ションベン稲荷(みちの二)
欄間のほりもの
鼻どりじぞう
与うるよりも生め —蘆谷蘆村氏に呈す—
身辺雑記
材料
四人の子ども
ビルディングと下駄
隣人
半面
追憶の土
秋郊漫歩記
同人雑誌時代 —千葉さんの童話文学—
トテ馬車
竹やぶ
巻末記
地蔵さま
安のはなし
お鎮守さまへとまったこと
宿の子ども
燕の脚
朝鮮の始祖壇君の話
箕子の話
高句麗の始祖朱蒙の話
百済の始祖沸流と温祚の話
済州島の三姓穴
迎日湾の延烏と細烏
新羅の始祖朴赫居世の話
新羅の昔脱解王の話
鶏林の起り
望夫岩と萬波亭
曹国夫人の娘
親孝行の李坦之
ひろった神さま
空へ落っこちたはなし
十銭
機関車と月のはなし
おふろもらい
五右衛門風
ぼうやと母さん
ばけねこたいじ
おとなと子ども
めくらと小犬
白いこぶた
ふたつの木の実
少年のころ
子ども部屋(劇)
きょうだい
だれもいない温泉
あのころのこと
父母の記
生いたちから雑誌編集者時代まで
虎ちゃんの日記
水中の珠
恩知らずの虎
萬寿の話
亀のお使
お猿さんの裁判(さばき)
占い上手の石さん
若者と羽衣
狡い兎
瘤取爺さん
自信のない虎
三つの瓶
小父さんと鏡
亀の言葉
狐と蛙の智慧くらべ
三つの宝
虎と若者
二人の兄弟と虎
二人の兄弟と鬼屋敷
熊にさらはれて行つた木樵
鯉の口から出た玉
或お百姓さんとその妻
嘘くらべ
黒い玉と黄色い玉
科挙に及第した二人の老人
寒中のいちご
風水先生の三人兄弟
三つの珠
貧しい男の幸福
蟾蜍のご恩返し
双子を十度
親捨男
盲目の小父さん
大蟹退治
しくじりお聟さん
見知らぬ若者
不思議な臼
沈清伝
あのころのこと
日教組教育新聞のころ
優しさを生き抜く斎藤隆介の世界
「斎藤文学」の語り
かたり上手、きき上手
完結にあたって
斎藤さんの手紙
隆介さん
〈かまくら〉の余震
絶妙のコンビ−斎藤隆介と滝平二郎

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る