毘盧遮那如来の<四種神変>について
静慈圓先生の実践行
空海 その時代と思想
学問と師との出会い
大疏評判-第三重第1巻-
金剛頂経の諸尊名
密教美術のこころ
大師入唐求法の心的動機に就いて
後七日御修法関係典籍・文書目録 1 -「東寺観智院金剛蔵聖教」-
修士時代の静さん
中院流の瑜祇潅頂
密教世界観と気
静先生とのこと
夢論(真言瑜伽行者当知)
書論研究第一歩のころ
静さんとの思い出
過ぎしことども
静さんとの出会い
仏教学とは何かを考える
寛平法皇御撰述書の研究・1-翻刻篇 1・「寛平御遺誡」-
僧侶と学者の狭間で
密教記号論−観法における種子の意義−
不空三蔵と敦化坊・浄影寺
朋友としての静慈圓先生
高野山西南院蔵覚禅鈔二巻について
慈しみのご縁によせて
浄徳寺創建八百五十年の石碑の不思議
密教と私
不空三蔵と大興善寺文殊閣について
回船問屋の嗜好品
即身成仏の核心をつかれた希有な存在
全人の光
栴檀は双葉より芳し
曼荼羅の人
慈圓さん−あるいは”お大師さん”とも−
静慈圓先生のこと
弘法大師の三学録にふくまれる所作タントラ
山薮独処心続生記
静慈圓先生ご退職によせて
昭和のころの静さん
尼妙波房の供養塔について-高野山における鎌倉期五輪塔の一遺例-
ニックネームは、お大師さん
チベット仏教文献調査における成果と問題点
高誼四十年
東寺講堂の諸尊の構成について-五菩薩の図像上の問題からの再検討-
発心即到
ネタンのドルマ堂往訪記
静先生の思い出
「空海信仰の師」としての静慈圓先生
密教における包摂と純化-弘法大師の密教の一特質-
菩提心論の作者について
「空海入唐の道」と現代中国巡察の「お先達」
大師の境位を摩測する
高野山大学静慈圓教授千二百年の時を越えて弘法大師空海以来の歴史的偉業なる
法味を誉める
尊敬する静慈圓先生との思い出
ドルマ・ラカンにおけるチベット写本等について
善無畏三蔵信仰と空海の入場−「舎利信仰」「大師1000年の夢」を通じて−
雲伝神道の研究
隨縁往来-弥勒信仰と高野山-
お大師さまを求めて中国へ
不空三蔵の入唐経路について
三部書の注釈書目録
敦煌と高野山の間−静慈圓先生を送る−
神仏習合形成の要因
エネルギーの座標軸
静慈圓大徳と私
覚教僧正編年史料集 1,2−編集史料の部 1,2−
弘法大師と九想観について
後七日御修法関係典籍・文書目録 2 -東寺百合文書・高山寺聖教等-
静慈圓阿闍梨の弟子となって
弘法大師御入定について
いろいろなご縁をいただいて
宝寿院の蔵書
密教は加持祈祷の宗教
花岳寺蔵高野山参詣曼荼羅に見える一石五輪塔について
作法亀鑑 2巻
お大師さまに選ばれて高野山へ
「秘密漫荼羅教」とは
馬頭法について
合気道を通じての関わり
代受苦のこと
「菩提心論」と弘法大師の思想
よっしゃ・・・もう一丁
密教関係のサンスクリット写本について
静慈圓先生とのご縁
仏像の古さと正しい認識
熈怡微笑とツァラトゥストラ
寛平法皇御作次第の研究・3-翻刻篇 3・「三摩耶戒文」-
書の朋−慈圓−
性霊集「為大使与福州観察使書」考
弘法大師の御本地-高貴徳王菩薩について
四十数年一睡の夢
中国居士と仏教
初会金剛頂経降三世品について
静先生の退職にあたって
密教に内在する弁証法について
毘沙門天法-特に浴油供について
気さくな静先生に接して
塔婆建立への功徳

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る