密教の現代的意義
和訳(英訳)十巻章聲字実相義 1〜6
『秘蔵記』の成立年代
密教福祉思想の構成原理-密教福祉思想の研究 4
紀伊高野山奥之院石造美術調査記 1
ヘーツタットヴァ・ウパデーシャ索引
密教要文の一節 1-真性心髄集に引用される菩提心釈について-
B・R・アンベードカルの憲法思想
神通乗について
タントリズム
大日経の五十字門について 1,2
THE OLD MAN AND THE SEA
不空三蔵の訳経活動をめぐる一考察-乾元元年の訳経許可文書を中心↓
(書評)社寺参詣の社会経済史的研究
THE CONCEPT OF NARAYANA AS THE HINDU BHAGAVAT
中院流十八道次第の研究 上中下
真言宗布教史
私的年金についての若干の補足-年金の動向ノート 4-
ブーテーサル(BHUTESAR)出土の欄楯柱彫刻の一考察-菩薩の物語と女神ヤクシー-
三輪流神道と理趣経曼荼羅-『神道潅頂清軌』を中心として-
敦煌出土の「聖真実摂成就法」と「金剛吽迦羅成就法」について
即身成仏義(英訳)
如来蔵思想の密教的展開について
スピノザと論理療法
伝統教学の課題
「TANTRARTHAVATARA」を中心とした「金剛頂経」の研究 再1,2,
「金剛頂経」の序文の一考察
声明のこころ(進流)
「釈摩訶衍論」巻第三 訓読文及び現代語試訳
日本古代の薬師信仰(抄)
『TANTRARTHAVATARA』を中心とした「金剛頂経」の研究(再6),(再8)
胎生論についての禅心理学的研究
谷地舞楽と平塩舞楽
近世上方商人の仏教信仰
智泉が書写した図像集について
米田雅一「智泉が書写した図像集について」
十三仏について
福本智江「十三仏について」
仏教・特に密教における福祉観についての一考察-生命観を中心に-
中島小乃美「仏教・特に密教における福祉観についての一考察-生命観を中心に-」
「金剛頂大秘密瑜伽タントラ」和訳 1〜13,
介護保障制度における権利救済について
仏教社会福祉の根本原理の一考察
密教の根本原理の深さとその世界史的意義の再認識
法流と聖教-真言宗教団発展の足跡-
明咒の律(VIDYA-VINAYA)-「蘇悉地羯羅経」持戒品第7和訳-
伝教大師最澄と修禅大師義真の間 上
興教大師と不動明王 1
障害者福祉関係法「改正」をめぐる諸問題
「経」と「論」の論理
秩父巡礼の動向・推移
遮那業と第八住心 1
LAKSMLNKAYA著 ADVAYASIDDHI
「TANTRARTHAVATARA」を中心とした「金剛頂経」の研究 1〜23,再1〜13,
蒙庵大師文集 2巻
故服部如実教授を悼む
追憶服部如実先生
曇寂撰「一期大要略出私記」について 2
歌僧服部如実先生を悼む
中国近代思想史の研究 2-中国と近代-
内在的価値の概念
遮那業と義真・円澄
初期仏教教団論
西願寺蔵一字金輪三尊像について
真言密教所伝 印契目録
中国思想からみた当麻曼荼羅
資料紹介 東寺一件文書抄 1〜5,
ANANDAGARBHAの「一切悪趣清浄儀軌」観
両部神道論
児童問題の周縁-障害児問題研究序説-
金剛薩?Bの一考察
遮那業と唐決
APATTI論書群について
日本密教の交流と展開-続 日本初期天台の研究-
「中観荘厳論註」の和訳研究 2
顕密二教判と十住心
伝教大師最澄の教判論
最近の判例に於ける裁判官の思想の変遷-憲法21条「表現の自由」をめぐって-
巨人の磯
本誌に発表された長谷宝秀師の「大日経疏玄談」の校訂
菩提心覚え書
慈雲尊者「理趣経講義」梵語文の研究
即声吽三部書の要旨(十巻章概説第二)
雙身毘沙門天の研究 2 石山寺蔵「愛敬天明正徳儀軌」−翻刻と書誌的概要−
「荘厳菩提心経」の菩提心説−菩提心の「無相」から、十地の発心・功徳・陀羅尼への展開−
密教医学と丹砂-外丹方から内丹方への移行システム-
般若心経秘鍵・菩提心論の要旨(十巻章概説第三)
室泉寺日原教学振興研究助成がもたらした研究成果について
真言密教の特質 1〜3,
「守護国界主陀羅尼経」の成立について
日本密教における宇宙観 1-信証撰「蜜厳浄土依正観法」 1-
伝教大師最澄の現実的性格 1〜3,
理趣経コータン語讃歎文の復元和訳
塔・仏母・法身
理と智
鳩摩羅什訳の特質-<維摩詰所説経>のばあい-
「密教仏像図典」の刊行助成と観想法の基本的構造
近世における仏教教育 2-浄土宗檀林-
比較文学と比較思想-特に弘法大師の「三教指帰」を中心として-
六法ウパディシャ訳註 1-トゥン・モの瑜伽-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る