仏伝画に表れたる音楽
台密教主義概論
弘法大師請来の白壇像龕に就いて
高野山に於ける伽藍建立の経緯
真言宗私見
涅槃図像の起源と東漸
日本仏教々学史上に於ける悉曇研究の発達
ミリンダパンハ書史私考
印度に於ける仏像光背の史的考察
?エ然法橋在唐記の逸文
西蔵文大日経要義和訳
仏陀伽耶・欄楯考
我観法身
弘法大師の飛行三鈷に就て
釈尊降魔成道図の研究
大会経に於ける密教思想
敦煌千仏洞に於ける華厳経七所九会図像に就いて
仏教戒律史考
公山貴光氏作「南山進流声明音階」に対する一考察
二十五菩薩来迎の図について
密教判教思想起源
真言陀羅尼の研究
三門直指 1巻
大元帥明王の研究
新龍樹伝の研究
我が国上代に於ける地蔵菩薩像について
東密と台密
釈論末鈔発達史観
旧約聖書に於ける一神思想の発達
智泉大徳一千百年忌に就いて
観賢僧正の風範
密教発達史上に於ける観賢僧上
智泉大徳伝
杲宝入滅の真相に就て
密教事相史上より見たる観賢僧正
観賢僧正とその時代
般若寺大疏鈔と智証請来の義釈
開廟当時の淳祐
観賢僧正略年譜
アマラヴァチの塔と南天鉄塔説
密教興隆と徳川の大奥
智者大師の仏典解説法
菩提心論及び大日経住心品疏に説かれたる菩提心義
両部神道論
唐代の仏教文学
台密の五時五教判論
廣律の成立について
東大寺法進の梵網経注釈に就て
六大縁起説の史的考察
六大縁起説は高祖大師の創見なり
阿字本不生と地大との関係
六大体大に就いて
現代密教徒の宇宙観
宇宙の成因と万物構成の本質
読梵随筆
薬師十二神将の一考察
東大寺本尊に就いて
出雲仏谷寺及迎接寺の仏像
不動堂本尊並脇侍造像考
天野山金剛寺考−開創より鎌倉初期に至る
大日経の十喩の法門
仏頂尊勝陀羅尼経諸伝の研究
三教指帰に於ける忠孝思想
悉曇字記摩多体文意義浅攷
執金剛阿利沙偈に就いて
妙瑞和尚と有部律
真言宗の経典
根本説一切有部律摂序説
広臂像と芸術的表現
南山学派と東寺学派
西蔵訳底理三昧耶経に就いて
仏教に対する西洋的見方の過程
野山四声考
平安朝時代に於ける地蔵菩薩像
大日経疏の五大観
即身成仏義述作考
密教絵画の特質
最近の天寿国問題に就いて
西蔵伝、龍樹の中道無畏疏論
原始仏教教団の経済生活
広本般若心経の研究,補遺
ア字の音に就て
大陸発展を画して
原始民族の神秘観念
緇門警訓註 3巻
密教の大陸教化
入唐以前に於ける空海大師周囲の人々
蒙古に於ける喇嘛教起源
西蔵蒙古喇嘛教概史
満蒙の宗教に就いて
満蒙の仏教美術
密教相承の伝説に就いて
満蒙開教問題について
印契の起源及び発達
長安青龍寺の遺蹟に就いて
西蔵王乞?ウ雙提賛の年時に就いて
金剛頂経の第三会に就いて
真言密教の起源伝来
現代に於ける宗教教育の動向
入定と入滅との同異

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る