子貢について
西山教団の菩薩戒相承をめぐって
李善所引の薛綜注について−老子河上公注の成立に因む
北周の通道観に関する一憶説
公と私
犠牲禮についての一考察−とくに古代の中国と日本の場合
鬼瓦における二つの考察−起源とその末期について
江戸時代における隠者観の変貌
文殊友の菩薩心論について
?C宏の自知録について
インド農民社会に於ける宗教的想念
「四十二字門略鈔」の本文並びに解説−南岳慧思想研究における文献価値について
戒の解釈について
泰山香税考
眞及び眞について
霊山直授拈花微笑
恵心僧都の観心略要集について
蟲毒の源流とその伝ぱん
韓非とマキャベリ
夜爪考
法然浄土教における一向専修の形式について−往生要集訳と無量寿経訳を中心として−
曇鸞の奢摩他・毘婆舎那観
新校重訂燉煌写本「十空讃」表隠
Un Exenple de Relations entre Taoisme et Raligion Populaire
法華経梵語諸本の系統について(序品から引例して)
THE MIDDLE PATH CONCEPT IN HISTORY AND SOCIETY
梵漢雑爼(2)
毬戯術(Kanduka−tantra)について
Sinrans Position in the History of the Eastan Thoughts
インドの拝火教徒の民俗
西山考−浄明忠道の歴史地理
「配天」考
「愚管抄」と慈圓
平安時代前期における浄土教信仰について−特に山浄土教について
空と浄
大乗仏教成立論に関する疑問
五君????文私考−その大老君を主として−
圓頓戒の戒禮論について
天台教判の特色に関する一試論
中国画の思惟性
親鸞の伝統する浄土の思想系譜
老子化胡説小考
中世吐魯番浄土教の信仰形態
夢窓国師の浄土教観
王船山の宋太祖論−「宋論」の天命観について
法然上人における相承説の問題−特に浄土五祖相承説の成立について
唐十郎・特権的空間の始まりで、歌声が
今村昌平における遊廓ユートピア
武智鉄二・性と民族主義の仮構
大島渚・父よあなたは弱かったか
白土三平の新ヒロイズム批判
マルクーゼからきみは何を奪うか
ジョルジュ・バタイユ教授との交際
風水思想小考−郭璞とその前後
随長安大禅定寺智興について−鳴鐘説話の伝承
君?F篇成立についての諸問題
王陽明の到良知説について
曇親と道教との関係
経典翻訳に現われた社会構造の問題
三国時代の道教史拾遺二則
技術(人為)と自然
仙境の崩壊
普化の風狂
唐代後期居士類型考
霊恩教会−中国におけるキリスト教土着化の一側面
銭大?マと道蔵
「景」與「八景」
老子想爾注続論
禅月集補遺
古代韓民族の大地及び穀物崇拝について
日本人の思惟方法
アジア連帯思想の誕生を
明治百年をアジアに問う
焼け跡闇市派
話ことばの思想
テレビは神話
からだが呼んでいる
蒼ざめた馬の群
ハード・ボイルドの主張
私の戦中・戦後史
私の戦後のために
権威主義に対する自由主義の闘い
明治維新と日本の政治思想
韓国においてその文化的業績を中心にして
明治維新以降百年における日本の歩み
近代国家に至るまでの日本の発展
大江健三郎・〈暴徒〉欠落の政治思想
吉本隆明・“切なさ”と“普遍性”
三島由紀夫式“特攻機”の構造
小田実に密着するぼくの困惑
いいだ・ももの華麗なる変わり身
花田清輝・総合化理論の悲運
保田與重郎との“美しき”たたかい
羽仁五郎が都知事になったとき
寺山修司=「私」の不毛な拡大者
鈴木清順の凶弾
野坂昭如論をもとめて
折々の感想(抄)
明治維新に活躍した青年立志群像
明治維新と長州藩

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る