「永平広録」における「下座」の用例
「顕訣耕雲註種月?ュ?}藁」における偏正五位説の諸問題 4
涵弘堂集 2巻
「随聞記」成立を考える 続
円応寺蔵「山雲海月図」について
宗教科における「対機」へのアプローチの考察
「黄龍南禅師書尺集」素描−道元禅師の引用典籍として
「入中論」における唯識無境説の未了義性
瑩山禅師の引用姿勢について 2−馬祖禅との関連性についての一考察
『永平初祖学道用心集』に観る菩提心の考察 1−「可発菩提心事」を中心にして−
後期中観派の無自性論証 1-ABHISAMAYALAMKARALOKAに見られるMU BS-HI SKYE BA HGOG PAHI GTAN TSHIGSについて
「正法眼蔵坐禅箴」の考察 1
大正・昭和初期曹洞宗の宗勢とその思潮-曹洞宗関係新聞雑誌記事分類目録稿 1-
寒巌義尹と博多聖福寺−蘭渓道隆門下との交流を踏まえて−
曹洞宗真巌派の研究 1〜3,
中世曹洞宗における「人天眼目」の受容について 2−「人天眼目川僧抄」を中心として
宋代南山律宗における「遶仏左右」の問題について
源翁派の永平寺・総持寺出世問題と関東寺院の動向−「安穏寺沙汰書」↓
『長部』「戒蘊篇」の研究 3−不壊浄の諸相と戒蘊−
十二支縁起と法住智に関する一考察-VISUDDHIMAGGAにおける記述を中心として−
怨念と鎮魂 歌舞伎にみる江戸の社寺
恵心兜率御消息
南・東南アジアにおける仏教の実態研究の歩み−国際仏教協会と戦後のアジア研究機関を中心に−
「教授戒文鈔源攵」について 2−翻刻
祖先崇拝と終末期のスピリチュアルケアの相関性について−スピリチュアルケアの三位一体の共存モデルの構築について−
曹洞土民の宗学的吟味
曹洞宗葬祭儀礼と陰陽道 2−資料の紹介と分類
十二時について
「スッタニパータ」第四、第五章の梗概
ARTHAKRIYASAMARTHAの解釈を巡って-「量評釈」現量章第3偈を中心として
曹洞宗伝道史の研究−研究課題の梗概について−
道元禅師の「尽十方界」について
二種の三性説に対するツォンカパの見解
禅の修証観とその問題点
YOGI-PRATYAKSAにおける判断について
伝光録第五十祖天童浄和尚考
宋代曹洞禅と臨済禅に関する一考察−公案禅の成立発展と日本禅(2)−
「大乗百法明門論」チベット訳について
価値判断と命令法−R.M.ヘアー<指図性テーゼ>の研究
作詩偈楷梯 2,4〜7−付節 玉峰詩集−
法界縁起説の原型
明治十五年の曹洞宗大学林
雪竇智鑑伝
語彙の史的研究−鉢の場合−
人間尊重の経営−経営と宗教の接点−
水戸開基帳にみる洞門寺院 1〜3
ASANGAの聖典観−ABHIDHARMASAMUCCAYAのDHARMAVINISCAYA章について
A STORY OF BUDDHIST PRACTICE−SHOBOGENZO,BENDOWA(1)−BY EIHEI DOGEN,SAMANA OF BESTOWING DHARMA FROM SUNG
鈴木正三の行実と時代背景及び思想について
天台学における五時八教論−再び関口説を論駁す−
「大乗義章」「衆経教迹義」に於ける浄影寺慧遠撰の問題−吉蔵著書との
浄影寺慧遠の縁起説について
人間主義の経営−仏教と経営との統合への途−序論
初期禅における身体論の展開
四分律行事鈔にあらわれた引用典籍の研究−経論部−
パーリ語に於けるEKAKKHARAの点描−VOLKSETYMOLOGIE考−
「阿羅漢」巻における『法華経』引用の意図
訳経史研究序説(3)−現蔵経中の竺法護訳の再検討−
仏成道に関する資料について−特に道元禅と関連して−
禅宗清規とキリスト教会則(2)
曹洞宗における『羅漢講式』の式次第と成立
道元禅師の著作における円因満果と修因感果
道元禅師と宝海梵志の誓願 2−道元禅師の「悲華経」受容に関する基礎的考察−
月峯集 3巻
住持制度より見る曹洞宗教団史 序
道元禅師と宝海梵志の誓願 1
新出資料「信心銘拈提字処」について 1−万回一線選「信心銘拈提字略」との比較論−
浄眼寺所蔵『証道歌抄』について−中世曹洞宗における学人接化−
瑩山禅師及び瑩山教団と他派との交流について 2 -「洞谷記抜書」再考-
近世における総持寺五院輪住制度の考察 2−山形県照陽寺所蔵「諸嶽山輪番中日記」について−
総光寺所蔵「当寺開山禅師行状」の訓註−月菴良圓禅師伝にみる曹洞宗寺院縁起−
菩提心の因縁説
洞門夢覚一如思想についての一側面
「四明十義書」の注解研究 1
越後種月寺蔵「南英謙宗語録」の訓註 1〜3,
永光寺所蔵「中興雑記」について
伝道上からみた生死観の問題点
道元禅師における「威儀」の用法 1,2,
松ヶ岡文庫蔵「虎伯和尚語録」の翻刻
中世曹洞教団と聖仏教-源翁心昭と説話伝承-
インド仏教における終末医療のかたち−原始仏教に見られるかたち−
源翁心昭開創の二ヶ寺に残る伝記史料について−福島県慶徳寺・栃木県泉渓寺所蔵史料の紹介−
宮崎県の仏像
慧思における禅定実践の一考察
仏教における「安心」についての一考察-日本人に対する宗教的ケア-
尾張国における黄泉無著の祖規復古について
「五位顕訣元字脚」の問題点−中国曹洞宗旨理解をめぐって−
教化における音楽についての考察
武田信玄と祈願
説戒の考察−食べることと不殺生戒の関わりから−
中世禅宗における逆修−臨済宗と曹洞宗の異同−
TARKAJVALAの二諦説に関する疑問 1
道元禅師の威儀現成の諸相−正法眼蔵参究(3)−
『入菩薩行論』の自己認識説批判について−密教的な教義との関わりをめぐって−
摂津三宝寺関係史料
中観派二諦説の思想的背景−「入楞伽経」偈頌品第429偈の依用を中心として−
縁起思想における法住性・法住智−パーリ仏典における解釈の変遷−
瑩山禅師略年譜
日本人の死者の霊魂観と死別悲嘆心理過程との関係性についての考察 2
清代の書目における宋元版禅籍

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る