真言密教に現はれたる念仏
布教師の資格
付法八祖と住持八祖
事相分派の淵源
平安朝に於ける我真言宗勢力の一瑞
時代の要求と宗教思想の変遷
密宗の根本的戒法
即時而真とは何ぞ
呪文と祈祷
龍猛菩薩伝記考
智度論抜書
教権主義と自由討究
祈祷を論ず
建州弘釈録 2巻
弘法大師の入唐求法
長心経梵本に就きて
成仏論
即身成仏の新解
西蔵仏教要素一、二
潜在意識の密教的意義
自覚とは何ぞ
仏戒に就きて
宗教発達史上に於ける密教
菩薩思想の概観
弘法大師の御遺告に就て
興教大師の御伝記について
豊山史を語る
鎌倉時代の東密と南都律宗との関係
小乗瑜伽行に於ける密教禅的要素
過去仏思想より法身常在思想に及ぶ
西蔵文因明入正理論和訳
捺落迦の名称の類集考証
弘法大師の六大体大説
即身成仏の大義
弘法大師と浄土教
大師の哲学思想
弘法大師の世界観
社会教化に於ける弘法大師
弘法大師当時の社会思想の一考察
皇室と真言宗
御修法に就て
神道史上より観たる弘法大師
弘法大師の宝生山経始に就て
弘法大師と南都諸大寺との関係
天台宗より観たる弘法大師
弘法大師の文芸的霊覚
理趣経の要義
智証大師より観たる弘法大師
理趣経に於ける清浄の智と清浄の行
鮮満の旅
?a僕欠の梵字に就て
真言宗観心本尊論
興教大師正伝の発行につきて
真言密教の教体
教主義の歴史的背景
六大説について
大阿羅漢難提蜜多羅所説法住記に就て
豊山戒定師の成唯識論手沢に就て
喇嘛教に於ける帰依発心経の和訳
備中宝島寺蔵護持院隆光大僧正の親筆聖教を調査して
十住心論の要義
小野文観僧上に就いて
豊山学匠の著作について
令問真言宗要の著者隆山房慈光に就て
教学史上に於ける勧学会談義
空の意義及び理趣経の根本的立場
増益守護清浄行品の和解
探書録
在家勤行法則の制作年代及び弘法大師和讃の変遷
根生院周海と弥勒寺栄慶の護持院後董の争に就て
仏教舞楽伝来概説(主に伎楽について)
探書行脚
興教大師から専誉僧正まで(特に智豊両山関係に就て)
婆羅門教護摩の起源
奈良朝の秘密教考
新高山
二宮尊徳と仏教
興教大師全集の刊行に就て
新義真言宗豊山派祖専誉僧正略伝
人吉願成寺雑考
大伝法院及び密厳院領の研究
室町時代に於ける長谷寺の状態
尾州知多郡新四国開創亮山大和尚について
真言教学に於ける菩薩無想
豊山学匠新列伝
豊山の書物に就て
興教大師の浄土往生観
興教大師と其の時代
蚕神馬鳴菩薩並にその起源について
唯心説に於ける一問題
深沙大將儀軌の写真と其の原形
後宇多法皇の密教
二教論注釈に現れた戒定師の卓見
釈迦牟尼如来像法滅画之記について
叡山の遮那業に就いて
石山寺と淳祐内供
中世関東東密の発展と金沢称名寺 1〜5
玄法寺儀軌の撰集者
中辺分別論に於ける唯識説
大師の六大説に就て

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る