如来蔵思想研究序説
浄影・善導・両教学の交渉に就いて
法然上人の婦人観
宋代に於ける天台と禅との抗争
如来出現の思想と華厳経結構の意図
発心
一百十四首太子和讃の写伝本と原形
玄智師と近古の国語
浄満院円月師の「浄土論」の見方に就いて
明教院僧鎔師の事蹟と宗学 上下
迦膩色迦王問題の解決
四種法界の体系に就て
晨朝礼讃に於ける礼数に就いて
歴代編年釈氏通鑑対?瘴E遺記-静嘉堂宋槧待訪録
ネパール出土梵本諸法集要経(DHARMASAMUCCAYA)に於ける初一章
西夏国名考補正
支那の山川誌 -宋代以前
行智の梵語辞書「両面錦」
神話的思惟の様式 1,2
口伝法門に於ける源信の地位
支那哲学の一考察
法然上人と往生要集
林間録後集 1巻
あめつちの抄と聖徳太子の御事蹟
「往生要集」諸本の研究
神典に描写された高天原と経典に表現された浄土との比較研究
往生要集に於ける勧戒の原理的考察
六即義私記の研究-青蓮院蔵鎌倉古鈔本(再治本と未再治本)に基きて
阿弥陀経「従是西方」節の言語学的原典批判
仏教美術史に於ける源信
弥勒教学に於ける法と法性との問題に就て
源信和尚を繞る諸仏菩薩の歴史性
肖像画集の成立
浄土教に於ける「顕浄土方便化身土文類」の地位(諸行論ノ1)
平安朝文学の底流と伊勢物語
源信和尚の別伝について -特に「首楞厳院二十五三昧結縁過去帳」との関連
仏教原典に於ける語分解論
経済倫理の構造
平田篤胤の聖人観とその源流
元寇に於ける挙国一致の行動について
人間結合の基礎構造
真宗に於ける現実性の根本問題
長春門下雑考
実存と宗教性
四諦論の展開 1〜4
「浄女清規」(ANCREN RIWLE)を読む 上
風雲漫筆
新科学としての社会事業学の構成 上下
寺院に於ける学問所発達の初期
十地品縁起観についての一問題
君子道に関する一考察
慈尊院弥勒仏像台座蓮弁の装飾文様
檀徒総代に就ての法的考察
本典研鑽集記の刊行されて
明石恵達教授著「西蔵語文典綱要」の出版
一欧羅巴人の宗教哲学上の疑問
擬声語「GARGARA」の転訛と「妙音」の問題(附、泉芳?m氏の「妙音語義」論に答ふ)
行信問題の再検討
本願寺の坊官下間氏について
真宗に於ける大行論の地位と其の特異
聖密意決解経・釈・経題論 -覚書の断片
禅林寺所蔵「念仏感応伝」に就いて
本願寺門跡に於ける院家の起原に就いて
文学と決定論 1,2
親鸞聖人の弥勒観
所行系大行思想の考察
徳川初期に来朝せる英人の日本観
石泉学説より見たる宗祖の元祖相承に就いて
無垢浄光経陀羅尼の印刷とその類版
日本に於ける道教思想(研究) 1,2
真宗仏性論
再び禅の南北両宗に就いて
龍樹菩薩の「讃法界頌」と、「百千頌大集経地蔵菩薩請問法身讃」と、西蔵文の
密教修法の一例としての大元帥法の意義
古浄瑠璃「しんらんき」の正本所属問題-江戸正本説に対する疑問
阿毘曇学私見
真宗の本質を論ず
本願三心論
北奥の豊饒華麗な仏の世界 岩手の仏像
天台維摩疏の研究序説 上下 -維摩疏の述作過程に関する論攷
中世に於ける本願寺と専修寺との不和に就いて
高野山の宝亀院本法華経音訓に就いて
ベルグソン哲学の研究 1〜3
神と人間の現象学 1,2
二河譬假考察
「入出二門偈」の異本対校に関する一考察
「法界讃」の内容考
神明考
「山家学生式新釈」を読みて -佐々木憲徳教授著
「いまこせんのはゝ」に就いての疑義 1,2
峠考
先哲遺著検索記
天親・曇鸞の弥陀仏身思想の研究
少室六門集に就て
金沢文庫に見存する恵心僧都撰述に就て
六大体大の思想に就て
金沢称名寺と浄土教
「弥陀本願義疏」と「弥陀本願義」とについて
一乗仏性権実論について
伝教大師の本経観としての法華至上を論ず

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る