我国に於ける初期の浄土教 1,2
華厳経と本業瓔珞経との関係
生の独旅
龍樹及び其教学の第一部と第三部との関係に就て
人格的実在論及ひ霊魂不滅論の宗教に対する関係(解疑)
恩の奥旨を念ふ(信仰談話会にて)
東山雲居寺考 1,2
福の神に就て
木型
元祖門下と諸行
生活の想化
芸術にたづさはる心
西蔵文龍樹菩薩の仏三身讃
仏教の世界観及人世観に就て(解疑)
小乗仏教の初期分裂を論す
覚如上人伝稿
三身梵讃
聖跡巡礼紀 1〜5
親鸞聖人より覚如上人に至る真宗教団の史的概観
人生の行路
覚如上人ノ教義
宗教は死に対する解答なり
汝が物にあらずば取ること勿れ
涅槃の理想 -読「教行信証」証巻-
覚如上人著述雑考
平安朝印書仏典の題跋と史証
仏心顕現の二面(宗祖誕生会講話大要)
真宗聖教目録史談
迦膩色迦王朝に於ける小乗仏教
課余漫筆
各がじゝの信楽
日本仏教思想研究法
衝突と調和
梵文妙法蓮華経和訳 46〜84
読書余録
力に生き行く
覚如上人の「口伝鈔」と高田の「口伝鈔」
上宮御製疏概説
鳳潭師より慧海師に復したる書簡に就いて
天上天下唯我独尊
大谷本廟創立考 1〜8
覚如上人と異義者
北のほとけたち
親鸞に現はれたる法然聖人
仏教結集の一班 1〜3
世親の三大思想に於ける歴史的研究
ハルトマンの倫理観
英国の宗教改革者ジョン・ウィクリフ 1〜3
天長勅撰の六本宗書に就て
日本国訳経沙門霊仙
覚如上人と浄土異流に就いて
日蓮の国家観及び国神観
教課余録
日本仏教史の時代区劃論
摂化方便
安永天明年間に於ける浄土真宗宗名事件 1〜6
倶舎破篭
日本国訳経沙門霊仙三蔵に関する新史料
覚如上人と宗祖との関係
異教雑記 1,2
仏教教理に対する予が鄙見
印度解脱観の発達
第一人者の集団
大谷派本山「教行信証」「同会本」開版起原
覚如上人と存覚上人との教理関係
夢中の生活
親鸞聖人の本願観
科学と宗教との調和に就いて(朝永先生に質す)
蓮如上人の御忌日に際して
天台観経疏の真偽に就て(大崎学報の古愚生に答ふ)
覚師と蓮師との関係
本年八月九日の日食に就きて
自己の活現
蓮如上人の信仰
随方毘尼の施設について
業感 -唯識四智に就て
支那に於ける回教の伝播及ひ其風俗
天文学上より見たる西方浄土
南征日記 1〜7
寛永本「信巻」の奥書に就いての正誤及び補遺
歴史派の宗教学観念
鼠金商主の物語 1,2
在家の得道を論じて仏教上における性慾問題に及ぶ
西蔵蒙古に於ける親鸞聖人の御光
婆羅門教の起原、及ひ其教理 1,2
求法家と其通路
娑羅樹園の釈尊
予が最近の生活内容
唯信房に就て
四明と浄覚 上下
書道の沿革を述て習字の必要に及ぶ 1,2
沈思録 2,3
梵文妙法蓮華経和訳 1〜45
具体化され行く心
宗教音楽の発達
大自然の胸に 1,2
国史仏法鈔に就て
法話
概念の発展及び有限無限無究の概念を論ず
龍樹の所謂龍宮と干?t国

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る