盂蘭盆考
黄檗清規の研究
順中論義入大般若婆羅密経初品法門について
花園天皇の御影について
対仏教関係に於ける信長観
禅と戒とについて
禅宗安心の要諦
王陽明の人生観
臨済の四料揀より根器分別に及ぶ
大灯禅の独自性
芭蕉を中心とせる俳諧と禅との関係
性起に就て
スピノザの思想に関して
自然と運命
生活断片
禅戒と五戒 但し殺、淫二戒を選ぶ 1,2
白隠下「五位」に於ける「仏向上」−「正中来」と「兼中到」をめぐって−
プロチヌスに於ける睿智的なものに就て
禅宗の立祖相承に就て 1〜3
日明交流と天界寺−日本国僧宗嶽等についての一考察−
南院慧?メ
四巻楞伽に就て
新観念形態に於る宗教否定と禅 1,2
黄檗希運と會昌の廃物
禅宗初期の修道論
高麗の禅宗
宗密禅師の禅教一致論に就て 1,2
禅思想の淵源−起信論研究ノート 2−
禅と東洋文化
日本文化と宗教
道徳律と宗教律
律蔵の解体的研究−序説−
老荘と禅
弁証の諸相
禅の回心
神の認識
禅戒存立の根拠に就て
東洋文化の基本的性格
英雄経
霊鏡
五位の体験的地位と其考察
首両楞厳三昧の研究 1,2
西天祖統説について
無の意義
信心銘に現れたる禅の心性観-至道の宗教的意義について-
清規にあらわれた年中行事
三祖?汨T師に就いて
東洋に於ける画論の骨格
雪庭福裕の伝について
般若哲学への序説
楞伽経に於ける自覚聖智の境界に就いて
関山禅師の生年説について
尺八と禅僧とに就ての一考察
宗教の独立性 1,
元宋文化の移植と禅宗
象徴から禅への考察
儒学史上に於ける朱子学と禅 1,
李?ラの学禅と復性書
禅学の一方法
公案の研究に就て
三教調和の過程
蘭渓道隆の法語
禅宗の教学発達に就て 1〜3
臨済栽松の話と風穴延沼の出生
倫理より見たる金剛経
新体制と全体主義
初期修禅の二形態
斯経禅師の茶道観
逃亡
鈴木正三の禅風について−禅と念仏との邂逅−
無仏性話の考察
禅宗の仏像に就て
全体作用の歴史性
六祖慧能の禅−緒論中の二項
禅僧の文学観
恵林寺をめぐる三題
臨済大師の時代と其思想
六祖大師の証悟と中心思想の考察
禅宗の伝統説に就いて
鎌倉時代の禅宗諸派と密教 1,2
「ウパニシャッド」の神秘主義に就て-体系としての東洋神秘主義序説-1,2
不死・永生・不生−東西における死の自覚−
「色」に就いて
石州流茶道の性格−伝授の方法を中心とする−
日本中世禅林における杜詩受容−「集千家註批点杜工部詩集」の中期禅林に及ぼした影響−
日本撰述臨済語録の解題
無著禅師の思想
禅宗教団に於ける経済生活上の態度に就て
日本における賎民思想と宗教の問題
禅宗と「般若心経」
禅経に記せる観仏
一行三昧私考
花園天皇と禅
ドイツ語における最近の禅の紹介書
秀吉の画像賛
六祖壇経の書志学的研究 1,2
本格的なるものへの具象的考察
利休居士の遺偈について
白幽子史実の新探究 1,2
中世禅僧の文殊信仰-語録・偈頌史料を手がかりとして-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る