産-近代日本の結婚式-
ウィリアム・ジョーンズとインド学の展開
スピリチュアル・ケアの現状と問題−終末期医療を中心に−
金倉円照博士著「印度古代精神史」
遵式の浄土思想に現れたる「往生要集」
星野英紀著「四国遍路の宗教学的研究−その構造と近現代の展開−」
方丈記の宗教性について
神の数え方「ハシラ」について
クムラン教団はエッセネ派か
「いのち」と宗教 討議記録(要約)
カビールの詩と宗教-中世インドの考察試論-
熊野古道の習い
アフェクトについて
属性(HYPOSTASIS)について
儀礼的地位について−南インドの事例から
宗教的指導者の類型と特質
天理教原典における男女観
新羅時代仏国寺伽藍の構造と思想基盤
ベルクソンにおけるトーテミスムの把握とレヴィ・ストロースの問題
弘法大師空海の書簡について
妙好人浅原才市の信仰経験における親の問題
M.ブーバーにおける出会いについて−特に「待つ」ということに関して
アルタビニシュチャヤ・スートラ・ニバンダナの特徴
信教の自由の史的条件の現段階
ルドルフ・オットーにおける比較思想の問題
出雲中国地方の竜蛇信仰と神楽と託宣
スリランカ仏教
アルベルト・シュヴァイツァーの「生命への畏敬」の倫理
ムーディとリヴァイヴァル
初期アメリカ・メソディスト派の組織的展開
鈴木大拙と教行信証
「正法眼蔵」における同参について
物象化(論)と意識の宗教学的批判
信仰の言語と意識
J.P.クリアーノのグノーシス研究
沖縄県多良間島の寵神信仰
プラトン「プロタゴラス」篇におけるミュートスについて
大江正房の願文と転輪聖王
外国側文書に記されていない迫害下のキリシタン遺物
種的社会の展開−田辺元とフランス社会思想−
普寂の大乗仏説論
加賀国石川郡富樫郷住吉村の観音像と由緒書
阿部年晴・小田亮・近藤英俊編「呪術化するモダニティ−現代アフリカの宗教的実践から−」
WIMATAKTU王と閻膏珍
中牧弘允・日置弘一郎編「会社のなかの宗教−経営人類学の視点−」
もののけ考-「源氏物語」から「もののけ姫」へ-
宗教学の成立に関するエリアーデの解釈について
ゾロアスター教徒パーシーの聖なる火と集団構造
スピリチュアルペイン−その宗教的課題−
阿?d仏国経に於ける浄土の意義
本康宏史著「軍都の慰霊空間−国民統合と戦死者たち−」
神道祭祀における主と客
信仰の諸類型
神観に就いて
氏子の意識について
日本浄土教に於ける倫理性の根拠
ターミナル・ケアにおける宗教的援助の在り方
ジェイムズの思想における宗教の位置
「いのち」はいかに表象されてきたか−現代の事例と概念−
安井てつに関する一考察
宗教の起源としてのフェティシズム−その宗教学的意義と可能性−
ギリシャ悲劇の宗教性について
国意考論争についての一考察
仏教における出世間的性格の問題−仏教における改革の思想(1)
トインビーの宗教観について
初期永平寺教団における義介の立場
蓮如の説教と触穢
神会の年齢に関する一考察
宗教の伝承−柳田ブームをふりかえる
DE VERA RELIGIONにおける罪について
カントの神とヘーゲル哲学

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る