あざやかな人
「私」隠し
あのときのバーテンを捜したい
怪物趣味と批評
吉田健一のエリオット
翻訳における“吉田健一調”
吉田健一の大衆文学観−「大衆文学時評」が語るもの
思い出
亡くなられて後に
三半規管の王子
吉田氏の本との出会い
消えずに残っていること
少年の感謝
吉田さんの食物随筆
幻のイギリス小説概観
のらくら紀行
大正の名作
大佛次郎「ごろつき船」
ドナルド・キーン「日本との出会い」
石川淳「夷齋俚言」
グレアム・グリーン「愛の終り」田中西二郎訳
河上徹太郎「わが旅わが友」
「今古奇観」 上 千田九一訳
中村光夫「現代作家論」
寺田透「詩的なるもの」
丸谷才一「エホバの顔を避けて」
中野好夫「シェイクスピアの面白さ」
バルザック「おどけ草紙」神西清訳
河野多恵子「不意の声」
秋山駿「無用の告発」
稲垣足穂「ヒコーキ野郎たち」
中村光夫「明治・大正・昭和」
舟橋聖一「瀧壷」
金井美恵子「兔」
白洲正子「十一面観音巡礼」
福原麟太郎「われとともに老いよ」
文芸時評
知りあつたころ−戦前の吉田健一
暁星のころ
不思議な縁
昼間の酒宴
吉田の健坊と飲み食い話
「大波小波」のころ
ヨコハマの吉田健一さん
文・酒・人
学校自慢競べ
東京の町
古田さんのこと
戦争中の生活
話にならないこと
お化けのこと
東京

武田泰淳氏のこと
春、又
文庫と私
贅沢な話
ハムレットに就て
「息子と恋人」
本当の話
T・S・エリオット
オスカー・ワイルドのこと
英国の詩
今昔物語
断絶から聨絡へ
「テンペスト」随想
或る国語に就て
イーブリン・ウォー「ギルバアト・ピンフォオルドの試練」
読む領分
読む領分
谷崎潤一郎「蓼喰ふ蟲」
三島由紀夫「愛の渇き」
大岡昇平「野火」
神西清「恢復記」
井上靖「風林火山」
水上勉「五番町夕霧楼」
舊刊案内
「無常といふこと」以後
「俘虜記」の頃
文学作品の翻訳
歴史と時代小説
石川淳「西游日録」
読みもの
言葉に即して考える
小説の笑い
連歌
文章
言葉
現代詩に就て
父の読書
不思議な国のアリス
私の読書遍歴
酒の飲み方に就て
海底旅行への誘ひ
結婚は恋愛の墓場だらうか
帝国海軍末期の二等水兵
辻留
醉旅
むかしは静かな町だったが・・・
専門家

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る