活仏法
禅家蒙求 1〜3
伊勢朝熊山の経塚
改造
成道の一意味
龍湫周澤禅師を偲ぶ
妻帯問題の現実的考察
続真実珠集 1巻
天瑞禅師の偉蹟-非常時に顕はれし隠れたる勤王志僧
金剛般若波羅密教 1,2
博士の放言牧師の暴言
応仁乱より観たる五山の学問
盂蘭盆
皇室と禅宗
禅僧著書列伝(ア-カ) -文字禅
今次の事変と菩薩の願行
大燈国師 -古今名流逸話叢談 4
三教会同の実況
寒巌和尚
支那古賢の跡
後水尾天皇の禅宗御信仰 上下
「達磨宗の停止」と迫害 -鎌倉時代に於ける
恩師神月徹宗老師を憶ふ
勅諡大慈普応禅師
仏儒興替説 上
南米紀行
通俗禅話
修証不二論
報恩的支那伝道
日本仏教史概観の一節
吾が皇室と禅宗 1
最後の絶筆 -墨痕鮮なる
神月老師の面目
官庁の許可を要する行為に就て
「正法輪」記者足下に答ふ
南山古梁と山梨稲川
修養差瑣談
国民性の修養 1,2,
仙?高フ神仏の画賛
本来無一物
不得成佛道
炉頭漫語
床次内務次官を訪ふ
大宇宙の大仏さま
十宗要道記及び八海含蔵に就いて
我が六句の格言
東西文化及道徳観
御即位の大礼に参列して
伸びんがため 上下 -巨人の跡 15
成道に於ける星辰「心外無法満目青山」
昭和戊寅年頭所感 -「澤庵禅師と虎」の話を引用して
禅の大要
奉迎百丈大智禅師一千百年聖忌
曝書漫筆 1〜3
トラピストを訪ふの記
亀山天皇と南禅寺
禅僧著書列伝(キ、ク、ケ) -文字禅 4
大石良雄の修養
涅槃会を迎へて
真の宗教家養成
本邦に於ける百丈清規の流布
徳川初期の儒学と五山の学問
上田秋成の天保九如歌
黄檗開闢の恩人龍渓禅師
己巳歳旦新提唱 1,2,
浅草寺観音由来と其の今昔
恩師玲竹軒徹宗老師を憶ふ 2
阿難の悲嘆
東坡遺事 1,2

叢林開闢百丈大智禅師
禅とは何ぞや 1〜8
和合的精神の涵養
雪達磨の由来
永源観光
心友東海広宗師を悼む
禅宗編年史(続編要綱)1〜5,
如何にして仏教を興隆すべきか
勅脩清規聖旨解義
六書通
声声般若
比叡山に於ける栄西禅師旧跡に於いて
仏説より見たる馬
仏鑑禅師の事蹟
巳歳蛇の話
師走雑感
瑞渓周鳳禅師の国家意識に就て
人道と仏教
禅文学より観たる花園
提唱一則
足利時代の講義概説 1,2,
仏陀の教訓
白隠和尚を憶ふ
優曇華咲く
皇紀二千五百九十八年を迎へて
支那事変の世界的意義
南都の大仏と禅僧
男児八景
鎌倉時代の建仁寺と東大寺
独園老師を偲ぶ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る