釈尊以前に於ける人間本質論
我国の山嶽仏教に就て
わが懺悔録
四明知礼の著書解題
希臘道徳思想史の意義とその構造
精神分析学より見た宗教
安慧造三十唯識の釈論和訳
後漢時代に於ける淫祀の考察
弘明集の構成を論じて僧祐の編纂を疑ふ
明慧上人の和歌
善友摂受の意義
大品般若経は大衆部の所伝なることを考証す
六大体大説について
陶淵明の隠逸について
愚禿親鸞聖人に就て
天台智者大師伝に関する一考察
佐渡に於ける世阿弥
教誡律儀撰述者に関する疑問
山王神道と伊勢神道との交渉
仏教と摩尼教
大暦十才子に就きて
仏像造立の起源と大乗仏教
蔵訳大日経外篇 如来生大曼荼羅加持品の内容に就て
梵文持世陀羅尼経
波夜提の言語に就て
仁王般若波羅蜜経の真偽
「業感縁起論」の誤解に就いて
厳蜜の始祖高弁
支那三論宗教判の批評(別して新三論に対する疑義)
栂尾尾氏新著「曼荼羅の研究」を評す
曼荼羅の起源
再び吠陀羅に就て
善導教義の特色
本学創立の大理想と普寂律師の復古集
五輪九字秘釈と孝養集思想の流伝年時−特に奥羽地方への
加藤氏の「業感縁起論の誤解に就いて」を読みて
兜率願生
文芸の究極目的について
北宋時代に於ける密修状況
宮中御修法の新資料発見
癖のある随筆
本邦仏教寺院の世俗化について
愚禿善信上人年譜
海外における仏教研究 1〜3
天台宗義における業
即字の取扱に就て
中村元著「比較思想論」
仏教伝来初期に於ける支那三教の史的交渉に就いて
梵網経菩薩戒序について
東密文献の基礎的調査−東宝寺菩提院秘蔵古文書について
鎮西教学研究序説
田中久夫著「明恵」
有部の業感縁起論に就て
中世比叡山に於ける記家と一実神道の発展
ことば・ことば・ことば−ことばの孝現学
梵網経の形相
瑜伽観行と曼荼羅
東宝寺菩提院資料の重要性−第二回調査報告に代えて
文芸史と文芸批判
仏教の根本問題−五蘊と二種縁起について
宗教文学の提唱
常盤博士の円頓戒論を読みて
仏国政府招聘留学生選考過程について
浄土宗義の倫理的考察
「とはずがたり」人物考−久我尼(西蓮)追記
詩経に現はれたる感生帝
欧亜管見記
詩天子王昌齢
敦賀西福寺に詣で−古文書採訪報告に代えて
道徳の字義を論じ孔老二家の教旨に及ぶ
ディルタイの西洋古代に於ける汎神観
神話の発生因としての祭儀の問題
善導教学に於ける心行分科論
聖アウグスティヌスの愛
日本上代の仏教文学に就て
五祀及び七祀の祭神
沖縄の印象−豊山仏青沖縄慰霊伝道団報告記
呪術への発足
世親の因明説
久遠寿量院のこと−東寺宝菩提院古文書調査報告に代えて
梵文入楞伽経に見えたる一百八句
磧沙蔵と金刻蔵経との発見並にその影印に就いて
随想 つむじまがりの鴨台回顧
奈良時代の僧綱の研究
嘘から出た誠−墓を掘ったお布施の争い
浪のしぶき(伊良湖畔周遊記)
一角仙物語に就いて
関東方言の複雑性
三つの衣
中世国文学に現はれた国威宣揚の観念
華劇の全貌及び其の風景
殺生
国文学と日本文芸学
愛染王紹隆記(虫余漫筆 1)
隆寛律師の遺書(虫余漫筆 2)
本朝古伝貝葉梵筴阿毘曇の断片
戒の根拠とその発達
学会聴いて歩き−印度学仏教学会と日本哲学会
美を求める心−美意識の起源について
菩薩十地思想の起源、開展及び内容−特に「大事」の十地を中心として

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る