千手観音眷属の功徳天と婆薮仙をめぐって
NAGABODHIのSRI-GUHYASAMAJAMANDALOPAYIKA-VIMSATI-VIDHIにおける曼荼羅の度量法
神変と光背に関する一考察
いわゆるVAJRACARYANAYOTTAMAについて−新出関連写本の紹介−
運慶壮年期における造形表現と造像環境について−興福寺木造釈迦仏頭を中心に−
KRIYASAMGRAHA所説の金剛界マンダラについて−坪線儀軌を中心として−
揺銭樹仏像考
トンワトゥンデンとは何か?−タンカの起源と「文殊師利根本儀軌経」−
北西インドにおける密教図像の展開−特に中国と西チベットへの流伝を視野に入れて−
ギルギット地域・タルパンの陀羅尼刻文と観音「随心呪」について−観音信仰からターラー信仰へ−
インドネシアの財宝尊の現存作例について
ペンコルチユーデ仏塔不空羂索堂の胎蔵曼荼羅諸尊壁画について
ネワール民家の入口を飾る壁画について
新出の高野大師四社明神画像について
THE REMAINING STONE IMAGES OF BUDDHA IN TAMILNADU:A REPORT
「サマーヨーガタントラ」の曼荼羅に関する一考察
日光への街道
ジャワの金剛部系尊略の現存作例について
シャル寺の曼荼羅壁画について 2−プトゥンの金剛界曼荼羅理解−
「四種護摩本尊並眷属図像」における降三世マンダラ諸尊について−巻頭六尊の再検討−
クメール美術における密教的要素について
善光寺式阿弥陀三尊の模像製作について−滋賀 新善光寺の善光寺式阿弥陀三尊像を例に−
山景をそなえた阿弥陀仏五十菩薩像について
『諸仏菩薩金剛等啓請』所収の「毘盧遮那修習啓請次第」について
デーヴァとアスラの戦闘理由
『タントラ部集成』に収録される秘密集会曼荼羅について
重源と醍醐寺・村上源氏 上-大蔵卿柏杜堂と醍醐寺の三角五輪塔を巡って-
瑜祇経所説の三昧耶形図について
研究資料「不動雑記」
僧形八幡神像の成立と展開−神護寺八幡神像と東寺八幡三神像をめぐって−
韓国の毘盧遮那仏の初期図像とその展開
新智恩院本六道絵の主題について−水陸画としての可能性−
妙見菩薩像の変容−千葉・個人蔵銅造妙見菩薩像懸仏の像容の検討を中心に−
遊行像の系譜−京都・六波羅密寺空也像をめぐる想像力−
カーピシー出土仏像にみられる焔肩の意味
ローマンタン・チャンパ・ラカンの壁画マンダラについて−2階の瑜伽タントラ階梯のマンダラを中心に−
大方広如来蔵経
佐和先生を偲びて
信貴山調査のことなど
興国寺土俑焼と佐和先生
佐和先生のこと
印象的な先生の笑顔
四苦図像の系統と展開-病苦と死苦の図像を中心に-
佐和隆研先生の思い出
佐和さんの想い出
最後の思い出
生ける「求法」と「摂受」
佐和先生の思い出
佐和先生を偲ぶ
明治の護法尊集会図
薬師寺の聖徳太子像と四天王寺の「秦川勝像」
東大寺僧形八幡神像の結縁交名-造像を中心とした中世信仰者の結衆とその構造-
金剛界八十一尊曼荼羅諸本に於ける各尊像の若干の相違について−五仏を中心に・制作側の観点から−
ネパールの仏塔に見る壷の入れ子構造と色究竟天
但馬・今滝寺所蔵孔雀明王像の図像学的考察−中世日本における祈雨・孔雀経法の実践、そして思想をめぐって−
金剛界曼荼羅の三昧耶会について
北野天満宮所蔵「北野社絵図」に関する一考察
不動明王像の古例とその形式
醍醐寺蔵八大菩薩図像と多宝塔扉絵
アジャンター石窟における「従三十三天降下」図について
キジル110窟(階段窟)の仏伝図について
白虎隊と偉大な先人たち
日本潭海録 1巻
スワート・カシュミール地域のブロンズ像の様式的源流について−パキスタン山間部の仏坐像を中心として−
現存する「大清乾隆年敬造」銘の仏像群と宝相楼仏像群について
寛信の類秘抄と類聚抄-覚禅抄の引用をめぐって-
経典と図像-文殊菩薩に関して-
寺院のあり方における仏教美術の展開とその性格-古代韓日文化交流を中心として-
「一切仏集会拏吉尼戒網タントラ」とその曼荼羅について
ヘーヴァジュラ曼荼羅の構成-その成立と展開-
愛染明王曼荼羅図の立体化-理趣会の発想-
敦煌莫高窟第465窟の壁画について 1
十三仏図像と十三図本地仏-信仰資料の図像学-
カトマンドゥにおける八母神と八バイラヴァ
球磨・高寺院の木造勢至菩薩立像
ヴァジュラパーニをめぐる諸問題
岡崎譲治委員を悼む
コスモロジーと曼荼羅
新出の同形同寸の銅製不動明王立像について
氏家覚勝教授を悼む
蓮華三昧院所蔵阿弥陀三尊像について
絵仏師応源のこと
インドネシアの金剛界曼荼羅-ガンジュク出土のブロンズ像-
「ナーマサンギーティ文殊」の図像と典拠についての一考察
インドの大日如来像の現存作例について
益子焼の魅力と浜田庄司の作陶
嗣書
北西インドにおける「大日経」系毘盧遮那と三部の作例について−アジアにおける、図像と思想の展開を視野に入れて−
「西遊記」形成史に現われた密教文化の諸相-チベット密教との関係を中心に
ハリプルの四仏について
ジャワの浮き彫りと南インドの図像−「カメの空中飛行」の造形と文献の照応−
中国陝西省延安市安塞県樊庄石窟について−陝北地方における北宋の石窟造営とその背景に関するてがかりとして−
「五輪九字明秘密釈」における阿弥陀曼荼羅について
経典と図像と仏像-?募?衣を中心にして-
「大悲胎蔵三昧耶曼荼羅」の構造
「完成せるヨーガの環」第19章「金剛界のマンダラ」訳註
インドの儀礼絵画
パンチェン・ラマの胎蔵曼荼羅儀軌
山本兆揚翁と両界曼荼羅
“SAMPUTODBHAVATANTRA”所説の金剛薩?Bマンダラ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る