人文教育と漢文
サーガラ・メーグハ比丘の法門-ガンダヴューハの思想史的研究のための覚書 2
聖一派下大慈門派の伊勢への進出
東大寺再建と栄西禅師
句龍考
紀州隅田大高能寺蔵大般若経について-東福寺正統庵版の書誌学的研究-
大慧宗杲の「弁邪正説」について 上
THE ZEN WAY OF LIFE
「傅大士伝」の翻訳と研究
真仏の所在
宝性論管窺−仏性・如来蔵・衆生−
仏頂国師語録拾遺に就いて
胡適之博士の手紙
公安研究の思想史
抜隊禅師の和文法語に就いて
ON TAISHI,THE GREAT DEATH,IN ZEN EXPERIENCE
法如派は神秀を法如の弟子であると主張したか
抜隊禅師の考案観
明末清初における天童寺の住持について−密雲円悟の後継をめぐって−
動中有静論考−肇論と中国仏教(序)−
禅界刷新
GREAT DOUBT:GETTING STUCK & BREAKING THROUGH THE REAL KOAN
禅教養普遍化に関する図式
<論評>「空の弁証法」とは何であったか
宗教の主体的本来性
禅の近代化に就いて
栄西の一心戒について
禅学刷新の一指標
祖堂集の本文研究 1,
坐忘について
梅天和尚の禅風
清規の研究
朱子学禅考
無聖なるものに就て 1,2
相関的思弁の基本分析
中世能楽論の禅的性格−生得と稽古の関係を中心とする−
不生と往生−道元と親鸞における死の自覚−
日明文化交渉の一斑
翻訳考
祝融考
川上之歎−論語札記−
雑集論に於ける蔵・漢両所伝
法界義鏡の教理史的意義
普遍的苦悩
宗教と資本主義
絶観論の本文研究
日本禅宗教団と庶民の葬送儀礼(序説)
陸子学禅考
宗教経験の四規範をめぐりて−見性経験の普遍性と特性を論ず−
心学と理学
天台止観の一考察
倪雲林の画境
董其昌の思想について
「禅関策進」における禅と念仏の問題
「敦煌本六祖壇経」研究雑記
久松真一先生著「東洋的無の性格」独訳
「七祖法宝記」について
文覚発心説話考
福田恆在と「絶対者」
石頭の思想−馬祖との対比において
抜隊禅師の家風
徳林寺史の研究
和漢の兼帯−和漢聯句によせて−
「永遠の今」と「絶対現在」−西田哲学の「時間論」
無著道忠の学問
中世に於ける一自由衆団の禅−遠山の一派−
敦煌本「壇経」について−いくつかの問題点と本文校訂
人類の基本的公案−いかにしてわれわれ自身の問いとするか
道元禅師の大慧禅師批判について
癡兀大慧禅師の仏教思想について−枯木集を中心として−
現代日本哲学における他者の相対性
東陽英朝伝考異
建仁寺妙喜庵看寮子建浄業小伝
明代南京の寺荘について−特に寺荘の税役負担を中心として−
三江紹益の法系とその周辺
程明道の人間形成観と禅
普遍的苦悩(改定草稿)
川柳論
近世禅林墨跡の特長
禅宗村落寺院の成立に関する一考察
禅定における理性と実存の相剋
禅籍翻訳上の諸問題
新続灯史の系譜 叙の1,2
禅体験に於ける受動性の問題
覚と超越
禅における因果の研究 1−臨済の因果観−
華厳の教主−因分果分に就て−
三月
日本の禅宗寺院に関する考察
臨済録ノート(続)-中国臨済禅創草時代に関する文献資料の綜合整理の覚書(5)
禅宗史籍の註釈について−五灯会元抄を中心として−
「中華若木詩抄」寸見-編纂意図について-
仏性の構造
話頭の考察
禅宗学の基礎的思弁に就いて
「臨済の対話録」仏訳版序文
仏教と戦争-殺生戒の根本問題-
徳異本「六祖壇経」の研究−特に高麗初刻本の発現にちなんで−
真福寺文庫所蔵の「裴林拾遺問」の翻刻
湛堂文準と大慧宗杲

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る