あまがつ人形考
金沢文庫華厳逸書に就て報告 1,2
金沢文庫華厳逸書に就て報告 3
支那天台と密教 上下
金沢文庫新出漢家類聚往生伝に就て
浄土業因に於ける自作・他作の問題に就いて
第十一願の研究
唐朝京師善導和尚類聚伝に就いて
蓮如上人の山科占據再吟味
我・汝・我等
十七世紀初期の英詩に於ける二元性
経録の研究 上中下-1,2
羅馬字母より注音識字へ
華厳経談玄決択の完本に就て
真宗に於ける阿弥陀仏観の両義
入宋沙弥円種 -金沢文庫新出の資料による研究
「いまこせんのはゝ」に就いて
行の哲学に関する私見
梵蔵対校安慧造「唯識三十頌釈」 1〜7
叡山の聖覚法印について
社会的個別方法の限界 1,2
厨子考
ヘーゲルに於ける「法」の意味
涌蓮上人和歌集 -獅子巌和歌集類題拾遺
宝月童子所問経に就て
大乗百法明門論の註釈的研究と新出義忠疏 1,2
浄土三経音義攷
教育目的としての個人と全体
言泉集と安居院流
思渓円覚禅院と思渓版大蔵経の問題
年分度者小論
チベット仏教の研究論
梵蔵対校安慧著「唯識三十頌釈」和訳 1,2
真宗の真如観に就て-真如具現説
行照の華厳五教章講筵筆録に就いて
社会学研究方法としてのF.ZNANIECKI教授の分析的帰納法
「安養抄」に現れたる「往生要集」に就いて
建学三百年の回顧
教行信証に於ける十住毘婆沙論の引意に就いて 上下
一般教化史より見たる江戸時代の龍谷学庠
宗学史の回顧と教訓
PEARLに現はれたる中世思想
真宗学に於ける滅罪義諸相の一斑
真宗先哲の学風について
加賀の一向一揆と蓮如の王法為本
真宗と歴史の研究
正理学派に於ける解脱の問題 -正理経1・1・2と縁起説との聯関に就て
会読と論義 -龍谷学庠に於ける宗学研究法に就いて
不成仏者とその意味 -無着論師の宗義に於ける若干の思索 上下
支那仏教と国家意識との交渉に就て
唯識説一般に於ける成唯識論の思想的特徴
知空の能化就職事情管見
道振師の五念門義
寒松院嶺師の宗学
聖大乗堅固深心品経の解題并に和訳
正像末の三時に関する法華経の所説と并に天台諸祖の解明に就て
宿善他力説の考察
宗教学の部門と部門的宗教学-其の性格と学名について
教育の自覚的体験
道徳生活に於ける愛の意義
文学と英雄的精神
藍谷沙門慧詳に就いて
元亨釈書の素材と法華験記
文超法師の華厳経義鈔について
中論 4巻
元亨版「和語燈録」について
「青蓮院本往生要集」解説一斑
IMAGO DEI -弁証法神学と真宗の問題
敦煌出土唐写本郭象注荘子残十種に就いて
法然門下の諸行生不論 1,2
近世儒学の発展と禅僧との関係について
支那現今の念仏教義
西蔵訳勝鬘経について
意志の弁証法 1 -ヘーゲル「法哲学」序論への註釈
四宗相承の疑問と?ゥ按 -禅の相承を中心として−
瑜伽師地論成立問題考
金光明経「業障滅品」の成立に就て -西蔵勝友(JINA-MITRA)等訳本の暗示
蓮如伝に於ける二三の問題 -尋尊大僧正記を中心として
隆寛律師教義の概要 上下
国家と官社寺の発展
日本天台の独自性の一面相 -ことに伝教大師の教学を通じて
「天台四教儀」の二巻説に於ける賛寧の「百問書」に対する疑問
弘法大師と日本文化
中世に於ける禅宗と文化
真宗教義の国家性に就いて
長井真琴博士著「南方所伝仏典の研究」管見
法華信仰より展開したる浄土教-遍照僧正より源信僧都まで
真宗の日本的性格
四天王の信仰と造寺供養
鎌倉時代仏教徒の護国運動 -主として西大寺叡尊について
尊海渡海日記屏風
源信僧都の浄土願生と念仏教義
源信僧都の天台教学に於ける発揮
日本教育と仏教
国民道徳と仏教
国文学における仏教 -その渡来前後より源氏物語にいたる
国語学史上に於ける仏者の業績
飛鳥奈良時代の仏教建築概要
GENSHIN ON THE PURE LAND SCHOOL 1,2
天親の浄土観 -特に十八円浄説を中心として

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る