偉人と誕生
バァナァド・リイチの言葉
時に私の住む世界
京片々
出雲民族と北越地方
歴史の一問題
土田氏の歌論に就いて−二段構成の検討を中心として
文芸の本質問題考 1−仏教に待照せしめて
白い橋
カムチャッカの顔
仏説倶枳羅陀羅尼経一巻
阿波に於ける煙草栽培の地域性と最近の変動に就て
清代の起居注に就いて
四天王寺式配置伽藍の地割法に就いて
院長小攷
金石文に現れたる仏滅年代
薩摩半島に於ける台地の地形に就いて
景教碑考
山口県に於ける人口問題に関して
八紘為宇顕現の地域的発展
南北朝、隋時代に於ける地誌編纂の発達に就いて
庄川洪水跡の水田居住形態に就いて
教学の字義に就いて
祭祀と弊帛と古代文化
大鏡を中心として
歌合と詩合との関係
時間的動詞「さり」に就て
漢詩訳「百人一首」と真名本「百人一首」
梁塵秘抄に現れたる信仰
タゴール論
国語辞書編述の意見と体験
支那文批判の観点
風土記の説話
荻生徂徠の政治経済論
BYLON(AN ESSAY)
日本文学の特性
剣璽御一礼の古代信仰について
支那文学との交渉
和歌文学に於ける一特性
日本文学に於ける「もののあはれ」と「やまとだましひ」の関係に就いて
古典と民間説話
国文学に描かれたる法華八講の詩美
漢詩に拠れる芭蕉の俳味
支那戯曲翻訳と俳句
勅撰集釈教歌の研究
万葉集の「与」の訓
拳石録
天龍道人
文心雕龍に観る文章載道説の構造
歌垣-??歌の説話-
四重興廃の教判と日蓮学-五重教相の教観相対に及ぶ
本宗の相承譜に就て
乾龍乗師の事観に就て
隋朝の三論天台両宗教判に於ける涅槃経観
印度両アーリアン思想史上に於ける仏教の影響
長阿含経成立の再検討
哲学とヨーロッパ主義
アリストテレスに於ける科学と信仰
仏教の公伝と法華経その他の伝来に就て
法華経雑記
宗学断想
日輝和尚の宗学序説
心性本覚思想と日蓮教学
我家の教判小見
日蓮聖人教団の名称考
御義口伝の研究 1,2
法華経関係の小経並に伝訳記録の吟味
歴史哲学の一問題
戦時社会政策の課題
日本仏教の海外進出について
優陀那和尚の神儒仏三道論
開目抄における本尊、教義、依師の三に互りて三徳を示されたる教義的根拠
日蓮聖人の時代観
婆伽婆多讃歌と仏教との相関論
檀那流紅葉伝授について
仏教教理上に於ける性具三千実相論
二諦相資の宗風
合掌の史的考察
阿毘達磨に規定されたる信
伝承と理性の問題
善悪の価値判断に就いて
仏の御顔
我が聖人の人間観
信心に於ける嘘と実
神力品正意論の問題
時代精神としての哲学
不共無明思想の展開
天台大師伝の一課題
日蓮聖人の大黒天信仰に就て
皇道と仏教の冥合論
偶像を媒介とする神仏融合の一面
今夜
風土記と文学地理
法華廿八品和歌の典拠
平安貴族の裏面
正名論の在り方
辞世歌と日本精神
尊皇攘夷
周初の年代について
匈奴史上に於ける二、三の考察

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る