ヨーガ・ヤージュニャヴァルキヤの文献学的考察
チベットにおける仏教受容の一面
弘法大師の書流-大師流について-
カーヴィヤ文体の研究-比喩と語合成 2-
THE DEPPLED SELF IN PARADOX:AN ANALYSIS OF ‘PATIENCE,HARD THING’AND ‘MY OWN HEART’
ガナチャクラにおける三種の阿闍梨
省略法則私案-大般若会、弘法大師降誕会、常楽会-
弘法大師の文章における否定表現
台密の蘇悉地法をめぐる諸問題
デカルトの「実体的合一」について
ネワール仏教におけるカルコータカ竜王とバースキ竜王
印度に現存する密教関係梵本資料について
聖方便索蓮華鬘軌について
近世仏教の庶民教化-仏教説話-
即身成仏義(ドイツ語訳)
BHAGAVAT-THE PERSONAL ASPECT OF THE SUPREME
敦煌出土の八大明王儀軌について
廻諍論について
瑜伽仏教の性格
梵書の潅頂について
弘法大師入唐の周辺
東寺宝菩提院旧蔵星曼荼羅図残闕について
歴史と宗教
ウダヤギリのジナ教窟群
遊牧民のパースナリティと社会-潅漑稲作農民との対比を中心に-
行基の誕生説話とその展開
弘法大師の三教思想
私的年金について-年金払積立傷害保険を中心に--年金の動向ノート 3-
近世の目を西洋にむけた先人たち
「集量論註・疏」に伝えるヴァイシェーシカ学派の現量論
唐代後期の純密と日本密教
秘蔵宝鑰序文ならびに第10章(英訳)
山岡瑞円上人の略伝-明治百年記念真言宗著名人伝記-
八祖相承説成立考
「今昔物語集」に見える「兵ノ心バヘ」 1-源頼信の場合-
ベーメの自然観
空海の戒と付法について
ジョージ・エリオット:THE LIFTED VEILにおける「時間」とその「象徴性」の考察
敦煌本・密教疑経典考
THE CONCEPT OF VISNU AS THE HINDU BHAGAVAT
密教と香
(書評)即身の哲学-密教哲学序説-
金剛宥性-明治百年記念真言宗著名人伝記-
梵文『仏頂大白傘蓋陀羅尼経』について-ネパール写本報告 1-
磧砂版大蔵経考 1〜3
定中悲願
法華の密教化に関する私見
口伝法門における秘伝の起原と唐決との関係
弘法大師における比較思想の視座について
道真の怨霊の考察-奈良末・平安初期の貴族社会の性格とパースナリティの特質
ブッダガヤの遺跡
真言密教教学研究の二・三の問題
即身成仏義にみられる言語観の視座
ロレンス・ヴニヨンの英詩「高野山」をめぐって-英国浪漫主義詩人として
<太史公自序>の成立-<史記>研究 1
浄厳の三昧耶戒式の構成
宝寿二門の中院流-事相と教相の関わり-
仏塔周囲の四尊像について
MATANGAの種族的起源をめぐって
即身成仏義講話
受用身の一特性
バリー・ヒンデスの民主主義論
THE CONCEPT OF VASUDEVA AS THE HINDU BHAGAVAT
安積山伝説歌の伝統
老子の「和」
説主出現の二態-TS.XXVIの視座から-
東寺講堂の諸尊と三輪身説
初会金剛頂経梵本・訳註 2
文殊儀軌経の梗概 1〜3-主として経の説相について-
丹後文化の前提-舞鶴地区の調査-
『楞伽経』のDHARMATA-BUDDHAとNISYANDA-BUDDHA
I.B.SINGERの世界-神秘なる文学空間-
空海の衆生利済の思想
高野山の興廃
経量部の断簡
TSにおける<心身>の問題-後期仏教徒によるBARHASPATYA批判 6-2-
十忿怒尊について
高野山の美術
宗意安心論
対馬・根緒部落の調査研究-根緒部落と隣接二部落の社会的性格の調査研究と根緒における伝統的な「家」意識と祖先崇拝の研究-
人間身体の通時的同一性について-デカルトとスピノザの場合-
大日経の語輪マンダラなる語について
FROM INDIAN TANTRIC BUDDHISM TO JAPANESE BUDDHISM
胎蔵界礼懺
物自体としての意志の特質と客観化
シュリーグプタ作「真実への悟入」-和訳研究-
執金剛阿利沙偈の訳読に就て
高野山における歴史研究
律蔵に見られる経済思想序説
老人福祉政策の転換期におけるシルバービジネス-その基本的問題と課題-
UTPREKSAにおける問題点について
月待者考-夜航の問題よりする万葉八番歌に就ての推論-
オルダス・ハックスレイの思想の展開
三教指帰における孝思想
(書評)密教の歴史
E.A.POE-AN ONTOLOGICAL REVERIE 8-転生イメージ-
高野山の年中行事 1
維新後の山規の変遷と高野山町家
苦行の否定-SN 4.1.1をめぐって-
仏教と生死の問題-科学技術の論理と心の主体性-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る