世界医王 耆婆伝-古代印度に於ける医術の発達及び精神療法と肉体的治術との関係-
秘密相承に就いて
南北両朝と大覚寺
本不生の弁
種子の陣痛−友に与ふ
勅封心経について
大和の民謡二つ三つ(北窓夜話)
仏知見の真意義
信仰と解脱
大覚寺と永宣旨
一行阿闍梨伝記考
孔雀明王の話
大覚寺略史
密教所伝の歓喜天
後宇多法皇御遺告
西蔵所伝の多羅菩薩
宗教的人格の完成
善無畏三蔵の来朝について
十二縁起論
教相大義
法蔵部の教理考
説法明眼論を拝読して
三句と五転
一門即普門
三密思想の探究
大日経題及両部曼荼羅(秘蔵記講義 2)
台密の変遷に就て
異部宗輪論解題
善楽長者物語
吠陀に現はれたる帝釈天
而二不二
大蔵会に漏れた活字版
十二縁起概説
後宇多法皇の宗学振興−特に教王常住院について
光明真言に関する経軌并人師の抄疏に就て
踏絵と金鈴と
仏教唐詩選
仏教漫談
密教の三大円融論
栂尾行
教相の研究法に就て
寛平法皇と天台
東寺の曼荼羅について
西方浄土の三界摂不摂に就て
戯曲 鳩那羅王子
仏舎利分類考
蔵漢対照 和訳大日経
真言及び梵語(秘蔵記講義 19)
仁王経法私考
仏所行讃和訳
蓮体和尚
威儀形色経について(北窓夜話)
真言宗の倶舎学者
謡曲「春日龍神」について
都卒往生論
衆生心(起信論を基調として見たる)
葛城門下の龍象
韓非子を成せし人々
心経秘鍵講話
摩登伽経を読みて
善夜経物語
典籍叢誌 1−両部曼荼羅に関するもの
敏達、用明、崇峻三帝代の我国の仏教
法身観念と宇宙との合一
寛平法皇と儀礼
孔雀経法考
等流法身小論
万葉集と出家
出生無辺門経について
旭雅、法遵両大和尚自伝
生命実現の活動
胎蔵曼荼羅(秘蔵記講義 3)
梵語と性相常住論(秘蔵記講義 20)
余の現社会観
支那に於ける宇音表現法に就いて(特に反切に就いて)
異部宗輪論講義
金剛峰寺建立修行縁起
秘蔵記講義 1〜20
会昌排仏の原因に就いて
密宗の阿弥陀如来
寛平法皇の御出家
不殺生戒に就て
仮名乞児の思想に就いて
真言密教の興るまで
応和の宗論
西蔵文世尊の吉慶讃
真俗雑筆
古今集に表れた仏教思想
無明論
宗教的生活
孔子の唱えた礼の本質
驚畏感、神秘感、及神聖感
宗教的な孔子の礼
無相菩提の論議(有相無相の四重)
大伴旅人と酒(北窓夜話)
吠陀に現はれたる愛神カーマ
密誨玄談
瑩山寺・高野山紀行
多神教より汎神教へ
馬と仏教、馬鳴菩薩、馬頭観音

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る