惜心有地餘論
大日と釈迦
梵語より見たる連声法の根拠
鎌倉時代の禅宗諸家と密教
曼荼羅の話
菩提心論三摩地段修禅要略
金剛手菩薩
都率僧都の曼荼羅観
義浄三蔵の入竺と仏教伝播
日本天台に於ける悉曇相承
漫怛??につきて
慈雲尊者の「梵学津梁」
自己を充実せしめよ
不生の心地に遊べ
大日如来
三密相応の人を求む
宗教の尊厳
密教の独り本邦に来り旺盛を極めし所以
秘蔵記の著者に就て
皇室と真言宗
御即位大事淵源
皇室と密教との関係
西蔵原文釈迦伝
法義上に於ける皇室と東寺
金剛智三蔵の開教
御即位と真言宗
御即位と智積院
西蔵文秘密集根本担特羅
活版僧無瑞堂如環和尚
仏教文学選 太宰治
御即位潅頂の由来と其の内容
仏教史上より見たる高昌国
真言宗前の東寺
御大典と三世無礙智戒
即俗而真の宏謨
暹羅の戴冠式
密教とは何ぞや
瓜哇に於て発見せられたる密教要文
印度美術と秘密仏教
大元帥明王に就て
西蔵天降の秘密経典
心大虚空蔵菩薩聖像略記
聖吉祥持世陀羅尼の梵本研究
日本に於ける金光明経及最勝王経
大日経梵本の起源につき
種字及び真言につきて
火神信仰と忿怒尊
即身
妙瑞の教主義
金剛歌菩薩と箜篌に就いて
釈論に対する哲学的考察と数理化
覚禅阿闍梨と釈迦文院蔵覚禅鈔
両部神道
明恵上人と其師資 1,2
恩師ロイマン教授
覚海大徳の教相
中論仏護釈和訳
宗教の社会学的認識
覚海大徳の出現と勧学会
真言宗年表−豊山派弘法大師一千百年御遠忌記念出版を繙きて
覚海大徳の事相
延命法の史的考察
本邦伝流諸悉曇章異本小攷
釈迦文院本覚禅鈔の特異点について
西蔵暦考
日本仏教史上に於ける大徳の位置
大日経の教主に就て
仏教と神道との交渉
覚海大徳伝
高野山史の研究
不動堂八大童子像と快慶に就いて
覚海大徳の門下
ガウタマ法典
京都同聚院蔵不動明王像と仏師康尚との関係
五台山金閣寺含光大徳と霊仙三蔵
声明の音楽的研究
倶舎心所論攷
江戸幕末の高野山に於ける華厳宗学者学霊上綱
瑜祇経の研究
明初に於ける大蔵経校刻の事業
有部律について
北京・冀東・熱河二週日記
世親年代考
三輪身説に関する知見
道範大徳の「高野秘事」
如実知自心論
神本仏迹説の母胎
仏教芸術発達体系概観
台密の教義及び歴史
弘法大師の肖像
鹿城先生と丹崖前官と良応遮梨
身と心との関係について−人性論の一面
檀像様式とその史的発展に就いて
声明の基礎研究
城中の偶作
阿弥陀来迎図考
二教論に顕れた釈論の価値
印度・支那・朝鮮に於ける仏塔の種類
権大教正道応師と蒐集書籍
声明音律の科学的研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る