我が人生の師
静遍僧都の信仰の一側面について
信仰実践へ至る道を求めて
宝寿院聖教奥書索引-人名・寺名等篇-
私の生活と信仰について
聖衆来迎寺所蔵貝葉について
仁和寺真乗院第二世・覚教僧正伝攷
四谷怪談
大日経における阿字と阿字観
「真言宗食時作法解説」補遺
事相への心構え-真言行者としての-
真言行者の歩むべき道-発菩提心論の教旨に鑑みて-
真別所再中興、山口重政公とその一族
昨今の卒業論文
霊異の記録
如来の子
高野山一石五輪塔銘文集 下
高大四年と卒後の五年
宝寿院聖教索引 2,3 -典籍名篇・その1,2-
チベット学問寺探訪記
デルゲ版カンギュルの改訂増補について
弘法大師の書道
全般的な展望
弘法大師の倫理観
大師御作胎蔵次第の考察 1
密教とは何かという問い
智泉大徳伝考
即身成仏と菩提心の関係
インド密教の萠芽と初期密教
弘法大師と十喩について
「即身成仏への道」-真言行者に対する理解-
弘法大師の二つの御遺誡に就いて
「大日経」研究の手引
中国密教経典訳経史
金剛頂経の参考文献-理趣経を含む-
弘法大師と金剛頂経-特に付法伝の大日如来について-
草木の成仏
後期密教
生かせ大師の教え
チベット密教
21世紀の初夢
現代中国に空海と共に甦る
弘法大師の写真
空海博物館の完成を祝す
中国密教
静氏との半世紀
弘法大師抜きの密教は断じて真言宗に非ず
弘法大師と御入定-お大師さまのご修行-
これからが大事
高野山大学図書館蔵「真然僧正伝」−解題と翻刻−
密教事相の原点
弘法大師空海の生涯とその思想
静先生への期待
高野山古絵図の研究−高野山大学所蔵本を中心として−
声明の発声について
真言教学入門
日本に息づく長安の伝統
門跡寺院を視点とした真言宗の優位性
真言行者が<マンダラ>世界を創るためになすべきこと
日本密教史
玄奘への旅
金剛界マンダラに描かれる賢劫千仏
浦上隆応和上講述「仏教宇宙原因論」に学ぶ
弘法大師駐錫の地・福州の今日
静先生に思う
「理趣広経」に説かれる世間の曼荼羅について
高野山とエコミュージアム
事相
静慈圓先生と「性霊集一字索引」
『理趣経』にみられる如来蔵思想についての一考察−「有情加持法門」とその背景をめぐって−
二十一世紀に密教を問う
一行禅師の家系について
「静慈圓先生退職」に思うこと
瑜伽行派における種姓論の展開に関する一考察−『菩薩地』「種姓品」と『大乗荘厳経論』「種姓品」−
曼荼羅と私達の豊かさ
般若心経秘鍵に現われた弘法大師の炯眼
空海の世界に踏み込んだ静慈圓先生
顔のない日本人
天台の密教(台密)
思い出すことなど
TO SURVIVE 21ST CENTURY(英文及び和訳)
大日経と疏の玄談私記
北京悠々館
墨縁
金剛起真言とメタファー
若かりし日の静慈圓先生
真言宗義の大衆化とそれを防いだ一例 宥快著『宗義快沢集』「上根上智」他の論議の背後思想の想像より
「弘仁の御遺誡」に於ける「仏果」の内容とそれの反省
越州における空海−華厳和尚とはだれか−
アラパチャナ文殊五尊マンダラの翻訳研究
「高野山・東寺への道」-大師を慕いて-
密教美術(日本を中心とする)
静慈圓教授との思い出
「自己実現」支援への展開
真言行者としての自覚
静先生の思い出
密教の特徴は本覚の教え
“高野山空海への道”訪中記-土産話-
<随想>ゆく河の流れは絶えずして
四国遍路体験記

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る