詩吟の流行−東西の競演放送
文壇の喧嘩流行に就いて−作家無論時代の現はれ
演劇的時間その他
ユーモア人物評
春山行雄自選著「詩の研究」
笑いの文学の正しさ
池袋モンパルナス−月下の一群の画家
青い塔−編集室にて
真人間らしく
相撲協会
この世に静かな林などはない
今月今夜の月
古城
僕は憤怒に憑かれている
俺達の消費組合
甘やかされてゐる新進作家
反射鏡的な作家
歌謡を中心として−全国雑誌展望
詩選後に
言葉のこと−選詩小評
作家の二つの生活差に就いて
選後の感想−堤君の詩に就いて
操り人形「ロマン座」生まる−詩人祭で第一回公開
詩選後感
詩檀時評−プロ詩の昂揚期を迎へよ
文学の嘘について
新人号の詩に就いて
詩集「潮流」刊行祝賀文
北海道時代の今野大力−弱い子よ、書けずにゐた子よ
詩人群像
アルチェル・ランボーに就いて
選後に感じたこと
叙事詩の作り方
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
謀叛−旭川の詩人に贈る
スパイは幾万ありとても
山雀の歌
失恋
低気圧へ
母親は息子の手を
代表送別の詩
才能を与え給へ
散兵線
甘い梨の歌
マヤコオフスキイの舌にかはつて
新らしい青年へ
現実の砥石
善良の頭目として
高い所から
闘牛師
シェストフ的麦酒
それぞれ役あり
露西亜農民詩人エシェーニンの自殺
車中記
築地の銅鑼
層雲峡秋色−旅行記を嫌う記
近代化された師団道路
旭川諸詩人の収穫−煤払ひ的漫評
雪に埋もれて
或る夫婦牛の話
長編「聖歌燃ゆ」の幻怪味に就いて
詩の朗読を盛んにせよ
ばった塚由来−新八景狩勝平原の車窓美
婦人の帯はどう変る
戦場哲学
漫筆 戦国時代
渡海の饑餓其他
旅行今昔談
旅愁漫筆
新春馬談義
蝦蟇の術
倦怠記事
屋上庭園から
あいすくいーむ談
戦国時代相
流行軽蔑論
長編叙事詩集『飛ぶ橇』
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
青い小父さんと魚
お月さまと馬賊
緋牡丹姫
お嫁さんの自画像
三人の騎士
親不孝なイソクソキ
マナイタの化けた話
タマネギになったお話
鶏のお婆さん
トロちゃんと爪切鋏
変化
カルル・チャペックの人造人間を見る

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る