城陽市極楽寺阿弥陀如来立像について−仏師行快と快慶晩年の事績−
「サマーヨーガタントラ」の金剛薩垂族の曼荼羅−中部ジャワスロチョロ出土の青銅像
密教論師としてのRATNAKIRTI−SASANASARVASVAKASADHANAをめぐって−
バリ・ヒンドゥー寺院の神像について−バトゥブラン・プサ寺院の事例報告−
統一新羅−高麗前期の石塔における四仏について− 東面の円形持物を執る如来像を中心に
アジャンター第2窟後廊左右祠堂のヤクシャ像について−王朝とヤクシャ信仰をめぐる問題−
絵所澤間長祐と三千仏図
北斗曼荼羅図の成立と展開
愛知・真珠院所蔵の涅槃変相図について-涅槃変相図の新資料紹介-
秩父観音巡礼の札所本尊像の変遷
マハーマーヤーの成就法
アジャンターの菩薩像における図像構成上の特徴
政教分離と靖国神社問題-特に日什教学よりの考察
寺院活動と祖先崇拝の諸問題
「本迹対論用意抄」の考察
日什上人伝に於ける二、三の問題について
本宗引導文の一考察
日什聖人と現代
無量義経について
救済についての一考察
宗教と科学の統合について
教機時国鈔より考察する日蓮聖人の教判
日蓮聖人御遺文中における序品
宗旨邪正 公廳糺明記
日蓮聖人の「祈り」と「祈祷」について
文政寺社書上翻刻
近世・近代における諷誦文
「妙法寺還旧証一本寺記」に見る妙法寺本末の真相
仏界縁起論私考
本宗の本尊に関する私見
明治期廃仏毀釈に関する一考察−日蓮宗、法華宗を中心として−
顕本法華宗史料調査一覧 1,2,
法華経の記別についての一考察−往生思想と対比して−
恵壇両流の法華教主論・資料
題目の信念
趙宋天台諸師の一念三千論
造仏堕獄論に対する鑑師の見解
鑑師「妙宗処中弁」から見る本述論−第二十問答を中心として−
「信行要道義」所感
死を受け容れる生き方
問、如説修行鈔は偽作で、宗祖の素意にもとると聞きますが。答、大聖人のご主張そのものです。
「日什御奏聞記録」における什祖の浄土宗批判の一考察
もうひとつあった、幻の「本宗宗義綱要」についての一考察
MIDO SAN(御堂さん)は、ミドウサンにあります。
于?tに発見されたる支那文書 1,2
涙から光明へ
道徳と宗教
往生人の印象
宗教と道徳
儒家の提唱したる支那三教の融和的関係に就いて 1,2
米国通信
法然上人の浄土開宗に対する当時批判攻撃 上中下-上
ポイントを生きると云ふことに就いて
宗祖の生涯
春光麗らかなり
仏教の聖母(マドンナ)
仏教に於ける寺院と教理(対話)
震災所感
西蔵仏伝に於ける于?t記要略
バワー文書に対する漢訳の適合
正定之業の果分に就て
倶舎論の考察(講説) 1〜6
四部叢書の発刊と仏儒道三教の特殊的諸研究
無能の断根に対する考察
信ずる不安
十事非法の研究 4 食事に関する比丘戒
復興の第一義諦
馬鹿気た収穫
造像史上の一疑問(特に石仏像に金箔並に彩色を施せる事実に就いて)
「埃の中乍」短評雑感
森脇兄のために
南都北嶺字音の相違に就て
唐以後に於ける排仏論と反駁論の研究 1〜7
薬師寺東塔擦銘考
山を出た法然
柿の俳句と川柳
随筆
朝鮮文化の発達を祈りて
花園抄-凝視、驚異、象徴その他に関する断想
連歌百談
スタイン于?t発見の貨幣卑見
無智と還愚
浄土の要求
広本選択集延書 1,2
仏儒道三教調和概論 1
新文化創造の理想(信ずる者の権威読稿)
寧楽日記
法然上人の書簡に就いての断想
五戒と五常とに対する調和論の研究
浄華院香衣参内綸旨宣下の顛末に就て
純正教化の要点 1,2
寺院生活に対する私の一つの感想
宗教教育新興 1〜4
飛鳥奈良朝に於ける伽藍のプランに就て
信行主義の提唱
雨日雑記
東西の文化と宗教 1,2
大野石仏を拝して
題霊魂
信仰及び教化問題 1〜3

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る