阿字観における法界定印-HRDAYAとCITTAの関連としての-
敦煌出土の「初会金剛頂経」関係チベット語断片
女性と「ノーマライゼーション」について-家族をめぐる若干の考察-
冷たい河
言語に対する行使意欲としての思弁(尋)と熟慮(伺)-経量部学説の起源1
近世日本密教教学史 上-特に室町時代以降-
摂大乗論に於ける三性説
表現と即身
大僧正石川照勤伝-明治百年記念真言宗著名人伝記-
学の論理-ヘーゲル『論理の学』研究序説-
プラーナ文献に見るリンガ奉納儀礼
雑部密教事相の一考察-事物的な呪法を中心として-
蘇悉地経に関する一考察
死の定義
胎蔵界マンダラ除蓋障院の思想
宗教的痴呆化の時代-その要因と現代人への省察-
密教経軌における真言文について
<菩薩地戒品>に説かれる「殺生」について
種族社会と仏教の起源・序説 1,2-種族社会(GANA)の遺制- 3,4-残存種族-(1,2)
世間の六十心 前後
旧白米密寺地蔵菩薩像の表現
『松陰中納言物語』と聖徳太子伝
唐代後期純密の代表作と唐代後期密教史研究上の二つの課題
阿字観の研究
魚山?P芥集上板
クマリとマヤ夫人
雲崗のインド系神像
インド密教から見た仏教の輪郭
THE UNCOMMERCIAL TRAVELLER試論-再訪と変化-
古代人の知的な冒険-「哲学以前」
禅文手鏡 1巻
中部ジャバの密教-ボロブドゥル大塔の意味するもの-
唯識三性説について
唯識思想における雑染と清浄の問題
ドヤ街における公的扶助-東西比較論--山谷・寿と釜ケ崎・笹島-
四度加行折紙の変遷
蔵文倶舎論随眠品三世実有論章和訳
『中論』における「縁起」の意義
パーリ沙門果経における離繋派の学説
世親浄土論における五念門
K.マンスフィールドとL.ハーン(小泉八雲)LITTLEと
シャーンタラクシタの伝える唯物論哲学-TATTVASAMGRAHAPANJIKA.CHAP.,22を中心として-
胎蔵界マンダラ地蔵院
「聾瞽指帰」「三教指帰」研究の現状と諸問題
古新羅時代の尊像
説話文学の魅力-描写の問題-
ツォンカパの定義した浄・不浄の幻身について
和訳(英訳)十巻章吽字義 1〜8
ヘンリー六世回顧-シェイクスピア史劇を中心に-
釈教和歌集について
プラマーナ・ワ゛ールティカ現量章の和訳研究 4
秘蔵宝鑰講話 1,2
「数論偈」第二頌に対する一考察-数論の起原-
森田龍僊自叙伝
『梵天所問経』解題
東寺長者攷−九・十世紀を中心として− 上,下
<聚輪儀軌 GANACAKRAVIDHI>考-梵文テキスト校訂と和訳
法華経の「書写」について
(史料紹介)奥院勤行之事
「霊性の文化−いのちをめぐる学術の状況−」概括,抄録(密教研究会六十周年記念シンポジウム)
弘法大師の諸開題等に散見する釈論の思想
いのちの危機とケアの霊性−新霊性文化の底流−
大般涅槃経の研究
霊性の人間学は可能であるか
水戸光圀と卍元師蛮
マーダヴァの伝える唯物論思想
「いのち」「スピリチュアリティ」の言語状況−ユダヤ思想から想う−
ダルマキールティの生涯と作品 上下
『南天鉄塔図』について
真言宗における「大仏頂陀羅尼」の伝持とその内容について−円行師請来「註大仏頂真言」を中心に−
印度再生族の祭祀
(書評)財と労働の価値-仏教の経済観-
「中」について
「十地経」第八地におけるADHISTHANAについて
灯作明の梵文写本の文字について(英文)
高野山真別処北遺跡出土遺物について
大日大讃とその註釈について
パリッターの一考察(英文)
清弁造『中論学心髄の疏・思択炎』「真如智を求むる」章第三 1〜10
みちのくの小京都
吉堀慈恭伝-明治百年記念真言宗著名人伝記
十三仏成立への展開
ラーマーヌジャに於けるグナについての備忘
高野山と丹生社について
独訳 般若心経秘鍵
声字実相義における声字の概念について
高野山の金石文
三僧記類聚 -秘宗行事記 4,7-上,下-
読黄山谷禅詩
文殊菩薩の五字咒法に就いて
奈良時代の密教経典と空海
ネパールの仏教儀礼の紹介-GURUMANDALARCANA-PUJAについて-
聖地王舎城
宗教性の生命的了解
喜捨精進について
批判の極限原理としてのSUNYAに就いて
阿毘羅?i欠の唱え方について
胎蔵法よりみた胎蔵マンダラ
E.A.POE-AN ONTOLOGICAL REVERIE 5 MAELSTROM・海の眼球
空海の「開題」を読む 2-「開題」に見る真言宗学の意識−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る