金剛界曼荼羅 妙法院版
釈経曼荼羅
御室版両部曼荼羅の開版と其功労者
高雄曼荼羅に就て
高祖の六大説
印行曼荼羅について
円位上人の浄土観
童子天及び七母女天の由来
ワツデル氏の西蔵仏教要旨
孔孟甦らば
ベルグソンの理知の客観性に就て
随心院流の史的梗概
道空と曇寂
鳥羽宝蔵について
東寺佚書漫録
事相の必要
因果思想の研究
東寺曼荼羅の流伝
叡山の戒壇問題に就いて
綜芸種智院について
仏教上より見たる労働問題(附資本家労働者の協調)
梵文縁起法の頌
平田篤胤の儒者への抗議
宗教的価値の社会学的旨趣
日本に於ける仏教著述最初の整理者
宝性院政遍と徳川家康
密教の現代的研究
鳥羽宝蔵の追記
四本の両界曼荼羅
韻鏡より見たる悉曇字記体文の対訳漢字音浅考
等葉不等葉并八祖の列次に就て故旭雅大僧正の口説
金剛般若経開題草本につきて
護法菩薩伝
四智印五智及金剛界(秘蔵記講義 10)
現存東寺曼荼羅の筆者宗覚律師
観心寺に就いて
世界文学と仏教文学と密教文学と
高雄曼荼羅
聖武天皇の政教一致と国分寺建設の目的
弘法大師と菩提心論草稿
真言宗の功過
諸尊の部族に就て
仏足石歌碑
心理学研究上の一方面
佛蘭西に於ける宗教史研究の過去及び現在
平安時代の寺院建築に就いて
部執異論疏の編成
持明院の沿革(安楽光院)
佐伯院について
弘法大師謚号送衣同時異時ニ関スル問題
仏教組織的研究の新著述
明恵上人遺跡めぐり
啓示論
喇嘛教の興起及び発達(ワッデル氏の西蔵仏教要旨 2)
大僧正行尊と其の歌
京都諸山の真言宗声明本に就いて
我邦悉曇学僧の著者に顕れた五十音仮字拗音浅考
起信論と唯識論との相違
三教指帰及び文鏡秘府論について
後七日御修法雑考
宗教的思弁の変遷
高祖の声字実相論
中国書籍装丁の変遷
伝教・弘法両大師を生んだ時代
九方便と五悔
仁和寺所蔵の法華経音訓異版に就いて
四無量心観(秘蔵記講義 15)
四国霊場に就て
東寺曼荼羅に就て
カバラ(希伯来密教)の教義
妙法院版の曼荼羅
真理
日本仏教初期の感化
北窓夜話−馬琴の覊旅漫録
万葉集巻十五短評
不空三蔵伝記考
真言宗安心の話
復興以後の御修法大阿闍梨と其の供僧−明治16年度より36年度まで
大師の禅伝と無住国師
大師伝に関する諸問題
西蔵文龍樹菩薩の著書
仁和寺門跡の創立
文鏡秘府論に就いて
真言宗の安心論
支那古代に於ける殉死
雁塔聖教序について
安土時代に於ける切支丹伝道の一考察
般若理趣経の類本に就て
十一面観音の話
「夕されば」に就いて
最近閲覧 倶舎書籍解題
金剛力士と五智の譬喩(秘蔵記講義 11)
理趣経法 金胎二通
菩提心論末注ふたつ
諸宗所依 諸経論大意序論
四恩説の中に現れたる朝恩に就いて
金光明経を読む
実語鈔に就て
中に就いて(支那古代に於ける道徳の理想としての)
平安朝密教の社会に及せし影響

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る