有部律摂概説
京都知恩院所蔵福洲版大蔵経刊記列目
欧州最近の宗教思想
印度仏教美術史の主流
慈雲尊者の梵学律梁
大乗起信論に顕はれたる仏性
文鏡秘府論の引用書に就て
密教経典と護国思想
高祖大師の鎮護国家思想とその事蹟
仏教声楽としての声明沿革史小観 上下
平安朝時代の密教思想
十二天成立私考
神仏関係思想史概説
彩霧
梵語毘灑勒沙尼
鎌倉時代の護国思想と不動明王
吉野朝御四代と高野山
幕末及明治年間の勤王僧
御遺告及び御手印縁起の研究
大日経題の研究 上中下
安政五年の仁王大法
印度的美術考古学のために
御出家時代に於ける故小松宮殿下と仁和寺
醍醐寺聖教庫蔵図像抄録
思惟と対象(論理学の原理としての自同律についての一解釈)
泰国仏教の概見
弘法大師以前の密教芸術(特に大分の石仏に就て)
巴利文法の「不定過去」
金剛般若経に就いて
珍海己講の芸術
国民学校教育と宗教教育
観賢僧正開扉の真相
悉曇梵語初学者の為めに
勤王僧忠禅の研究資料について
文鏡秘府論箋の発見とその著者
梵和対訳 マハバスツ
華北五台山所蔵仏教文献調査概況
弘法大師の教義概観
遍照光院阿弥陀如来像に就いて
弘法大師の神秘主義
密成律師僧敏とその著述(主として密教著書に就いて)
三部書を中心として観たる大師の思想
大師の判教に就て
玄楼
弘法大師の仏身観
弘法大師伝に就いて
弘法大師の戒律観
仏陀瞿?s耶の仏身観
弘法大師と三論教学との関係
御遺告問題並御朱印縁起について
密教の縁起観と神道
弘法大師と興教大師との思想的立場
南山進流声明音階の研究
弘法大師の梵語学
弘法大師伝説の精神的意義 上中
小乗典籍に於ける阿頼耶
大師の阿字観
現代に於ける大師の宗教
弘法大師入唐時代に於ける唐朝文化
自然・経験・理性・経験的方法
文鏡秘府論概説
三教指帰制作の背景としての寧楽朝の思想
道猷阿闍梨の生涯
密教の本尊
大師開宗当時の我が仏教界
殉教者ジヤステイン
弘法大師と高野山
菩薩道と弘法大師
三教指帰に現はれたる密教思想
弘法大師と東寺
高麗蔵本菩提心論に就いて
「御入定大事」の研究
弘法大師行状絵
弘法大師の本地と前身及びその後身
華厳原人論解 3巻
地蔵院より新出の立川流聖教に就いて
弘法大師の「十喩を詠ずる詩」について
密教研究に就て
伝教、弘法両大師入唐伝秘管見
弘法大師の芸術
密教研究の誕生を祝す
杲宝僧都奥書集
事相学序説
学道史序説
塔の歴史
法華三昧と法華法
宗派の統一と分裂
九会十二院
聖書の批判的研究
仏教と印度超自然信仰−タントラ教
密教神道の展開
龍華院大寂とその梵漢字書
理趣経曼荼羅の研究
国体信仰と真言密教
漢蔵両訳大毘盧遮那経の比較
大師伝についての研究
弘法大師の御影について
東寺観智院金剛蔵蔵本賢宝僧都奥書集
ギリシア人の霊魂観
真言宗の前途如何

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る