五戒五常五善を論して浄土教の倫理観に及ぶ
「西域之仏教」を読む
哲学の方面より下せる仏教上の観察
阿闍世王論
古以今観
天台以前の教判と天台の五時八教判
流水のごとくに
地蔵三経に就いて
西蔵文阿弥陀経和訳及其の解説
恒星の数
宗学の範囲及研究法
天台宗の変遷と浄土、日蓮の教理
天台の観境に就て山外及日本天台の異説
この機のまゝ
人生は薄明也
大月氏仏教の盛衰 1,2
神秘説と独逸哲学
複素数の幾何学的表示
倶舎論に於ける萬有假実観の概要
仏教梵語の特色
新旧両訳起信論及諸註疏に就て 1,2
教育效果論
緑陰独嘯
自然の大道
哲学の概念を論ず
予が修養の歴程 1,2
弥勒崇拝と弥陀崇拝との往生観念の交渉に就て
ベルグソン哲学小観(原名PHILOSOPHY OF CHANGE.H.WILDON CARR.著)1〜4
神の概念
祖聖の自然の意義
宗祖大師忌日の弁
仏教の信仰に関する所感
日本に於ける華厳宗の二大徳
草堂警策
非現実主義
華厳聖典の哲学的価値
山中独思
証空上人の衆譬法門に就いて
西蔵国
平安朝以前の兜率上生の思想
煩悩と四諦との関係(断道論の一節)
信仰は服従なり
青年宗学研究家の懐疑的態度
心の内と外
予が心に映じ来たる親鸞聖人
其言也善
御名在り
密教に於ける阿弥陀仏
死の問題
人の前、自己の前、如来の前
出定後語を読む
地蔵菩薩の研究 1,2
親鸞伝研究に就て
何故に古来の先覚者は唯辺道、病道を説きし乎
香光詩集 1〜6
推古天皇の朝の浄土教
自我の観念
我が実験したる自力無効
哲学と宗教
秘事法門の起源に就て
雙林寺聯灯録
大谷派故実系譜書籍解題
孔子の精神
六朝時代に於ける教判の発展
平安朝の真言宗に現はれたる未来教
信空上人の聖跡
声明道の沿革を論ず 1,2
吾見たる基督教聖典 1,2
大谷派の現状及将来の運命
日本における道教
「略論」の撰者に就て
名誉の奴隷
今後の心理学
独逸の観念論と仏教唯心説とを比論す 1〜6
応報原理と懲罰原理(正義論)
亀山天皇の御遠忌に就て
光明寺の善導大師 1,2
元亨釈書に就て
他力教に於ける疑惑を論す
仏教唯心論の基礎としての阿頼耶識の証明(実体の観念は客観的証明の基礎、主義の観念は主観的証明の根拠)
吾人の生活
摂論学派の北移
怒を誡む
我無我の発展を論ず
新き形に於る知信問題
無所適莫
内性の祈り
詩人と信仰
天台史と儒学の変遷
唯心家の三派
冷されたる信仰(塩の沢七三郎の話)
読所書感
仏者は歴史の攻究を忽にすべからず
汎神論者の一大謬点
声明道二派の争
民国増修大蔵経概述
妻木三井両氏の著書を評す
真宗倫理の大観
郢曲としての和讃
法敬坊の用心

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る