「私の思い」
静慈圓先生との出会い
高野四社明神の内気比・厳島両明神に対する一考察
宝寿院の聖教 2,3-前後(1,2)
真言密教は無尽蔵である
後七日御修法関係典籍・文書目録 3 -仁和寺聖教・宝菩提院聖教等-
高野山大学で書を学んで
「招提寺達?l文」考−法統律将問題について−
「密蔵」という語について
「十八道念誦次第大師中院」の特徴について 1,2
静慈圓先生と仏画
僧坊酒の研究
断惑証理
ケードプ・ジェーのタントラ論-無上瑜伽タントラの区分を中心として-
同志社々友のご縁をつうじて
弘法大師入定信仰の研究
新説「三鈷ノ松」
真言密教の長寿薬法
出会い
真言宗における「理趣経」の閉鎖的伝承
字輪観について
セイロンにおける密教の痕跡
出会いと別れ
初期密教の研究−唐初期の訳経僧を中心として−
日本におけるチベット関係論文目録1945〜1980
弘法大師の文章構造論一考-「楚辞」との関連における助辞「兮」字の使用例ー
静先生お元気で!
虚空蔵菩薩 玄證本 1紙
カンボジアの大乗仏教
「初例抄」人名索引-附.寺院名・諸法会-
大日経の形成について
ヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」に見るインド思想−密教を中心として−
道範阿闍梨の邪義相伝について
初会金剛頂経所説の六種の百八名讃について
宋代訳経僧「施護」とその背景
保寿院流金玉方について-付たり、御流保寿院
大日経の入マンダラ法則について
成身会における三マヤ印
栄山寺一石五輪塔銘文集成
弘法大師の「承和の御遺誡」に就いての反省
和田智満和上年譜考 上下
「密宗所学有部律園清規」について 1〜5
「遍照発揮性霊集」に見られる「荘子」の影響 下
金剛智三蔵の在唐中の活動について-毘盧遮那塔建立及び道教との関係を中心に-
インド密教研究の現状とその研究方法
悪趣清浄軌のマンダラについて
「真言宗未決文」の成立年代について
金剛幢菩薩について
十善法語管見
BUDDHAGUHYAの胎蔵マンダラ観
ヒマラヤでの調査の反省
密教研究会追憶
寛平法皇御作次第の研究・4-翻刻篇 4・「三親王潅頂時儀式夜作法」-
天翼翔禅師語録 2巻
真言行者と般若菩薩について
高野山八葉学会小史
大正十五年高野山奥之院骨堂跡発見の仏教遺物について
インドネシアの初期仏教-漢訳資料を中心として-
「遍照発揮性霊集」にみられる「淮南子」の影響
仏光山国際仏教学術会議参加記
田中千秋先生に関連して
良寛さん
田中先生との巡り合い<高野山回想録>
田中千秋先生のご退職にちなんで
浄信と信解と
21世紀に真言密教をどう生かすか
自己制御能力としての三昧耶戒−布教伝道の面から−
現代医療福祉現場への密教福祉の導入−スピリチュアルケアワーカー養成講習のめざすもの−
「心経」不生不滅の重層的解釈の素描
「篆隷萬象名義」について
MY VIEW ON SHINGON MIKKYO IN THE 21ST CENTURY
充実感がもてた時
「般若心経秘鍵」に聞く
リーダーのパラドックス
「毛詩」と「性霊集」との一考察
敦煌莫高窟と天平文化
修験の地・出羽三山の苦行と魅力
これから日本人にはリーダーシップの習得が必要か
御遺告の成立過程−附・御遺告項目対照表
「グローバル化」と日本の高等教育−改革とリーダーシップ−
安然の参照した空海撰述書
リーダーシップと仏教・密教
大師に導かれてきた人生
アメリカの葬制・墓制・死生観
西チベット・トリン寺とツァパラン遺跡の金剛界諸尊壁画について
仏の歩む旗の道-DHVAJAVAROPANA考-
高野山阿弥陀聖衆来迎図の基礎研究と一試論
密教図像学会三十周年記念 中国仏教美術見学会−太原・五台山・応県・雲崗−
松島五大堂の五大明王像に関する一考察
仁海本仁王経曼荼羅の思想的裏付け−金剛利菩薩の三昧耶形を中心に−
KAMBALAPADA(LABAPA)の「チャクラサンヴァラ成就法」−その構成と観想法−
韓国国立中央博物館所蔵の金銀製小型仏龕に関する一考察
魏陽贅語−孝子伝図と孝子伝−
天台大師智??の肖像−延暦寺本をめぐって−
チベットにおける四天王の図像について
「西国三十三所順礼元祖十三人先達御影像」について
千葉・東光院蔵伝七仏薬師坐像の図像表現をめぐって
盆地に息づく仏たち
平安時代前期・中期における孔雀経法の形成と展開−空海請来から藤原道長による平産の祈りへ−
中国における騎獅文珠と騎象普賢の成立と一対化過程に関する一試論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る