點滴談
維摩経の道教的改変
本多日生の思想について
吉野川流域における聖水信仰
越後地方における秘事法門について
スピノザの求道の形態について
南摩村における大師信仰の問題点
高村光太郎の宗教と文学
「仏法大明録」について
阿弥陀仏と自然神学−仏教における「神学」の可能性
シェジン派の成立−再生ビルマ上座部の一形態
ガラテア人への手紙における「霊的な人びと」
ニカーヤにおける世界のあり方に関する一考察
神社合併の一側面−三重県度会町旧一之瀬村の事例
学派名“SVATANTRIKA”についての報告
如来蔵と性起
<無量寿経>における生因願について−「初期無量寿経」を中心として
「宗教論」に見られるF.H.ヤコービの思想
女性の菩薩とそのモデル
男性教祖と女性教祖
中世における農民の浄土教受容の一契機
ハイデッガーとウィトゲンシュタイン
他者について
ショーペンハウアーと道徳
デュルケーム宗教論における主知主義と主意主義
ベルクソンにおける努力と宗教
宗教政策としての文化財保護法
法界縁起思想の系譜
勝鬘経における自覚と信
ウィリアム・テンプルの聖餐論
古代インドにおけるソーマと神々−インドラ、月との関係
在宅ホスピスの現場から見えてきたもの
近代初期イギリスの宗教教育における死生観言説
陰陽道における呪法二、三
明治時代の道徳教育教材と宗教
マグダラのマリアの多様なイメージ
死ぬ権利と自己決定権の理念
民俗宗教の変容−沖縄の民間巫者「ユタ」を中心に−
アンヌ・プッシィ著「神と人のはざまに生きる−近代都市の女性巫者−」
親鸞における時機の問題
カント、ヘーゲルのイエス論
後期シェーラーとドイツ観念論-V.ハルトマンを介して
「ケガレ」という概念に関する現象学的一試論
国家神道概念の再構築
「摂大乗論」第3章における菩薩道について
ユニテリアンの開祖チヤニングについて
熊野信仰に於ける地方伝播の一形態-剣山信仰について-
ドイツ宗教改革急進派と人文主義
丸山静・前田耕作編「デュメジル・コレクション」(全4卷)
ベルジアエフに於ける自由について
行法と象徴主義
神葬祭地区に於ける神仏分離の類型
現代インドネシアの仏教
比較宗教学とスピリチュアリズム
佐渡と四日町の宗教の概説(佐渡郡真野町四日町における宗教生活)
キルケゴールにおける理性と信仰
ルターにおける反抗権の理解の変遷とその一貫性とについて
景教の末徒呂祖について
南宗の象徴としての恵能
宮座組織の一形態
生天光教の創成
究極性と必然性
アイヌの熊送り(IYOMANTE)
自然について
新興仏青とSCM運動
A.N.ホワイトヘッドの宇宙論について−その「神」概念の位置
出逢いについて
近代仏教における女性宗教者
パンニャーサジャータカについて
心理概念の大乗アビダルマ的分析−遍行・別境心所
法然門下における群疑論引用−隆寛・親鸞を中心に
仏教経済哲学試論−パーリ仏教の認識論によるアプローチ
八卦本番
中国仏教における一乗思想の系譜
ヘーゲルのヤコービ批判の意味
韓国巫俗と女性
宗教学と民族主義の問題−「宗教学アルヒーフ」の変容をめぐって
歎異抄における救済の問題−<タスケラレル>と<スクワレル>の概念の差異を中心として−
ハイデガーにおける「無」の諸相
アリストテレスにおける神の思惟と人間の思惟
キルケゴール研究−沈黙の意味するもの
恩寵の人間論
シェーラーのフッサール理解について
シャンカラの作品の中の王と最高神
宗教とツーリズムをめぐって
一山寺院の衆徒について
災困論再考−主客反転の構図をめぐって−
臓器移植と死生観
京都仏教会監修 洗建・田中滋編「国家と宗教−宗教から見る近現代日本−」 上下
シュライエルマッハーの「弁証法」における「感情」について
彼仏今現在成仏-親鸞における時の自覚について-
シェーラーの自然的宗教論と人間の理念
オウム真理教への研究者の関与について
東アジアの宗教の特質
アティーシャと般若経
宗教心理の研究法に就いて
回教に於けるTASAWWUFの分類に関する考察−特にAKHLAQへの発展に就いて-
日蓮聖人の上行菩薩自覚の経路 1,2,
イスラエル宗教史に於ける「神のはこ」について
「理神論」の名称と他の神概念について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る