独立美術分裂説−次は誰が脱退するか
文学待つつたなし−小林秀雄君へ一言
中條の飛石評論−忠実なる読者の声
新人とわ何か−青野温情主義を悔ゆ
洋画檀時評 三つの展覧会
池袋モンパルナス
北海道旅行寸感
中間読物論
事変の感覚
時局断断想
文芸月評
風俗時評に望む
最近の感想−心理の荒廃其他
煙草難
紋付
強者の焦慮に就て−風刺文学にために
詩は進歩するか−技術の蓄積の問題
詩・欲望・休止符−本庄君に就いて
ドストイエフスキーの詩論
文芸時評
現代大衆文学批判−ユーモア小説
小説家は幸福だ
詩に触れて
近頃の感想
近頃の感想−ガンガデインに就て
戦争と詩人
夜の詩に就いて
青年性の検討
三日間
画家・詩人・娘達
野戦病院
無題(稀代の妖婦お定の・・・)
女流風刺詩篇
未収録詩篇(1936〜1940年頃)
新築地に就いて
プーシキン再認識
風刺作家シチェドリンに就いて
軽演劇の軽さに就いて
作家の印象
作家の印象
作家の印象
文学者の科学性
中本たか子著「南部鉄瓶工」読後
日本人の愛と誠実に就いて
民衆と風刺
風刺詩・恋愛詩など
パピーニに就いて
文学と余暇善用
風刺文学の為に
現代作家評
現代作家評
現代作家評
詩の黙読性に抗して
随想四題
政治の細部
風刺形式の黙殺
演劇の面白さの問題
ユーモア作家論
小林秀雄へ一言−ドストエフスキー研究の事
ジイドの悪徳性−小林秀雄君其他の心理主義者この一文をよく読め
日本のプーシキニストの一人として
愛国的と進歩的といふことに就いて-詩人プーシキンの場合
風刺の道徳性に関して−ニコライ・ブハーリンの報告から
或る手品師の話
思想のニュアンスに就て
近代人の恐怖と平穏
詩檀雑感
だんだら詩稿
都会の大時計
過去が未来へ廻って行く話
都会の素描
小熊秀雄
流民詩集序文
通信詩集
愚鈍詩集
愛憐詩集
漂泊詩集
愛情詩集
俳優人物詩
俳優人物詩
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
文化擁護国際会議に就いての諸家の感想
風刺詩の場合−最後に笑うものは最もよく笑ふ
詩の労働者的表現
詩聖プーシキンに就いて
ツォイスの双生児−シルレルとゲーテのこと
詩檀大歌舞伎春興行
叙事詩の開拓に就いて
大衆作家に訊く覆面の訪問者
文芸懇話会損得論
トルストイ恐怖症
音楽と軍歌性−東海林太郎のノド
風刺文学の前途
小説家よ針の千本ものんで苦しめ
散文精神と韻文精神−韻文精神の優位性に就いて
漫才・諷笑劇など
朝湯に就いて

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る