支那回教思想の性格
奈良念仏寺蔵浄土系譜考
三祖記主禅師勅諡号に就て
宗乗の再認
三宝史観に立ちて鎮西の三宝義に及ぶ
聖徳太子御製疏の研究 1−勝鬘経義疏
行動仏教学
新発見の師秀説草に就て
歴史に於ける反復性と図式的範例
賢首の性相融會に就て
有情の名称に就て
原始仏教僧伽の統治法について
支那浄土教の研究を読む
土屋詮教氏の「明治仏教史」に就て
千の手の功徳
矢吹博士の「思想と生活」に就て
浄土教の日本的性格
養鷺徹定上人の護国護法的仏教学
宗学方法論序説
往生礼賛要略記 上
日本教育の崇高性
記主門下六派の比較
宗学の体系とその論理−特に原理的考察を中心として
護国尊者所問経の成立
冏公の扶宗護法
聖冏上人の浄土宗学考
指方立相の教義に就て−導師より冏師へ
冏師の解行分別
冏師を語る
教化・教育・錬成
本宗列祖と法式−特に声明を中心として
梵文僧護因縁経に就て
宗学の課題
曇鸞教学の特色
無我論の構造と浄土教義
鎌倉中葉以前に於ける論註研究の一班
日本性心正行報国−憂国僧神阿の報国運動
阿弥陀仏論
インド・イスラムの人種的構成
浄土宗義と曇鸞教義
仏陀の教説に関する一考察
捨聖帰浄論の一考察
菩提流支教判考
美作国誕生寺の伝説
菩提寺史及立石家譜
比叡山に於ける宗祖の遺跡
嵯峨参篭−清涼寺に就て
南都に於ける法然上人の遺跡
吉水、大谷、真葛原について
鸞師の名号観に就て
霊山及八坂方面の遺跡
大毛の極楽寺について
遠州桜が池及岡崎源空寺の伝説
大原勝林院
一心寺
高野山に於ける円光大師廟
宗祖の遺跡としての賀茂の河原屋
中国仏教の現勢
讃岐御遺跡に就て
中世に於ける神仏信仰の一考察
立教開宗に於ける伝承と創意との関係
教育現象に於ける権威
伝道随想
紀州大川浦の報恩講寺 附、中野上の法然寺
祖跡勝尾寺
嵯峨二尊院宗祖廟の研究
団男爵家所蔵の法然上人絵伝について
鎮西上人の著作に就いて
徹選択集に就いて
末代念仏授手印
西宗要を中心としての考察
念仏名義集に就いて
念仏三心要集管見
浄土宗名目問答
荘厳浄土と願生浄土−識知浄土論を読みて
往生院の懐古
鎮西上人の人生観の一瑞に就いて
浄土宗第二組−鎮西上人年譜
記主禅師の時代
観経伝通記の種類
金剛界業義
往生要集義記に就て
選択疑問答について
徹選択鈔管見
東宗要について
三祖の三心観(特に三心私記を中心として)
浄土宗行者用意問答について
浄土大意抄管見
然阿良忠上人年譜
伝法概説
初重往生記
二重末代念仏授手印
第三重領解鈔
四重決答授手印疑問鈔
道の発展に就て
師道
戦国時代の文明史的意義
山高く水長し
基督の禅味
宗教家の本領

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る